怪奇!宇宙植物園(チャージマン研!)

登録日:2021/2/25(木) 00:51:57
更新日:2021/02/27 Sat 02:40:23
所要時間:約 6 分で読めます




 
 

「怪奇!宇宙植物園」とはアニメ「チャージマン研!」の第6話のサブタイトルである(DVD版も同じ第6話なんDA)。
馴れーションが初登場する他、チャー研の設定がいくらか明かされるエピソードでもある。よってチャー研を考察する上で重要な鍵となるエピソードとも言えるが、話の内容自体は説明不足で超展開満載である。




【以下ネタバレ注意!】




あらすじ


100年後の日本、いや世界中の学校はみんな1つの建物に納められるんDA。
研の行っている学校も70階建てのこの中に、小学校・中学校・高校に大学と、全部1つのビルの中に入って、みんながそれぞれの教室で一生懸命に勉強しているんDA。

馴れーションの語りが終わると、机のモニターになぎさ先生が映る。
研のクラスの次の授業は校外授業とのことで、M地区にある宇宙植物園に行くようだ。

ベルトコンベアで移動し、宇宙植物園についたなぎさ先生とテンションの低い子供たち。
研も他の生徒たちと同じように宇宙植物園へと向かうが、誰かに呼び止められる。
一瞬ルパン三世っぽい作画になりつつ、声のした方に振り向くと、そこにはキャロンとバリカンの姿があった。二人は研にこっそりついてきて、一緒に宇宙植物園の見学をしにきたらしい。

遊びにきたんじゃない、とキャロンを窘める研だが、それに対してキャロンはみんなの中に混ざっちゃえばバレないと主張し、バリカンはなぜか変顔をする。
先生に呼ばれた研は仕方なく、自分の後に着いてくるように言い聞かせて許可をした。

研の後ろに申し訳程度に隠れたキャロンと、頭と腕を収納して歩くバリカン。そして二人を冷ややかな笑みを浮かべて見つめる先生。
しかし特に言及せずに生徒たちを先導する。

バリカン「ヘェアァ、こらすげぇよぁ」

キャロン「バリカン、やっぱりきてよかったわね」

バリカン「だから僕が誘ったんですよぉ」

研「バリカン、やっぱりお前が…」

バリカン「いけねぇ口が滑った~」

二人が校外授業についてきたのは、どうやらバリカンの入れ知恵だったようだ。
展示されている植物について解説する先生だが、突然何かを見て驚愕する。その視線の先ではなんと、女子生徒が植物に襲われているではないか!

♪キチレコ

研は食人植物に恐れることなく向かっていくが救出が間に合わず、その女子生徒は喰われてしまった。
突然活発になった食人植物は手当たり次第に生徒たちを補食していく。すると、どこからともなく笑い声が聞こえてきた。

はっはっはっはっは!
この植物園に来たやつらは、皆俺たちの餌食になるのだ!
地球の人間たちが勝手に俺たちの住処にやってきて、苗を植えていった!
人間たちよ、もっと苦しめ!
俺たちは地球に蔓延っている、お前たちを皆殺しにしてやる!

と、床から出てくる謎のオーラは語る。それを聞いた研はチャージングゴー!で変装した。
みんなが真似するとまずいから、普段は人前ではやらないようにしているけど、今は緊急事態だから仕方ないんDA。

♪チャー研OP

変装ついでにスカイロッドで何処かにワープした研は、待ち構えていたジュラル星人たちと対峙する。
ジュラル星人は一斉に目から光線を放つが、お約束通り研に避けられ、アルファガン一発で次々沈黙していく。
ジュラルを片付けた後、妙なポーズでアルファガンを撃つ研。ジュラル星人を撃ったのかと思いきや、撃っていたのは謎の柱。
やかましいブザーのような音を出した後に爆散した謎の柱。すると、宇宙植物園が全壊した。
なぎさ先生、キャロン&バリカン、生徒たち、職員たち、お許しください!

