GOGO魔王大作戦(GOGO!マリオワールド)

登録日:2021/04/18(日) 03:30:40
更新日:2021/04/24 Sat 01:11:22
所要時間:約 7 分で読めます




「ある目的のため、俺はピーチ姫を城からさらい出すことを決意」
「そこで、大魔王クッパに変装することを試みた」



GOGO魔王大作戦』とは、兼本あつこ作「GOGO!マリオワールド」のエピソードの一つで、単行本1巻21話に収録されている。

本話は作中では主にモブとして登場しているクリボーにスポットを当てたエピソードとなっており、またマリオたちとピーチ姫との再会や普段は見られないマリオのヒーローらしい活躍も見所。

あらすじ

ある日、クッパ城内の花壇に水やりをしていたピーチ姫の許に何か用有りげなクッパがやってくる。

「あらクッパさん、私に何かご用ですか?」
「フフフ、この大魔王についてくるがよい。さからったら許さないからな」

とピーチを城の外へと連れ出すクッパだが、クッパにしてはやけに体が小さい。
…それもそのはず、このクッパはある目的のために変装したクリボーである。どう見てもバレバレな変装にもかかわらず、ピーチは疑うことなく彼に付いて行った。

一方、クッパ城へと目指すマリオ一行。道のりの険しさから「向こうから来てくんねーかな」と愚痴を溢すマリオの前にクッパ(に変装したクリボー)に連れられるピーチ姫に遭遇する。

登場人物

  • マリオ
 ご存知、バカ・乱暴・横暴・卑怯・欲張り・極悪とゲスの極みな主人公。クリボーの変装に気づかなかったおバカその1。
 旅の道中でクッパ(に変装したクリボー)に連れられるピーチ姫と再会する。
 今回はクッパ(もといクリボー)に対し啖呵を切ったり、スーパースターで応戦するなど、普段の極悪さは控えられヒーローらしい一面を見せている。まぁ、結局最後はいつも通りの悪タレ野郎に戻ってしまうけどね…。
 また、クッパの実力を認めている節も見られ、変装したクリボーをクッパだと勘違いしていたとはいえ「あんなに弱そうなのがクッパなわけない」とクッパの実力を疑うかのような発言をしたヨッシーをボコボコにしている。

  • ルイージ
 マリオの仲間その1。
 最初こそクッパに変装したクリボーに違和感を抱いていたが、マリオに「強い奴に大きいも小さいも関係ねーだろ」と言いくるめられ、納得する。いいのか、それで…?

  • ヨッシー
 マリオの仲間その2。
 クリボーの変装に気づかないマリオたちと対照的に終始違和感を抱いており、話の終盤で余計な台詞を失言したためマリオに殴られた。

  • ピーチ姫
 クッパにさらわれた囚われ(笑)のアホの子姫。クリボーの変装に気づかなかったおバカその2。
 クッパ城内の花壇の水やりの最中にクッパ(クリボー)に連れ出され、その道中でマリオ達と再会するが終盤で夕食の支度のためクッパ城に帰ってしまった。
 また、クリボーの計画を血液型別の性格と勘違いしたり、マリオ達と再会した際長らく会っていなかった事もあってか一瞬忘れるなど相変わらず天然な面を見せた他、クリボーの変装に全く気づかなかったばかりか最後までクッパだと思い込む、というドアホっぷりを発揮した。

  • クリボー
 ご存知、マリオシリーズ屈指のキングオブザコで、事実上の主役。
 作中では度々モブとして登場していたが、本話ではそんな彼にスポットを当てられることに。
 ある目的のため、クッパに変装しピーチ姫を城から連れ出す。見るからにバレバレなのにピーチ姫やマリオには偽物だとバレなかった。
 マリオとの対決ではクッパだと勘違いしているピーチの前で恥を晒すまいとクッパになりきり、渾身のキックを放つなど意地を見せるが、マリオには大して通用しなかった。所詮はザコキャラなのね…。また、作中でよくつまずくなどドジな一面もある。
 その後、余計な事を言ったことでマリオにボコられるヨッシーを見て次は自分もあんな目に遭うのかとドン引きしていた。

