「比嘉中学校」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

比嘉中学校」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &font(#6495ED){登録日}:2010/03/24(水) 07:57:49
 &font(#6495ED){更新日}:&update(format=Y/m/d D H:i:s) &new3(time=24,show=NEW!,color=red)
 &font(#6495ED){所要時間}:約 6 分で読めます
 
 ----
 &link_anchor(メニュー){▽}タグ一覧
 &tags()
 ----
 
 テニスの王子様に登場する架空の中学校。
 主な略称は比嘉(ヒガ)。
 
 所在地は沖縄県。
 
 沖縄ならではの独特な練習方法が特徴。
 実力はあるが、みんなちょっと嫌な奴というか卑怯というか、ガキヤンキーをイメージするとわかりやすいかもしれない。
 
 全員が瞬間移動こと縮地法が使用可能。
 
 方言全開なので、原作では台詞に注釈がついていたりもする。
 
 
 
 主な生徒
 木手永四郎(CV.新垣樽助)
 三年生で部長。その独特なセットに1時間20分かかる髪型とメガネが特徴。
 その独特な髪型から一部のファンには「&font(#994c00){チョココロネ}」又は「&font(#994c00){コロネ}」と呼ばれている。
 非情なプレイスタイルから呼ばれる通称は「&font(#ff0000){殺し屋}」。もうゴルゴの世界である。
 &font(#ff0000){沖縄武術の天才児をかき集め}、今の&font(#ff0000){比嘉中テニス部}を作った。
 テニスじゃなくてもいいじゃん…
 唯一、全方位に縮地法が使える。
 とにかく隙あらばゴーヤを食わせようとしてくる。殺されるよりはマシだが…
 声優さんも沖縄の人。
 
 
 甲斐裕次郎(CV.中村太亮)
 三年生で副部長。しかし本人は自覚無し。寧ろ忘れてた。
 胸に下げてる指輪は父親が漁に出ると1年くらい家に帰って来ないので「家の事は任せた」と言い預けたらしい。そんな父親の家業は酒屋。
 家を任されてるんだから夜中までウロウロしないで早く帰りましょう。
 六角中の佐伯戦では、六角のコーチでヒロインなオジイにボールをぶつけた最低野郎。軽い傷害事件レベル。
 通常は右利きだが、本気モードになると本来のスタイルである「サウスポー&裏手」になる。
 必殺技は裏手から繰り出される予測不能の高速凶球「海賊の角笛(バイキングホーン)」。
 ♪バイババババイバイ バイキングホーン ヴォーン
 ゴーヤが嫌いな人その1。
 
 
 平古場凛(CV.吉野裕行)
 三年生で、青学戦ではダブルスで出場。大のゴーヤ嫌い。
 試合序盤に部長の殺し屋に合図されて、青学のヒロイン、スミレちゃんに故意にボールを当てようとした。
 その後晴美ちゃんに合図されたときは命令を聞かずに試合を優先したけど。
 自由奔放でバイキングホーン曰く、「お調子者」。
 殺し屋曰く、「最後まで勝ち方にこだわる」。
 必殺技は、複雑な回転と軌道を持つ「飯匙倩(ハブ)」そして更に発展させた究極奥義「大飯匙倩(オオハブ)」。マングースはどうした。
 アニメ版では色黒で黄色に近い茶髪だが、ゲーム版では色白で金髪である。ゲームは原作基準だと思われる。
 憂鬱な超兵とは何の関係もない。
 日課はおばあちゃんの肩たたき、持ち物におばあちゃんが作った小物があったりと、意外におばあちゃん子だったりする。
 
 
 不知火知弥(CV.井上優)
 三年生で比嘉中の中でもダントツの肺活量と忍耐力を持っている、という設定だが海堂の粘りに負けた。
 割と普通に見える海堂すら、人間を超越し始めたことを物語っている。
 
 
 新垣浩一(CV.加古臨王)
 二年生で不知火くんのダブルスパートナー。
 全国大会で青学の乾・海堂ペアに敗北した。
 OVAでは、スタミナ切れで、熱射病と脱水症状により棄権負けとなってるが、その程度のスタミナでレギュラーになれたのは何故だろうか。
 スタミナなら乾の方がなさそうなのに…
 OVAと原作では容姿が異なる。OVA版はなかなかのイケメン。
 
 
 知念寛(CV.末吉司弥)
 三年生で青学戦ではダブルスで平古場と組んでいた。
 作中屈指の長身であの樺地よりデカイ。
 前髪にメッシュが入っているが美容師に勝手に染められたらしい。
 顔は痩けていて本当に怖い。
 田仁志くんと並ぶと余計に細く見える。
 ちょっとせっかちさん。
  
