第2話ミドル3

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミドル3「奈落の門」

マスターシーンです。
PCは登場不可。

 ――深夜。玲次郎や奏が通う高校の屋上。

 そこには、俯いたまま【魔笛】を演奏している水本奏と、
それを眺めて笑う自称“奈落の騎士”ラッテンフェンガーの姿があった。

 奏はラッテンフェンガーの命令に従い、【魔笛】の魔力を解き放つ。
その幻惑の魔曲は、学校中へ。街中へ。七瀬市全体へと、広がっていく‥‥

ラッテンフェンガー:「ククク‥‥ 感じる! 感じるぞ!」
ラッテンフェンガー:「流石は伝説の魔具だ。この身に、マナがみなぎってくる!」
ラッテンフェンガー:「わたしの筋肉が喜びを感じている!」

 ※ ラッテンフェンガーの肉体は既に魔法と一体化している。
  術式など必要とせず、任意の結果だけを発現させることができるのだ。
  けっして“変態さんだから”ではないぞ(違うとも言わないが)

水本奏:「‥‥‥‥」 演奏は止まらない。
ラッテンフェンガー:「フフ‥‥ 流石に“2つのアビスシード”には抗えぬか」
ラッテンフェンガー:「これで、我が【計画】を阻む要因は全て消えた!」
ラッテンフェンガー:「私の勝利だッ!」

2人の背後で、マナの奔流が闇色に染まり。大きな渦へと変化していく。
――その“渦”こそが。無限の絶望をもたらす存在、【奈落門】であった。

シーンEND

GM:というわけで。ラッテンフェンガー様は全力でフラグを立ててきました。
佳和:筋肉かよ^^
玲次郎:ああ「手肢振るうだけで魔法が起こっちゃう状態」みたいなものか。
GM:では、未登場な諸君はHPかMPのどちらか好きな方を1d6点回復できます。
神姫:全快なので振りません。
ナイトフレア:んじゃMPを‥‥ いや、買い物してもいいか?
GM:ん。まぁいいよん。何を買うね?
ナイトフレア:[ハイMPポーション]を。目標値60だが財産点はある。
ナイトフレア:連戦になりそうだからなー
佳和:私も[ハイMPポーション]を狙うぞー(バリバリ
GM:ほい。では購入判定どぞ。
ナイトフレア:#4+2d6(ダイスを振る)出目「5・4」で達成値13。財産ポイント5点消費で成功!w
佳和:#4+2d6 ハイMPP狙い(ダイスを振る)出目「1・4」で達成値9。財産ポイント6点消費で成功。
ゲルヒルデ:ワタシは普通の[MPポーション]を。#2d6+4(ダイスを振る)出目「6・5」で15。財産点2点消費で成功です。
GM:財産ポイント強くなったなぁ‥‥w
ゲルヒルデ:皆さんお金持ちなのですね
ゲルヒルデ:羨ましいことです(ちらっ)>ケイローン
ケイローン:『‥‥‥‥』
ナイトフレア:とりあえずフューネラルに連絡して回してもらおう
灰原古凛:「ええ。貴方たちに七瀬市の未来を託します。どうぞ使ってください」

神姫:私も普通の[MPポーション]狙いで。#2d6+4(ダイスを振る)出目「4・1」で達成値9‥‥
“ぐら様”:念話【‥‥‥‥】 神姫、その賽銭箱をどうする気なのかな?
神姫:「『先行投資』よ。ぐら様は私が死んでもいいのなら考えるけど」
神姫:「私は死なないわ。まだ、この力を受け継ぐものはいないんだし」
玲次郎:基本ルルブからだと、MPポーションかリング類かなあ
玲次郎:#2D6+5 [MPポーション]購入しますね(ダイスを振る)出目「5・1」で達成値11。財産ポイント2点消費で成功。
佳和:あいあい
GM:では、5分小休憩してから、ミドル4へ 
一同:はーい



最終更新:2012年10月02日 03:04
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。