アニヲタWiki(仮)

蕾(ゲゲゲの鬼太郎)

  
登録日:2018/05/14 (月) 19:41:07
更新日:2019/06/28 Fri 23:16:07
所要時間:約 4 分で読めます


タグ一覧
ゲゲゲの鬼太郎 メイド 中原麻衣 天使 悲恋 涙腺崩壊 自己犠牲 萌え 鬼太郎第5期


萌え萌え蕾がまぜまぜしちゃうぞ、ラブラブラブラブおいしくな〜れ!


蕾とはゲゲゲの鬼太郎5期第45話「ネコ娘騒然!? 妖怪メイド喫茶」に登場するゲストキャラクターである。

CV:中原麻衣

【容姿】

桃色の瞳に栗色のロングヘア、ピンクを基調としたメイド服が特徴の美少女。

【主な活躍】

妖怪ポストに「メイド喫茶に行った男性が帰って来ない」という手紙が来た。
早速調査に乗り出す鬼太郎だったが、メイド喫茶に行った経験が無い鬼太郎は戸惑うものの、いつの間にか常連客となっていたねずみ男から助言を貰いつつも店の中に入る。
その様子を猫娘に目撃され、盛大に嫉妬を買ったことは言うまでもない。
店内で何を注文していいか戸惑う鬼太郎に雑誌で萌えカフェの知識を身に着けた目玉親父が超ノリノリでメニュー表の裏に隠れながら鬼太郎の口調を真似てラブラブ注入コーヒーを注文してしまう。
当然のことながら注文を取り消そうとする鬼太郎だったが時すでに遅し。
そしてラブラブ注入コーヒーを運んできたのは蕾ちゃんという名のメイドだった。
冒頭の台詞を言って猫の手ポーズをしながらコーヒーをまぜまぜする蕾のあまりの可愛さに頬が赤くなる鬼太郎であったが、ふと気が付くと目玉親父がコーヒーを茶碗風呂代わりにして極楽気分に浸っていた。
蕾は目玉親父の容姿に仰天し、思わずコーヒーをひっくり返してしまう。
……まあ、いきなりコーヒーの中に目玉の妖怪が入っていたら誰だって驚くだろう。
その後、鬼太郎は微かな妖気をメイド喫茶内に感じるものの、店の雰囲気がどうしても馴染めず、メイドとデートできるというサービスを利用したねずみ男に便乗して店を出ていってしまう。
その少し後、蕾は店の裏で先輩と思しきメイドに落ちこぼれと叱責されていた。
実は蕾を含むメイド達の正体は古椿と呼ばれる百年に一度目覚める妖怪の花であり、(ただでさえ長生きなのに)更なる寿命を得ようとする古椿の為に娘である花達は美女に化けてメイド喫茶で男達をおびき寄せていたのだ。

おびき寄せられた男性達にデートをさせるサービスを利用して二人きりにしたところを髪から発せられる煙で蜂のような姿に変え異次元空間に送ることで
古椿は彼らから生気を奪い取り自らの栄養分としていたのだ。
しかし心の優しい蕾には男性を犠牲にすることが耐えられず、いつも客として帰していた。
その為古椿の要求を叶えることができず同じ娘達からは落ちこぼれと罵倒されていたのだ。
そんな折、猫娘達妖怪横丁の女妖怪から説教を受けた鬼太郎が、調査の為にメイド喫茶へ戻ってきた。
調査であることを隠し、蕾にデートを申し込む鬼太郎。
二人きりになりデートをすることで蕾の正体と目的、そしてあわよくば古椿の元へ自分を送ってもらえれば
元凶である古椿を倒し囚われの身となっている男性達を解放することができる。
鬼太郎はそう考えていたのだ。
観光地を巡ったりクレープを食べたりと、デートを楽しむ鬼太郎だったが、同じ時を過ごしていくうちに彼は違和感を覚える。
古椿に栄養源であるはずの男を送ることを目的としている蕾が、そうではなく本心からデートを楽しんでいるように見えるのだ。
目玉親父も鬼太郎も蕾は悪い妖怪ではないのではないかと思うようになる

そしてデートの終盤。鬼太郎は自分の目的と彼女の正体を知っていることを告げる。
それを聞いた蕾は自分は古椿に男性を送り届けることができない落ちこぼれであるが故に、そろそろ切り捨てられることを覚悟しており、
それならば最後の思い出作りの為に普通の女の子のようにデートをしてみたかったと本心を告げる。
だが、そんな彼女の行動を古椿が見逃すはずもなく、マインドコントロールを使って彼女を強制的に支配下に置く。
そして髪から発せられる煙で鬼太郎を蜂の姿に変えさせることに成功するが、異次元空間に連連れ込み、もう少しで鬼太郎を栄養分にできるという直前でマインドコントロールの効果が切れ、蕾が正気に戻った。
正気を取り戻した彼女は鬼太郎を元の姿に戻すものの、鬼太郎を古椿の攻撃から庇って身体を貫かれてしまう。
鬼太郎に感謝を告げて消滅し、花の姿に戻る蕾。激怒した鬼太郎は古椿を撃破するものの、犠牲になった蕾のことを思い涙を流す。
すると鬼太郎の妖力がもたらした奇跡なのか、蕾は種へと生まれ変わることができた。
鬼太郎は種を地面に埋めて、綺麗な花を咲かせるように願いながらその場を去っていくのだった。

蕾は生みの親である古椿の花である為、彼女を倒せば自分も消えてしまうことを自覚していた模様。
また、花はいつかは枯れるものであり、どのような結果になったとしても恋は実らなかったであろう。
それでも限られた命を懸命に生き、最後の最後まで優しさを失わない生き方を全うした天使の姿がそこにはあった。

【余談】

演じた中原麻衣は、第16話「妖怪はゲームの達人?!」にて、里奈の声を担当していた。


追記・修正は萌え萌え注入コーヒーを注文してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

このページをシェアする

メニュー

タグ検索 :
タグ一覧 ( 登録が多い順 )

GoogleでWiki内を検索

2019-09-23 07:36:10 (Mon)
今日 -
昨日 -
合計 -
項目42022
現在-

最初にお読みください








最近作成されたページ


もっと見たい方は コチラ

最近更新されたページ

取得中です。

もっと見たい方はコチラ


ここを編集

おすすめゲーム攻略

注目ゲームニュース

注目ゲームニュースをもっとみる