渋谷1・2・3(run for money 逃走中)

登録日:2021/05/12 Wed 00:37:40
更新日:2021/06/05 Sat 13:58:51
所要時間:約 11 分で読めます







欲望渦巻く街、東京



ここで今、一攫千金の大逃走劇が始まる!





来たぁぁぁ! やっべぇ!やっべぇ! 助けてぇ! 助けてぇぇぇぇ!!





目的はただ一つ、逃げること


逃げる目的は、金





先輩待ってくださいよ! 先輩!!





逃走の舞台は、渋谷


そこにあるのは友情か… 裏切りか…





何で俺には敵がこんなにいるんだ!?



芸能界ってそんなもんだよ!



心が壊れてしまいそう… 怖い…





襲い掛かる、数々のミッション





目立つじゃんこんなの!!



なんだこれふざけやがって! ふざけんなバカ野郎!!





はたして彼らは、逃げ切ることが出来るのか!?





うおぁっ!来た!!



来たぁ!



きゃあああああああああああああ!!!










run for money



逃走中











●目次


【概要】


『渋谷1・2・3(run for money 逃走中)』とは、フジテレビ系列で放送されている番組『run for money 逃走中』の2004年10月2日、2004年12月28日、そして2007年元日に放送された3つの回である。

今現在でも人気を誇る逃走中は、この渋谷から始まったのである。今の逃走中と比べると、演出に関してはかなりシンプルな感じとなっているが、その分スリルや恐怖感が増しているためかなり面白い。
逃走者を追うハンターも、この頃はまだアンドロイドという設定がないため、普通にしゃべるシーンがあったり、逃走者がいないのに走ったり、逃走者を先回りしたりするなどかなり人間臭い*1




【スターティングデータ】



逃走者…9人*2(1)、12人*3(2・3)

逃走エリア…渋谷 宇田川町周辺(1・2・3共通)

ゲーム時間…50分(1)、60分(2・3)

ハンターの数…3体(01KR・02NN・03YD)

賞金単価
1秒100円ずつ上昇 残り20分からは150円、残り10分からは200円に増額し、逃走成功の賞金は39万円(1)
1秒100円ずつ上昇 残り30分からは200円、残り10分からは300円に増額し、逃走成功の賞金は60万円(2)
1秒300円ずつ上昇 逃走成功の賞金は108万円(3)

自首…エリア内にある公衆電話から申告すれば自首成立 その時点までの賞金を獲得できる(1・2・3共通)




【各回の特徴】


『1』

ゲーム時間は50分と過去最短タイ*4*5となっている。
残り20分でハンターが2体追加されるが、それ以外ミッションは特にない。


『2』

この回からミッションが登場。
また牢獄が初登場し、確保者はゲーム終了まで収監される。
※自首成立者は外で待機する。


『3』

賞金単価が固定され、以降は一部の回を除いてこの方式に統一された。
またこの回から逃走者全員がヘッドギアとプロテクターを着用するようになった。




【指令】



『2』




指令①

君たちの腕についているのは時限装置である
ゲーム時間が残り30分になると起動し
その時点で失格 報酬もゼロ
回避するにはカギで解除しなければならない
但しカギを使えるのは自分以外の誰か1人のみ



逃走中記念すべき最初のミッションは、時限装置解除及び強制失格回避ミッションである。
時限装置が起動すれば強制失格となるため、他の逃走者が持つカギを使って装置を解除しなければならない。ただしカギは1回しか使用できないため、初ミッションながら難易度が高い。

最終的に袴田吉彦と金子貴俊、森下千里と岡田義徳、島崎和歌子とセイン・カミュ、出川哲朗と浅香唯、そしてゴルゴ松本と平畠啓史が解除に成功。全員強制失格を免れた。



指令②

ゲーム残り30分
これから上空のヘリからの監視がスタート
位置情報は地上のハンターに伝えられる



通報部隊の代表格であるハンターヘリはこの回が初登場となった。
ヘリに発見されれば、位置情報を地上のハンターに通報されてしまい、命取りとなる。
今回は最終的にヘリの通報による確保者は出なかったものの、初登場ということもあって、逃走者たちをゲーム終了まで多いに苦しめた。





