※緑です(音ゲー) (削除審議中 許可無しの分類・例示項目)

登録日:2020/02/25(火) 16:20:00
更新日:2020/03/01 Sun 19:25:03
所要時間:約 10 分で読めます




概要

ほとんどの音ゲーには、プレイヤーの能力に合わせて複数のコースが設定されている*1
にもかかわらず、「BASICなのに全然できなかった なにこれ」「これで、おに?物足りなかったな」などと、複数のコースが設定されている意味があまりない楽曲がいくつか存在する。
このページでは前者に該当する譜面について紹介する。
元ネタはニコニコ動画のタグ。jubeatでBASICらしくない譜面が多発したことから、BASICコースのカラーをとって「※緑です」と言われるようになった。


「※緑です」な楽曲一覧

特に理不尽な楽曲は赤字で表記。

BEMANIシリーズ

beatmania IIDX

難易度は基本的にLv1~Lv12の12段階。BEGINNER譜面はLv3が上限。
  • gigadelic
最近リストラされた八段ボス定番曲。前難易度曲者な譜面揃いだがビギナーとて例外ではない。
1P側だと運指を考えないと取れない3+S配置がおいてあったり、ほぼ白鍵盤のみとはいえ8分単押し配置を押させたりととりあえずやりたい放題。
また、前半は歯抜け気味の配置となっており何処の音を押しているのかが分かりづらいのも難点。
そのせいか、CS EMPに再録された際にはマイルドになったビギナー譜面が収録されている。

  • Innocent Walls
頻繁に皿が絡んできたり、白鍵と黒鍵の混合単押しが当然のように降ってくる。
ラスト付近にもなると白鍵と黒鍵の16分単押し配置や黒鍵8分トリルまで降ってきたりと、その辺の☆5のノーマル譜面とも対等に戦えるレベル。
こちらも、CSDJT再録時にはマイルドになったビギナー譜面が収録されている。

  • 嘆きの樹
白鍵と黒鍵の混合単押しに加えて、皿と鍵盤の同時も頻出。
後半になると同時押しを絡めた配置や同時押し+皿といったビギナーをプレイする初心者には酷すぎる配置が降り注ぐ。

  • Fascination MAXX
譜面はスッカスカだがこの曲最大の問題であるソフランはそのまま。
後半も地味に難しく、ギアチェンでの対策なんてものを知らない初心者を大きく混乱させる。

Dance Dance Revolution

難易度は基本的にLv1~Lv19の19段階。
  • EGOISM 440(BEGINNER Lv9)
  • ENDYMION(BEGINNER Lv9)
ボス曲特有の連続停止こそあるが、譜面自体はBEGINNER相応。
ただし、基本BPM440と異常な速さを誇るため、密度はかなり高い。
初心者は足が追い付かなくなるだろう。体力切れや熱中症にも警戒すべき。

  • Valkyrie Dimension(BEGINNER Lv9)
ビギナーなのにも関わらず足9(19段階中)というとんでもない初心者殺し。
4分中心の配置に容赦なく8分配置が混ざり、配置こそ単純ではあるが連続停止地帯も健在。
終盤には捻り配置も加わり、完全にBEGINNER譜面の範疇を越えている。

GITADORA

難易度は1.00~9.99で表記。こちらもBASICが緑色表記だったので、昔から緑ギターや緑ベースと言った表現が多用されていた。
  • MODEL DD9(ベース)
  • 一網打尽(ギター)
両者ともにLv8.40。最上位譜面であるMASTERでも8点以下の譜面が存在する事を考えればこの難易度のおかしさがよく分かる、さすがは元ラスボス(ちなみに前者のMASTER譜面はギター9.90のベース9.85、後者に至ってはMASTER譜面がギター・ベース共に9.99という最凶曲)。
  • 子供の落書き帳(ドラム)
Lv7.80で、ドラムの緑最大難易度。こちらもGF6/dm5でアンコールを担当した元ボス曲であり、MASTER9.91がつく最強クラスの一角。

jubeat

難易度は基本的にLv1~Lv10の10段階。Lv9以上の譜面は「Lv9.4」のように小数点がつき、細分化されている。
BASIC Lv6は当たり前、BASIC Lv7も数多く存在するので全てを紹介するのは困難。特に酷いもののみ紹介する。 このリストに載っていない譜面でも明らかに初心者向けではないBASIC譜面は多数存在するので要注意
  • yellow head joe(BASIC Lv7)
裏拍中心でリズム難でありながら開幕から 16分 が飛び交う。
同時押しだと思ったら実は16分ズレていた 6分音符だと思って叩いていたらグレた *2などの報告が頻発。
曲が短いのに513ノーツもあるため、初心者は光る場所を追うことすらままならないだろう。

  • 532nm(BASIC Lv6→Lv7)
16分スライド 複数 ある。
16分スライドを初心者が捌けるわけがないので、スコアはお察しください。clanでLv7に昇格。