  • ノコノコ
 ただでさえ顔の統一感ゼロなハニワ面のクッパの部下。
 冒頭でピーチ姫を連れ出すクリボーを見かける。ノコノコだけがクリボーの変装に気づいたのにそれに気づかないマリオたちって…




ようやくピーチ姫と再会を果たしたマリオ達は、クッパ(に変装したクリボー)と対決する。対するクリボーも自身の眼前で見守っているピーチ姫の期待に応えんとクッパの役に徹する。
スーパースターでパワーアップしたマリオのパンチを受けるが、クリボーも野望達成を果たすまでは負けられないという意地を見せ、マリオに渾身のキックを放ち、マリオに大ダメージを与える…




「うぎゃあいてぇ死ぬーーーッ」
「そんなにダメージないハズですよ」

「あれ?本当だ」

と宥めるヨッシーにやけにわざとらしく苦しんでいたマリオもその事に気づく。
体格の差から全力を込めた渾身のキックもマリオの前では大打撃にはならなかったようだ。「全力なのにッ」(byクリボー)
クッパはあんなに弱いハズがないとどうも釈然とせず疑問を浮かべるマリオに対し、ヨッシーは「だって、あんなに弱そうなのがクッパなわけないですよ」と答えるが、この発言がマリオの地雷を踏み抜く結果となってしまい「いつからお前は人を見かけで判断する子になったんだぁ!!」と叩きのめされてしまう。
その光景を見て自身もあんな風にフルボッコにされると怖じ気づき、

「申し訳ありませんっ、うそついてましたッ」

と遂に自身はクッパに変装していた事を白状する。

彼の目的とは、ピーチ姫に自身の畑に綺麗な花を植えてほしかっただけだったのである。
だが、ザコキャラである自分ではピーチは相手にしてくれないだろうという消極的な思いから、彼女に近づくために考えた結果、クッパの変装に行き着いたのであった…。

そして、事情を知ったマリオも「そういうことなら許してやるか」と彼を許すのだが…、


「踏むだけでな。ムダな体力使わせやがって」

と、本気を出して損したと言わんばかりにクリボーを踏み潰したのであった。あんまりだ…。


なんだかんだでこの件は一段落したのも束の間、さっきまでいたピーチ姫の姿が見当たらない事に気づく。
そこに置かれてあった書き置きにはこう書かれてあった。

『クッパさんへ、先に戻って夕食の用意をしています。』

…とっくの内にクッパ城に帰ってしまったのでした…。

結局、クッパは当然ながら本物ではなかったばかりかピーチ姫救出も叶わず、マリオ達の冒険も苦労もまだまだ続くのであった…。チャンチャン♪

「姫ーーーーッ、カムバッーーーーク」



追記・修正をお願いします。
















「あら、もう戻ってましたの?」
「ところで用事ってなんでしたの?」
「は?なんのことですかな?」


  • クッパ
 最後の2コマで登場。
 終始クッパ城にいたらしいのだが、今回の出来事の件は知らなかったらしく、変装したクリボーを最後までクッパだと思い込んでいたピーチから用事は何だったのかを聞かれ困惑するクッパで、この話は締め括られることとなった。


なお、この回から2話目でようやくクッパ城にたどり着き、その次の話で本物のクッパと戦いピーチ姫も救出されるのだが、クッパとの対決に関してはいろんな意味でカオスな内容となっている……。

余談

単行本ではこの話で終わっており、残りの3話分は残念ながらも未収録となっている。
そのため、全話読むには国立国会図書館に行ってギャグ王掲載分を読むしかない。

また、ピーチ姫は3話や15話でマリオ達を目撃しているが、当のマリオ達は気づかなかった。

ちなみに「スーパーマリオくん」でも、この回に似たエピソードがあるが、こちらは姿こそ完璧なクッパだが攻撃をしてボロを出していまい返り討ちに遭う、というものとなっている。


マリオ達の追記も修正もまだまだ続きそうである
この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月24日 01:11