『3』




指令①

これよりエリア内から見える
街頭ビジョンにある数字を表示する
残り30分までに
その数字を確認しメールで送信せよ
他の逃走者に聞いてもよいが
1人でも間違えたり失敗すれば
全員の賞金が0円から再スタートとなる



現在の逃走中でもたびたびある、賞金リセット阻止ミッションが始まった。
これまでのミッションは逃走者個人に影響するミッションであったが、今回は初となる全員クリアが条件の連帯責任ミッションである。
ミッションに失敗すれば賞金リセットとなり、逃走成功時の金額は半額の54万円になってしまう。

勝村政信、ビビる大木、細川茂樹、西村知美、水野裕子、辻希美の順に送信完了していくが、岡田圭右と大沢あかねがまだ認証していない。
しかし、タイムリミットはあとわずか… 果たして……


そして、ミッション結果のメールが送られてきた。


大木「うわぁ~! 賞金リセット!?」


ミッション失敗、賞金はリセットとなり……


大木「…あ! 全員クリアだって!!」


ませんでした!
終了間際で大沢がなんとか送信に成功したのであった。
え?岡田? 捕まりましたけどなにか?



指令②

これよりヘリによる
上空からの監視を開始
発見された逃走者の位置情報は
地上のハンターに伝えられる



渋谷2に引き続き、今回もハンターヘリが登場。
ほとんど通報出来なかった前回とは違い、今回はものすごい勢いで通報していった。
結果大沢、勝村、西村、水野の4人が通報により確保された。



指令③


これより1人確保されるごとに
ハンターを1体追加
更に1人自首をすると
ハンターを2体追加する



ゲーム残り20分をきった時点で最後の指令が送られた。
確保されようが自首しようがハンターが追加されるといった今の逃走中にはない鬼畜な指令であった…



【逃走者たち】



『渋谷1』

※確保順に紹介

  • 定岡正二

元プロ野球選手。
ゲーム開始前、余裕そうなそぶりを見せていたがゲームが始まってからは急にビビりだす意外と小心者。
プロ野球で鍛えた瞬足もハンターには敵わず距離を縮められて確保。
逃走中記念すべき最初の確保者となった。


  • 原史奈

グラビアアイドル。
人気のない路地に隠れるも早くも諦め宣言。ハンターが接近してきてその場を離れようとしたが、ハンターに先回りされてしまい確保。


  • ニコラス・ペタス

K-1ファイター。
ゴミ捨て場のゴミ袋の中に隠れるという個性的な作戦で潜伏するも、あっという間に気づかれてしまい確保。
不衛生なので絶対真似をしないでください。


  • ふかわりょう

お笑い芸人。
一度はハンターを振り切るも、恐怖のあまり途中から錯乱状態になっていた。


  • 遠藤久美子

女優。
マイペースな性格で、今回の逃走者の中では終始一番落ち着いていた。
途中不吉さを感じるも、それは見事に的中した。


  • KABA.ちゃん

振り付け師。
この回の現在地表示は男性は青色の星、女性は赤色の星で表示されているが、彼(彼女)のみ青と赤の半々の星で表示されていた。


  • 梨花

タレント兼モデル。
目標金額はたったの5万であった。
終盤自首しに公衆電話に向かうも、パニクって正しい電話番号を押せず、だらだらしている間に発見され確保。初の自首成立には至らなかった。


  • ウエンツ瑛士

タレントかつ良くも悪くもこのゲームで一番目立っていた人。
逃走者のなかで一番ビビりまくっていたが、梨花を脅かしたりなどお茶目な一面も。
終盤あと一歩の所で確保された。


