迷子のサルノリ!トレーナーは誰だ!?(ポケモン)

登録日:2021/05/15 (土) 23:07:55
更新日:2021/05/22 Sat 05:57:18
所要時間:約 11 分で読めます




夢…か…。 あぁ、ビックリした…。 うん?



……ギャァ~!!!



概要

『迷子のサルノリ!トレーナーは誰だ!?』とは『ポケットモンスター(アニメ第7シリーズ)』の第59話。
2021年3月12日放送。脚本は米村正二

ガラル御三家の一種・サルノリが初めてメインとして関わった回。
新無印編はこれまでのシリーズとは違い、

4話炎タイプ・ヒバニーの初登場

17話:ヒバニーの中間進化態・ラビフットの初登場

27話:水タイプ・メッソンの初登場

45話:ヒバニーの最終進化態・エースバーンの初登場

54話:メッソンの最終進化態・インテレオンの初登場

本話:草タイプ・サルノリとその最終進化態・ゴリランダーの初登場

と御三家の登場時期にかなり間が空いており、全員登場するまでに一年以上も経過。
その間にヒバニーが進化を繰り返した為、本編で初期形態が勢揃いする機会が失われる事となった。

そんな中で始まった今回の話は他の二体の時とは異なる、重苦しい急展開と意外なオチで視聴者を騒然とさせた。
もっとも、予告の時点で仄めかされていたが。


あらすじ

クチバシティの何処かにある大きなマンション。そこにはゴウとその家族が借りて暮らしている一室があった。
何故か自分の部屋で寝ているゴウ。そこへ父のイクオが起こしに来たのだが、目覚めたゴウが見たのはイクオの声で喋るゴリランダーだった。
父が喋るポケモンに……ビックリしたゴウは部屋を出て母のクルネに駆け寄るが、なんとクルネも同じくゴリランダーになっていた。
さらに恐怖で顔が引きつるゴウに弟の世話を頼むクルネ。そこでゴウがふと下を見ると右腕にはサルノリがしがみ付いて眠っていた……。

気が付くとそこは住み込みで使っているサクラギ研究所の部屋。
これまでの事が全て夢であったと安堵するゴウだったが、右腕を見ると現実でもサルノリが寝ており、思わず絶叫してしまう。
これを聞いて目覚めたサトシはサルノリを見て興味津々。
一方、腕にしがみ付いているサルノリを見たゴウは運が良いのではと考え、ゲットしようと試みるが、モンスターボールを当ててみると…

人のものをとったら泥棒!

と自分用のスマホロトムが警告*1
どうやらサルノリは誰かにゲットされているらしく、ゴウは気を落としてしまう。

ルキ!

その後は起きるなり、楽しそうにゴウ達の頭をスティックで叩きまくるサルノリ。
今度は部屋に入ってきたバリちゃんに飛び掛かるも、軽くかわされてムキになるのだが、ここで空腹になりダウン。
そこで揃って朝食を食べるサトシ達だが、ここでもサルノリは大暴れ。サトシ達の朝食を台無しにしたり、登校しようとしたコハルの頭に跳び付いたりする有様。
そんなこんなで最後はサルノリを止めようとしたピカチュウとワンパチの電撃で皆が黒焦げに。

コハルの登校後、経緯を聞くサクラギ博士と助手達。
ゴウとサトシはサルノリのパートナーが心配しているのでは考えるが、ネット上では捜索願などは見当たらない。
そこでゴウ達は優れた嗅覚を持つワンパチにサルノリが通った道を辿って貰おうとする。

サルノリの匂いを手掛かりに痕跡を辿るワンパチ。
サルノリが研究所の屋上に登って侵入した事が分かると今度は街中へと繰り出すが、悪戯好きなサルノリは途中で近隣住民のポケモンを巻き込んでトラブルを起こすばかり。
だが、その先にあったのは――。

登場人物

もう一人の主人公。一人っ子。ココではない、念の為。
朝から奇妙な悪夢を見て、起きた後で夢に出てきたサルノリがいる事に驚く。
サルノリを本来のトレーナーに返すべく街へ繰り出したが、その末に残酷な事実を知ってしまう。