瓦礫と瓦礫に潰された植物を見つめるなぎさ先生と生徒たち。
そしてさっき崩壊したはずの植物園の中でなぎさ先生に対して語りかける研。

研「もう知らない天体に苗などを植えるのはこりごりですねぇ」

なぎさ先生「そうねぇ、私たちの地球は他の悪い星から、絶えず狙われているんですものね。

バリカン「なぁに、それを片っ端からチャージマンン…」

研「バリカン!今日は徹底的に、お説教だぞ!」

余計なことをベラベラ喋ろうとするバリカンを叱る研。バリカンはそいつは勘弁、と逃げるがすぐにズッコケてしまう。
二人のやり取りを見て笑う先生と生徒たち。研とキャロンもみんなと一緒に笑うのであった。




登場人物


食人植物を駆除するために宇宙植物園そのものを崩壊させた。なぜ柱を破壊すれば宇宙植物園が全壊することを知っていたのかは謎。

  • キャロン&バリカン
研の校外授業に勝手に着いてきてしまった。

  • なぎさ先生
今回もスカートの丈が短い。キャロン&バリカンが勝手に着いてきても大人の対応をした。
研が植物園を崩壊させたときにどこにいたのかは謎。*1

  •  西野くん
研のクラスメイト。次の授業が校外授業と聞いて、誰よりも早く席を立とうとしたせっかちな少年。
なぎさ先生に注意されるだけの脇役たが、一部のチャーケニストの間では妙な人気がある。
 
  • ジュラル星人
海底?で研を待ち構えていた。今回の事件が彼らの仕業なのかは謎。




ちょっと考察


前述した通り、このエピソードには色々と考察できる部分が多い。

  • 学校が1つの建物に纏められている
冒頭の馴れーションより。チャー研の未来世界では少子化が進みすぎて、学校の数がどんどん減らされてしまったのかもしれない。*2

  • M地区の宇宙植物園
作中では職員が全く出てこない。単純にアニメ作りの都合で、出すのがめんどくさかったから出なかっただけかもしれない。
研が堂々と崩壊させたところから、説明不足だがジュラルの罠だったとも考えられる。しかしそう考えると、そんな怪しい所に学校が校外学習で見学に行くのか、という疑問が出てくる。

  • 「地球人が勝手に住処にやってきて苗を植えていった」
床から出てくる謎のオーラが言っていたこと。声の主はジュラル星人なのか、それともジュラル以外の誰かなのか。
一部のチャーケニストには、47話での魔王様のセリフ*3と合わせて、『ジュラル星は地球人が勝手に植えて行った植物のせいで生態系が崩壊して滅亡の危機におちいった→地球人への復讐と新天地のために地球を侵略を企む』と考察する者もいる。
しかし謎のオーラの声の主は誰なのか分からず、なぎさ先生がジュラル星人以外にも侵略者がいることを示唆しているので、真偽は不明。

  • 食人植物
植物園に展示されていた植物。劇中では突然活動を始め、付近にいた子供を補食した。
結局この植物たちはジュラル星人の兵器なのか、展示されていた食人植物がたまたま暴走しただけなのか、はたまたなぎさ先生が言っていた「他の悪い星」から送り込まれたものなのか、分からず終いである。

  • 地球は他の悪い星から絶えず狙われている
なぎさ先生の発言。ジュラル星人以外にも侵略者がいるようだが、作中ではそんな奴ら全く出てこない。*4チャー研世界では視聴者が見ていないところで、実はとんでもないことが起きているのかも…?






追記・修正は校外学習で植物園に行き、謎の柱を破壊してからお願いします。






この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年02月27日 02:40

*1 研がチャージングゴー!してから謎の柱を破壊するまでの約40秒の間に生徒と避難したのだろうか?

*2 単純に「小中高大を一つにまとめた」という意味かもしれないが。

*3 「死にかけているジュラル星の仲間を呼び集め、再び平和と繁栄を取り戻さねばならん!」

*4 一応、漫画版にはジュラル星人以外の侵略者も登場しているようだが、それを意識しているかどうかは不明