  • 保阪尚希

俳優。
遠藤同様意外と落ち着いていたが、終始警戒心を怠らないでいた。
終盤辺りで、休憩と潜伏を兼ねて公園の木の上に登って隠れ、そのままハンターに見つからず逃走成功。39万円を獲得した。
逃走中記念すべき最初の逃走成功者となったのだが、反則行為ギリギリの彼の戦法に今現在でもファンの間では賛否の声が上がっている。





『渋谷2』

※脱落順に紹介

  • 嶋大輔

俳優。
スタート地点にはすぐ戻ってこないと踏み、ハンターが解き放たれた場所へ行くが、その考えがアダとなりハンターに遭遇し確保。
逃走中記念すべき最初の投獄者となった。


  • 藤崎奈々子

タレント。
曲がり角を利用しハンターを撒く策を立てるも結局浮き彫りになり確保。


  • 森下千里

タレント。
岡田と時限装置の解除に成功するも直後に見つかり確保。


  • 浅香唯

歌手。
時限装置を解除後、ハンターに対する恐怖と欲望に負け自首成立。12万9200円を獲得した。その後、余裕で牢獄前に訪れ、確保者を馬鹿にしていた。
何はともあれ逃走中記念すべき最初の自首成立者となった。


  • 島崎和歌子

タレント。
浅香とは違い最初から自首狙いだったが、浅香の自首情報が通知された直後にハンターに見つかり急いで公衆電話に駆け込むも通話がつながる前に確保された。


  • セイン・カミュ

タレント。
ゲーム開始後、島崎からやや邪険に扱われるも後に彼女と時限装置解除に成功した。
彼のジャンパーはリバーシブル仕様になっており、目立たないようリバーシブルに着替得ようとしている所で見つかり、はだけた状態のまま逃げるも確保された。


  • 出川哲朗

お笑い芸人。
小太りながらも、中盤辺りまで生き延びるが、ハンターに見つかり命乞いをしながら確保された。      
当然ハンターには命乞いも交渉も通じません。


  • ゴルゴ松本

お笑い芸人。
中盤、ストレッチを兼ねて持ちネタである『命』を披露するもそれがアダとなり、ヘリに発見されてしまう。命知らず。
だが、いち早く気づき、何とか逃げ延びるなど、意外と強運の持ち主。


  • 金子貴俊

俳優。
先輩である袴田と共に行動していたが、彼からは何度も囮にされてしまうなど酷い扱いを受けていた。しかし、それでも確保後、自身を散々に利用した袴田に逃走成功を託すなど良いヤツ。


  • 袴田吉彦

俳優。
上述の通り、後輩である金子と共に行動していたが、何度も彼を置き去りにして逃げていた。今じゃ炎上する可能性大だな…
終盤まで逃げ延びるも、2体のハンターに挟み撃ちにされあと一歩の所で確保。
しかし、金子にしていたことを考えると因果応報の結末なのかもしれない。


  • 平畠啓史

お笑い芸人。
元々ぐっさんの人気に隠れてしまい、芸能界ではめちゃくちゃ影の薄い存在として見られている彼だが、今回のゲームではそのキャラを活かし、なんと一度もハンターに追われぬまま逃走成功を果たすという伝説を残し、これにはあのミスター逃走中であるアンガールズ田中も大絶賛していた。
ゲーム終了後、本人も今までの芸能生活で一番キャラを生かせる仕事だったと語っていた。


  • 岡田義徳

俳優。
終始ハンターの恐怖におびえていた逃走者たちの中では意外とゲームを楽しんでいた。
出川がハンターに追われている際にはそのハンターを逆に追いかけるなど余裕さも見せていた。最終的に危なげもなく逃走成功。60万円を獲得した。
平畠とは対照的に、正統派の形で逃げ切った標準の逃走成功者であった。





『渋谷3』

※確保順に紹介

  • くまきりあさ美

タレント。
開始数分で前方からハンターに見つかり確保。この時点では最速確保者となった。


  • 堤下敦(インパルス)