お馴染みの主人公と電気ねずみ。
ゴウの付き添いでトレーナー探しに出かける。
ゴウがサルノリの食事風景でコメントする度、
「三度の飯より朝飯が好き」「三度の飯より昼飯が好き」と返し、ゴウに突っ込まれている。意味不明

珍しく3話連続で出演したヒロイン。ただし、出番は少なめ。
イーブイと共に登校しようとした際、サルノリに頭髪を崩された。

サクラギ博士の御供。
今回はその嗅覚を活かし、サルノリの痕跡を辿る。

お馴染みのロケット団。
中盤でピカチュウとサルノリを捕らえようと襲ってくる。
ちなみに描写からすると17話以来、地下アジトの場所を変えている模様。

  • クルネ
  • イクオ
ゴウの両親。夢の中でのみ登場。
体だけゴリランダーになり、サルノリの世話をゴウに任せていた。
ザルードじゃないよ。

CV:武田華
今回の主役。
いつの間にかゴウと一緒に眠っていたこざるポケモン。4年前のサトシが転生した訳では無い。
かなりやんちゃで意地っ張り。悪戯好きかつ食欲旺盛でもある。
持ち歩いているスティックは萎れた花を元気にする力を持ち、公園にあった花壇の花を回復させている。
夢の中ではゴウの弟となっていたが、現実では別の誰かにゲットされている模様。


以下、ストーリーのネタバレ注意



トラブルがありつつもパートナーの捜索を続けるゴウとサトシだが、とあるショップの玄関前でサルノリの匂いが途切れてしまう。
そこでショップの店員に事情に話した二人は防犯カメラが撮影した映像を見せて貰える事に。
借りたノートパソコンで昨夜の様子が映った映像に目を通していくと、玄関前にある物体が落下する瞬間が残されていた。
その物体とはなんと、ロケット団がいつも使っているガチャマシン

落下したマシンは衝撃で壊れたのか、ボールを一個排出。
そのボールの中からポケモンが出てきたのだが、そのポケモンこそ、ゴウ達が出会ったサルノリだったのだ!
この後、移動を始めたサルノリが画面外に消え、運搬中にミスったと思われるペリッパーが下降。
サルノリに気付かないまま、ボールとマシンを回収して飛び去ったのだった。

あのサルノリが悪い奴らの仲間――とても信じ難い事実を知り、サルノリに問いかけるゴウ。
当のサルノリは不安そうな顔でピカチュウの背後に隠れるがその直後、二体の所に網が落下。
そして、いつものロケット団が二人の前に現れる。

網を使ったピカチュウとサルノリのダブルゲットに喜ぶロケット団。
しかし、サトシのガラルカモネギによる「つじぎり」で網を切られると、「ぶんまわす」で発生した竜巻に吹っ飛ばされてしまう。
そこで反撃の為にガチャマシンを用意するが、出て来たボールは一個だけ。
それをムサシが投げてみるのだが、中にはポケモンが一切入っていない。そして唯一残っていた説明書に書いてあるのはサルノリの情報。
今回、引き当てたのはカメラの映像に映っていたサルノリ用のボールだったのだ。そして、いつの間にか引っ込んでいるガラルカモネギ。
やはりサルノリはロケット団所有のポケモンだった訳だが、ムサシはその事実を信じようとしない。
だが、その場のノリで「戻れ、サルノリ」と口にした途端、ボールから回収ビームが出て、サルノリを吸い込んでしまう。
思わず驚いたロケット団はいったん出直す事にし、ニャースが撒いた煙幕に紛れて撤退。
その後、ゴウの足下にはサルノリが落としたスティックが残されていた。

