「玄箱PRO-Java」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

玄箱PRO-Java」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *玄箱PRO-Java
 玄箱PROはarmアーキテクチャなので利用できるJava環境の選択肢が少ない。
 まず、今まで当たり前のように使用してきたSunのJDKがありません。さらに玄箱で使用していたPowerPC用のIBM-JDKも使えません。
 (2007.12.25追記)
 Sunから評価版のARM/Linux版のJREが提供されています。説明を追加しました。
 
 **SunのJREを使う
-JDKはありませんが、SunからJREの評価版(http://java.sun.com/javase/embedded/index.jsp)を入手できます。(2007.12.25時点)
-ARM - Headless をクリックして幾つかの質問に答えたあと、ダウンロードすることができ、90日間の使用が可能です。
+JDKはありませんが、SunからJREの評価版(http://java.sun.com/javase/embedded/index.jsp )を入手できます。(2007.12.25時点)
+ARM - Headless をクリックして幾つかの質問に答えたあと、ダウンロードすることができ、90日間の試用が可能です。
 
-デフォルトでは使用可能文字コードが限られているので、i386版のJRE1.4.2に付属しているcharsets.jarを/opt/j2re1.4.2/libに追加するとほとんどの文字コードが使用できるようになります。
+デフォルトでは使用可能文字コードが限られているので、x86版のJRE1.4.2に付属しているcharsets.jarを/opt/j2re1.4.2/libに追加するとほとんどの文字コードが使用できるようになります。
 
 私の環境ではWindowsでダウンロードしたj2re-1.4.2_11-eval-b06-min-linux-arm.tar.gzをFTPで玄箱PROに転送して/optに展開しました。一緒にi386版のJRE1.4.2_12からcharsets.jarも/optに転送しています。
 > KUROBOX-PRO:~# cd /opt
 > KUROBOX-PRO:/opt# tar zxvf j2re-1.4.2_11-eval-b06-min-linux-arm.tar.gz
 > KUROBOX-PRO:/opt# cp charset.jar j2re1.4.2/lib
 > KUROBOX-PRO:/opt# export PATH=$PATH:/opt/j2re1.4.2/bin
 > KUROBOX-PRO:/opt# java -version
 > java version "1.4.2_11-eval"
 > Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition for Embedded (build 1.4.2_11-
 > eval-b06, headless) J2SE (build 1.4.2_11-b06, mixed mode)
 > Evaluation version, 90 days remain in evaluation period
 
 ※2日間使用した後、java -versionで確認したら
 > KUROBOX-PRO:/opt# java -version
 > java version "1.4.2_11-eval"
 > Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition for Embedded (build 1.4.2_11-
 > eval-b06, headless) J2SE (build 1.4.2_11-b06, mixed mode)
 > Evaluation version, 88 days remain in evaluation period
-となりましたが、再び入手したtar.gzのファイルを展開したら90 daysに戻りました。暫くこの方法で使用できそうです。
+となりましたが、再び入手したtar.gzのファイルを展開したら90 daysに戻りました。どうやって残りの日数をカウントしているのでしょうか。
 私は一度セットアップしてあったfree-java-sdkは削除しました。
 かなり沢山のモジュールが導入されているので、すっきりきれいになりました。
 
 SunのJREの使用感ですが、free-java-sdkで使用していたよりもストレスなく動作するようになった感じがします。
 これに伴いJREだけで動作するTomcat5.5に移行しましたが、もったり感がなくなっています。
 
 
 **Sun以外のJDKを使う
 Debianのapt-getで入手できるarm対応Java環境で私が唯一Tomcatでの利用を確認できたのはfree-java-sdkだけです。
 
 ※free-java-sdkの実体はSableVM
 ※関連パッケージ51個で83.7M使用します
 
 まずJava導入時の/etc/apt/sources.listの内容を確認
 > KUROBOX-PRO:~# vi /etc/apt/sources.list
 > deb http://ftp.jp.debian.org/debian etch main contrib non-free
 > deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian etch main contrib non-free
 > 
 > deb http://security.debian.org etch/updates main contrib non-free
 > deb-src http://security.debian.org etch/updates main contrib non-free
 etchのmain contrib non-freeがあれば良いでしょう。
 