  • Megalara Garuda(BASIC Lv10→Lv10.4)
全コースLv10 というおふざけにもほどがある楽曲。 932ノーツ という異常な物量、多発する 32分 、もはや当たり前と言わんばかりの 16分同時押し などなど、 初心者のことを全く考えていない譜面構成 となっている。

  • Diastrophism(BASIC Lv9→Lv9.4)
BASICとADVANCEDで掛け合い のような譜面になっているが、難易度をADVANCED基準で合わせてしまったがために、超高難易度なBASIC譜面になってしまった。
797ノーツ もあり、同時押しの 配置も難しく 16分も非常に多い ため、明らかにBASICの域を逸脱している。
なお、 16分スライド はできて当たり前でなければクリアすら危うい。できて当たり前な初心者がいてたまるか。

REFREC BEAT

難易度はLv1~Lv15の15段階。
  • Rebelio(BASIC Lv7→Lv9)
  • The Reflesia of Eternity(BASIC Lv9)
ボス曲。BASICも上の難易度に比例するように難しく設定してしまったがために、 何もかも が一回りおかしい。 早くMEDIUMに行ってくれ。

その他アーケード音ゲー

太鼓の達人

難易度の基準はコースによってまちまちである。かんたんコースは★×5が上限。
なお、かんたんコースのイメージカラーは赤なので、厳密には「※緑です」とは言えないのだが、初心者に優しくない譜面であることには変わりはないので、このページで紹介する。

  • ドンカマ2000(かんたん ★×5)
上級者たちにトラウマを植え付けた本曲だがかんたんだろうと例外ではない。
密度こそかんたん相応になってるものの難易度の大半を占める常時追い越しはそのままのため、初心者はもちろん全良狙いの上級者さえ泣かせる譜面となっている。

  • 幽玄ノ乱(かんたん ★×5)
  • Infinite Rebelion(かんたん ★×5)
  • 第六天魔王(かんたん ★×5)
三曲とも500ノーツ近い物量を誇り、速すぎるスクロール速度のなか BPM300の8分 *3を多く叩かせてくる。
おに★×6相当はあるだろう。子ども泣かせどころか、 並の大人でも歯が立たないだろう
さすがに子どもたちが可哀想だと判断されたのか、後発のpoxei♦DOON*4は250ノーツと上記三曲の約半分にまでダイエット。スクロール速度も遅くなり、譜面自体も比較的簡単なっている。それでもかんたん★×5の中では難しいほうなので、上記三曲は かんたん★×5を明らかに逸脱している ことがわかるだろう。

maimai

難易度はLv1~Lv15で表記。maimaiに限らずSEGAの音ゲーの場合、例え最難関曲でもBASIC譜面はそれなりに簡単なことがほとんどである。 わずかな例外を除けば

  • PANDORA PARADOXXX(BASIC Lv7+)
これまでBASIC譜面のレベル上限はLv6だったが、この曲のBASIC譜面は 上限を打ち破り Lv7+として登場。
8分が頻出し、配置も難しいため初心者には厳しいかもしれない。

スマホ音ゲー

Cytus

難易度はLv1~Lv9の9段階。なぜか EASYLv9が14曲も存在する EASYとはなんだったのか
  • L(EASY Lv9)
後にRayark社に就職するIce氏(コンポーザー兼譜面製作者)がキレたがために*5、HARDだけでなく EASYまでもがLv9に されてしまった。
スライドがとても多く、一瞬でも手を離したらそれだけで大失点となる。
Lv9にしては一応逆詐称なので、まだマシではある。EASY Lv8でも十分※緑ですだけどな

  • L2 ver.A(EASY Lv9)
BPM76。基本的にBPMが低い曲は簡単になるが、この曲は例外。
リズム難な上にバーが遅いせいで精度が非常に取りづらい。TP100を狙う 上級者の天敵 。もちろん初心者が叩けるはずがなく…。

  • L2 ver.B(EASY Lv9)
1031ノーツ というふざけた物量を誇り、配置自体もLv9相応。
なぜEASY譜面として収録した

  • Chapter Lの裏譜面全般(EASY Lv9)
このチャプターに収録されたL1からL10までの全ての楽曲の裏譜面が EASY、HARD共にLv9 である。
裏HARDとは違いバーの速度は通常だが、配置自体はLv9相応なことが多く*6、明らかに初心者向けではない。
曲自体が全く一緒の表譜面があるので、初心者はそちらをプレイしたほうが楽しめるだろう。

Deemo

難易度は基本的にLv1~Lv11の11段階。*7
  • Aragami(EASY Lv7)
BPM196と高速でありながらとにかく8分乱打が多い。後半はスライドも増えるため、ミスを出しやすくなる。
  • Marigold(EASY Lv5)
頻発する8分階段も十分すぎるほど難しいが、中盤にはそれに加え 16分乱打 16分トリル も出現する。表記上はLv5ではあるが、上記のAragami並かそれ以上に難しいと感じることも。



追記修正は緑色になってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/