夜。サトシ達から逃走し、地下アジトに戻ったロケット団。
そこでサルノリはスティックを無くした事に気付き、近くのダンボール箱を漁るが、その中身はモルペコ用に取って置いた食料。
ムサシ達はサルノリが投げた食料を慌ててキャッチするのだが、その様子を腹ペコ模様のモルペコに勘違いされ、「オーラぐるま」で追い回される羽目に。
そんな中、サルノリはスティックが無い事に落ち込みつつもゴウの事を思い出す。
一方、サクラギ研究所では就寝時間になっていた。
サルノリは今頃、ロケット団と楽しく過ごしているだろうと考えるサトシだが、
対するゴウは複雑な気持ちであり、ベッドの上でスティックを見つめながら、サルノリの事を思い出していた。

翌朝。
サルノリにスティックを返す為、朝食も食べずにワンパチを連れて研究所を出たゴウ。
心配して追ってきたサトシとピカチュウは何としてもロケット団の居所を見つけるというゴウに同情し、食料を持って再び街に繰り出す。
その頃、アジトにいるロケット団は寝ている間にサルノリが居なくなった事で大慌て。
本部から支給されたポケモンを紛失したとなれば只では済まない。是が非でも連れ戻す為、一同は捜索に動き出す。とここでダジャレをかますムサシさん。

ロケット団を探す内、昨日訪れた公園を見かけるゴウ達。
その公園にワンパチが反応を示したので入ってみるが、周りを見渡しても誰一人居ない。
と思ったその時、花壇の花々に紛れていたサルノリがゴウを見つけて跳び付いてきた。
なんとか再会できたゴウはサルノリにスティックを返却。が、今度はそこにロケット団が現れ、自分達の所に戻ってこいと要求してくる。
しかし、既にゴウを気に入っていたサルノリはそれを拒否した為、ロケット団はサルノリを本部で再教育させようとボールから回収ビームを連発。
回収されまいとビームを避けまくるサルノリ。それを見たゴウは止めさせようとムサシの前に立ち塞がるが、ムサシは聞く耳を持たない。
すると、ピカチュウがサトシの指示でムサシを攻撃。そうして手元から離れたボールをサルノリがスティックで叩き落とすと、地面に当たったボールは真っ二つに壊れてしまった。

ボールを破壊した事でサルノリは心身共にロケット団と決別。「ゴウに自分をゲットして欲しい」という願いを明かす。
思わず通訳してしまったニャースからそれを聞いたゴウは自分と一緒に行きたいサルノリの意を汲んでボールを投げるが、ムサシもサルノリを再確保すべく新たなボールを投げる。
挟み撃ちする様に迫って来る2個のボール。そして次の瞬間、サルノリはムサシのボールをスティックで弾き返し、そのままゴウのボールへイン!

こうしてサルノリの鞍替えによって、ゴウはガラル御三家全3種のコンプリートを果たした

この後、ロケット団はサルノリを諦め、ピカチュウの強奪に作戦変更。
その為の秘密兵器を装備するニャースだったが、使う間もなくピカチュウの「10まんボルト」が直撃。
そのままロケット団は戦力を取られるという醜態を晒して空の彼方へ消えた。



夕方。サクラギパークで改めてコハル達にサルノリを紹介するゴウ。
その中でサルノリは昨朝の件で振り回してしまったイーブイに詫びると、イーブイもやっとサルノリを許す。
が、ゴウがゲットしたポケモンを見てテンションが上がったサルノリはイーブイに馬乗り。
結局、嫌がったイーブイがサルノリを乗せたまま走ってしまい、ゴウも彼らを追いかけるのであった――。



余談


  • アニメ公式Twitterの「アフターストーリー」では『その後のサルノリ』のイラストが公開された。
    スティックを持ったサルノリがエースバーンに跳び付こうとする様子が描かれているが、その後については想像に難くないだろう。



追記・修正はスティックでリズムを刻んでからお願いしま……

イテッ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

過度な雑談、愚痴及び誹謗中傷を行った場合、IP規制・コメント欄撤去等の措置が取られる事がありますので気を付けてください。

最終更新:2021年05月22日 05:57

*1 これまでのシリーズだとモンスターボール側が拒否したり、無反応だったりする演出がある。