お笑い芸人。
くまきり同様序盤でハンターに見つかるも、学生時代野球部で鍛えた瞬足で一度は撒いた。
しかし再び見つかってしまい、先ほど走りすぎたこともあってスタミナ切れで確保された。


  • カンニング竹山

お笑い芸人。
前方にいたハンター似の人に気を取られてしまい、後ろからハンターが接近していることに全く気づかぬまま確保された。


  • 長州小力

お笑い芸人。
街頭ビジョンへ向かう際にハンターに見つかり、すぐさま路地に隠れて撒いた。
その後、諦めて自首に向かおうとした際にハンターに再び見つかり確保。


  • 岡田圭右(ますだおかだ)

お笑い芸人。
大沢同様街頭ビジョンまでの距離はかなりあったため、大急ぎで向かうもハンターに発見され確保。
だが、もし彼が確保されないでいたら距離的に賞金リセットされていたかもしれない……


  • 辻希美

タレント。
公衆電話を見つけて自首しようか悩んでいる最中にハンターに出くわし確保。


  • 大沢あかね

モデル。
ギリギリで街頭ビジョンの数字を送信し、賞金リセットを免れた。
しかし、派手な服装がアダとなりハンターヘリに発見されてしまい、最初の犠牲者となってしまった。

大沢の確保によりハンターが1体追加され、合計4体となった。


  • 細川茂樹

ヒビキさん…ではなく俳優。
街頭ビジョンが見える位置にいるにもかかわらず、大木に身に行かせようとするなど俳優としては珍しい他人任せ。
終盤ハンターに見つかり一度は振り切るも結局確保された。

細川の確保によりハンターが1体追加され、合計5体となった。


  • 勝村政信

俳優。
他人任せな細川とは対照的に果敢に動いており、街頭ビジョンの数字を確認後、西村や水野にも教えてあげるなど大活躍していた。
しかし終盤、ハンターヘリの2人目の犠牲者となってしまった。

勝村の確保によりハンターが1体追加され、合計6体となった。


  • 西村知美

タレント。
エリアを歩いている最中にネズミを見つけて驚くも、厳しい都会の中懸命に生きるネズミの姿を見て自身も闘志を燃やした。
終盤自首に悩むも他の逃走者の迷惑になると思い留まるもハンターヘリの3人目の犠牲者となってしまった。

西村の確保によりハンターが1体追加され、合計7体となった。


  • 水野裕子

タレント。
終盤まで生き延びるも、ヘリに発見されてしまい、ハンターとの1分にわたる長い激闘を繰り広げるもあと一歩及ばず確保。ハンターヘリの最後の犠牲者となってしまった。

水野の確保によりハンターが1体追加され、合計8体となった。


  • ビビる大木

お笑い芸人。
目標金額は100万であったため自首の気持ちが揺れるが、『ビビる』としては自首していいが『大木』として自首していいのかと悩み、最終的に自身のプライドをかけ、逃走成功を宣言。
最後はハンター8体と言う脅威の中、特にハンターに追われることもなく余裕でカウントダウンを数え逃走成功。108万円を獲得した。
逃走中記念すべき初の100万越えの賞金獲得者となった。



【余談】



ナレーションは現在同様マーク・大喜多氏が担当しているが、現在と比べると声やテンションがかなり低いため、ギャップの違いさに驚いた人もいるとかいないとか……






追記・修正は木の上に登らず、ハンターヘリにも見つからず、尚且つ一度もハンターに追われなかった人にお願いします。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/
最終更新:2021年06月05日 13:58

*1 他にもこの回ではないのだが、発見した逃走者に気づかれないよう背を低くして接近した回もあった

*2 男性6人・女性3人

*3 2は男性8人・女性4人 3は男性7人・女性5人

*4 予選ステージ、ボーナスステージ、『池袋』1stステージを除く

*5 第3回の日光江戸村もゲーム時間50分である。