※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「愛のアルカナ パルティニアス」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

愛のアルカナ パルティニアス」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 死してなお愛を説き続けた女性が高次の存在となった。 
 相手の闘争心をいさめる慈愛の光を操る。  
 はぁとが愛を失わない限り、無償で力を貸す。
 
 元主人公の契約アルカナ。素直な意味で初心者向け。
 EF持続時間、バースト回復速度、アルカナゲージの増加量と回復力など、立ち回りで重要なあらゆる補正周りが優秀。
 これに飛び道具主体のアルカナ技と相まって非常に使いやすい。
 立ち回り全体を強化できるため、迷ったらこれ選んでおけばとりあえず安定する。
 ----
 |BGCOLOR(#bfff7f):CENTER:分類|BGCOLOR(#bfff7f):CENTER:名称|BGCOLOR(#bfff7f):CENTER:効果|
 |属性効果|フェンガリ|出始めから攻撃終了まで飛び道具跳ね返し判定付加|
 |その他属性効果|トラペズィオ|2段ジャンプ後に&ref(矢8.gif)入力で一定時間停滞|
-|EF発動中の効果|エクリクシ|必殺技をキャンセルしてアルカナ必殺技を出せる|
+|EF発動中の効果|エクリクシ|必殺技・超必殺技をキャンセルしてアルカナ必殺技を出せる|
 
 |BGCOLOR(#bfff7f):CENTER:分類|BGCOLOR(#bfff7f):CENTER:名称|BGCOLOR(#bfff7f):CENTER:コマンド|BGCOLOR(#bfff7f):CENTER:シンプル|
 |必殺技|ロズ スフェラ ☆|&ref(矢2.gif)&ref(矢3.gif)&ref(矢6.gif)+E||
 |~|ロズ トクソ ☆|&ref(矢6.gif)&ref(矢2.gif)&ref(矢3.gif)+E||
 |~|ロズ キクロス ☆|&ref(矢2.gif)&ref(矢1.gif)&ref(矢4.gif)+E||
 |超必殺技|ウラニオ トクソ ☆|&ref(矢6.gif)&ref(矢4.gif)&ref(矢1.gif)&ref(矢2.gif)&ref(矢3.gif)&ref(矢6.gif)+E||
 |~|トリス スフェラ ☆|&ref(矢2.gif)&ref(矢3.gif)&ref(矢6.gif)&ref(矢2.gif)&ref(矢3.gif)&ref(矢6.gif)+E||
 |アルカナブレイズ|イリオス スフェラ|&ref(矢2.gif)&ref(矢3.gif)&ref(矢6.gif)+A+B+C||
 
 
 &bold(){☆属性効果}
 ・フェンガリ
 溜めEのモーション中に飛び道具を跳ね返せる効果が付く。
 えこのアレとかアレも跳ね返せてオモシロいことになる。
 
 
 ・トラペズィオ
 実際は停滞ではなく、落下速度が緩やかになる。
 降下中はレバー左右でゆっくりと左右移動。攻撃ボタンを押すか、レバーを離すと解除される。
 
 
 &bold(){☆エクステンドフォース効果}
 ・エクリクシ
 必殺技・超必殺技をキャンセルしてロズスフェラ、ロズトクソ、ロズキクロスを出すことができる。
 活用できる場面が少なく、結構忘れられがちなEF効果。
 また必殺技といってもなんでもかんでもキャンセルできるわけではない。
 当たり前だが投げ技なんかはキャンセル不可能。
 他にもあかねの風舞いやペトラの避けのような攻撃判定を持たない技も不可能。(ペトラは避けからの派生打撃はキャンセル可能)
 アンジェやあかねの当て身技は、モーションはキャンセル不可、当て身成功後の打撃はキャンセル可能。
 ただし神依の当て身は反撃の打撃が発生する前ならキャンセル可能だが、反撃の打撃自体はキャンセル不能。
 このはの手裏剣やキャサリンのミサイルのような飛び道具ももちろんキャンセル不能。
 例外としてクラリーチェの爪は飛び道具判定だがキャンセル可能。
 と、色々と制限がある。
 基本的には打撃技しかキャンセルできないと思っておけばいい。
 これが無ければもうちょっと使えたかもしれないのにねぇ……。
 
 
 
 &bold(){☆必殺技解説}
 ・ロズスフェラ
 通称愛玉。若干相手をホーミングしながらゆっくり進む飛び道具を1個発射。空中可。
 遠距離から出してこれを盾にしながらホーミングで近寄ったり、相手の起き上がりに重ねてリバサ潰しをしたり。
 初見では弾速遅すぎて全く使えないように見えるが、実際使ってみるとその便利さが身にしみる良技。
 
 
 ・ロズトクソ
 画面端まで一瞬で届く愛ビームを発射。空中可。
 発生19フレ、ダメージ2200と遠距離牽制に最適。
 空中HITした場合は受身不能時間が長いため、そこから加速NHCして追撃が可能。
 
 ・ロズ キクロス
 飛び道具を吸収するシールドを展開。飛び道具を吸収すると専用の飛び道具で反撃する。空中可。
 ボタンホールドでシールド展開を維持できる。
 反撃の飛び道具は多段ヒットし、反射不能、さらにホーミング性能が非常に高い。
 イマイチ使いづらいがラスボス戦では大活躍。 
 キャサリンの鉄球やなずなの召喚、ドロシーのトランプ(通常技で出すものを含む)など意外なものも吸い込める。
 対飛び道具性能があるのはあくまでシールド部分だけなので、自キャラ部分に飛び道具が当たると普通に食らう。
 そのため単発ヒットの飛び道具には有効だが、多段系の飛び道具(ペトラの跳弾や磁のメランコリアなど)には使えない。
 
 &bold(){☆超必殺技}
 ・トリス スフェラ
 3個一気に愛玉発射。通称、超愛玉。空中可。
 愛玉の弱点として反射されやすいというものがあるが、こちらは3個が若干ずれて移動するためなかなか反射しづらい。
 1発目が反射されて、2発目と相殺しても、3発目が当たる、なんてことが普通にある。
 このため遠距離からこれを出すだけでかなりの有利に立てるという出し得技。
 
 ・ウラニオ トクソ
 ぶっといビームを発射。通称、超愛ビーム。空中可。
 33ヒット技だが、前半8ヒットは1発あたり400ダメージ、後半25ヒットは1発あたり300ダメージと若干ズレがある。
 発生がちょっと遅い(30フレ)ので連続技に組み込める場面が限られるが、
 ダメージ効率がいい技なので狙えるならどんどん使っていきたい。
 
 
 &bold(){☆アルカナブレイズ}
 ・イリオス スフェラ
 パルちゃんが出現して特大の愛玉を発射。
 発生は若干遅く弾速も遅いが、空中ガード不能、発生保障あり、10000ダメージ+追撃可能、飛び道具反射可能、と文句なしの性能。
 ブレイズ後のゲージ回復速度の早さもあり、アルカナブレイズとしては使用頻度が高い方。
 発射位置が高いため、連続技に使用する際には2E等の打ち上げ攻撃から繋ぐことになる。
 空中ガード不能の特性を利用した受身狩りとしても優秀。バーストすら無意味になる最強の受け身狩りになる。
 発生保障は玉が膨らみ始めたあたりから。
 相手の目の前で出したのに対して、相手が適当にコンボ入れて潰そうとすると上からごっつんこする。
 遠距離で出した場合も、その大きさ+空中ガード不能+被ダメで消えないということもあり相手は地上ガードをするしかない。
 これを利用した目眩まし、崩し手段としても馬鹿にできない性能がある。