 次にapt-getでfree-java-sdkの内容を確認
 > KUROBOX-PRO:~# apt-get update
 > KUROBOX-PRO:~# apt-cache search free-java-sdk
 > free-java-sdk - Complete Java SDK environment consisting of free Java tools
 > KUROBOX-PRO:~# apt-cache depends free-java-sdkfree-java-sdk
 > Depends: jikes-sablevm
 > Depends: fastjar
 > Depends: sablevm
 > Depends: classpath-tools
 > Suggests: gjdoc
 > Recommends: <libgnujaxp-java>
 > Conflicts: sablevm
 気になるならapt-cache show free-java-sdkで確認してみても良いです。
 
 最後にapt-getでfree-java-sdkを導入する
 > KUROBOX-PRO:~# apt-get install free-java-sdk
 > :
 > :
 > KUROBOX-PRO:~# java -version
 > SableVM version 1.13
 > - compile date and time: 2006-09-09 15:34:20 UTC
 > - gcc version: 4.1.2 20060901 (prerelease) (Debian 4.1.1-13)
 > - 'real life brokenness' features enabled
 > - signal based exception detection
 > - copying garbage collection
 > - bidirectional object layout
 > - direct-threaded interpreter
 
 Tomcatから利用されるときはjava-sablevm経由になります。
 引数やオプションはman java-sablevmで確認してください。
 VMヒープサイズ指定がSunと異なるので気をつけましょう。下のは最大ヒープサイズ64Mを指定する場合の引数指定です。
 > java-sablevm -Dsablevm.heap.size.max=64000000 <Class-Name>
 
 
 **関連パッケージ
 ここまでの手順で導入されたパッケージを忘れないようにするためにここに残します。
 あとで何に必要で、何で必要だったか分からなくなってしまうことが多かったのでメモは残すほうがいいですね。
 > KUROBOX-PRO:~# apt-get install free-java-sdk
 > Reading package lists... Done
 > Building dependency tree... Done
 > The following extra packages will be installed:
 >   classpath-tools defoma fastjar file fontconfig fontconfig-config java-common
 >   jikes jikes-sablevm libatk1.0-0 libcairo2 libexpat1 libffi4 libfontconfig1
 >   libfreetype6 libglib2.0-0 libgtk2.0-0 libgtk2.0-common libice6 libjpeg62
 >   libltdl3 libmagic1 libpango1.0-0 libpango1.0-common libpng12-0
 >   libsablevm-classlib1-java libsablevm-native1 libsablevm1 libsm6 libtiff4
 >   libx11-6 libx11-data libxau6 libxcursor1 libxdmcp6 libxext6 libxfixes3
 >   libxft2 libxi6 libxinerama1 libxrandr2 libxrender1 libxtst6 perl
 >   perl-modules sablevm ttf-dejavu ucf unzip x11-common
 > Suggested packages:
 >   defoma-doc psfontmgr x-ttcidfont-conf dfontmgr gjdoc equivs libfreetype6-dev
 >   ttf-kochi-gothic ttf-kochi-mincho ttf-thryomanes ttf-baekmuk
 >   ttf-arphic-gbsn00lp ttf-arphic-bsmi00lp ttf-arphic-gkai00mp
 >   ttf-arphic-bkai00mp libsablevm1-dev libterm-readline-gnu-perl
 >   libterm-readline-perl-perl zip
 > Recommended packages:
 >   libft-perl libgnujaxp-java libatk1.0-data libglib2.0-data hicolor-icon-theme
 >   libgtk2.0-bin perl-doc debconf-utils
 > The following NEW packages will be installed:
 >   classpath-tools defoma fastjar file fontconfig fontconfig-config
 >   free-java-sdk java-common jikes jikes-sablevm libatk1.0-0 libcairo2
 >   libexpat1 libffi4 libfontconfig1 libfreetype6 libglib2.0-0 libgtk2.0-0
 >   libgtk2.0-common libice6 libjpeg62 libltdl3 libmagic1 libpango1.0-0
 >   libpango1.0-common libpng12-0 libsablevm-classlib1-java libsablevm-native1
 >   libsablevm1 libsm6 libtiff4 libx11-6 libx11-data libxau6 libxcursor1
 >   libxdmcp6 libxext6 libxfixes3 libxft2 libxi6 libxinerama1 libxrandr2
 >   libxrender1 libxtst6 perl perl-modules sablevm ttf-dejavu ucf unzip
 >   x11-common
 > 0 upgraded, 51 newly installed, 0 to remove and 15 not upgraded.
 > Need to get 1434kB/26.6MB of archives.
 > After unpacking 83.7MB of additional disk space will be used.
 > Do you want to continue [Y/n]?
 ----
 最終更新日:&date()