 
 [[田仁志慧]](CV.上田燿司)
 さて、突然だが『テニスの王子様』という作品は恐ろしいほどのイケメン地獄である(いくらイケメンでもキャラが濃くなければならないが)。
 そんなイケメン地獄に舞い降りた見た目柔らかな天使…それが田仁志くんなのである。
 もっとも彼は自他ともに認めるデブキャラだが、断じてブ男では無い。
 痩せていれば美人という訳ではないように、痩せていればテニプリ界のイケメンという時代は彼の登場と活躍と共に終わりを告げたのである。
 
 その豊満なバディからは想像もつかない軽快なフットワーク…
 殺し屋直伝の一撃必殺サーブ「ビッグバン」(別に宇宙は吹き飛ばせない)などが特徴。
 青学戦ではリョーマくんと対戦。つまり一番目立った。
 
 見た目とは裏腹に体脂肪率は18%。
 現時点では全ての乾汁に対応できる、テニヌ界のカビゴン。
 ああん、田仁志くんは今日も天使かわいいよぉ…うっ…ふぅ
 田仁志くんのキャラソン、やたらカッコよかったりする。
  
 
 監督
 早乙女晴美(CV.岩崎征実)
 比嘉中テニス部の監督。
 名前から想像出来るとおり、&font(#ff0000){スキンヘッドに悪人面}と言うルックス。実際一番やなやつ。
 教師とはとても思えない悪辣な行動、言動が多い。
 自分の生徒である部員達に対戦相手校のヒロインである六角のオジイや青学のスミレちゃんにボールをぶつけるように命じたりした。
 リョーマくんと殺人スマッシュ桃城に報復としてボールをぶつけられそうになる。下手すりゃ死ぬところだった。
 
 なかなか勝てないレギュラー達に「ガキの青春ごっこには付き合っとられん」と暴言を吐き、顧問を降りようとしたが、
 その発言に激怒した殺し屋にボールをぶつけられた。大丈夫、死んでない。
 他校の顧問に対しても相手の迷惑や不快感を省みない行動を取っているが、
 スミレちゃんがいってよし・オジイ・オサムちゃんと一緒に部員に内緒でスッポンを食べに行った際は彼も同行している。
  
 
 
 ちなみに
 ギャグ同人誌があるので暇なときにでも読むと項目がわかりやすくなるかもしれない。
 
 今日も田仁志くんはふくよかかわいい。
 
 
 
 余談ではあるが、筆者は沖縄在住だが、この比嘉中の皆さんが喋っている方言らしき言葉を聞いたことがない。というか所々確実に間違っている。
 
 作者は一体どこからこんな言葉を調べてきたのだろうか…
 
 
 ちなみに最近は大阪で寺の手伝いをしたり、ロンドンに不法入国していたりと若干ネタ要因である。
 
 監督に見捨てられ全国大会終了から沖縄に帰れていないらしい…
 だが大阪→数多の冒険→イギリスの後、無事に沖縄へ帰還した。
 しかし着いて早々浜辺で待ち受けていた晴美ちゃんにU-17合宿に選ばれたからさっさと行けと言われ、
 ゆっくりする時間も交通費も貰えず不知火と新垣以外はその儘海へUターン。イカダに乗って再び本土を目指す羽目に…
  
 
 
 追記・修正しないとゴーヤ食わすよ
 
 #include(テンプレ2)
 #right(){この項目が面白かったなら……\ポチッと/
 #vote3(time=600,22)
 }
 #include(テンプレ3)
 
 #openclose(show=▷ コメント欄){
 #areaedit()
 - カタカナはやめてw  -- 名無しさん  (2014-09-06 00:11:33)
 - 新垣が乾より先に倒れたのはアニメ版だとあの試合はほぼ海堂1人でやったからだったような  -- 名無しさん  (2014-11-23 07:37:28)
 - 逆に沖縄県民でしかしない言い回しもしたりする。真剣〜〜だば?とか。  -- 名無しさん  (2018-07-29 15:33:15)
 - パーフェクトファンブックで先生が公言されていたけど、比嘉には最後まで悪役でいてほしいから、六角と和解しないでほしいな。  -- 名無しさん  (2019-06-02 16:38:57)
+- ファンブックで甲斐の父親の職業は酒屋って書いてるけど、もしかしたら副業って可能性がありそう(本業は漁師で、シーズン終了中は酒屋で稼いでるのかも)  -- 名無しさん  (2020-03-13 00:03:12)
 #comment
 #areaedit(end)
 }