「グラウンドテクノ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

グラウンドテクノ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *&this_page() / GROUND TECHNO
 //↑楽曲(ジャンル名/バナー上でのジャンル表記)
 //版権曲はポップン16からのものに限り省略可。
 //同じジャンル名がある場合、「ジャンル名(曲名)」という表記。
 【グラウンドテクノ】
 
 '''重低音サウンドズッシリギッシリ!大地も震える尖ったテクノだよ!'''
 //バージョンによって曲説明文に変更がある場合は、後ろに【】で補足しておく。
 #contents
 //初出のバージョンと担当キャラを記載。他機種からの移植の場合は移植元を記載。
 [[ポップンミュージック15 ADVENTURE]]で登場した楽曲。担当キャラクターは[[ズシン]]。~
 [[個人解禁イベント]]「[[わくわくミミニャミ探検隊]]」で登場した[[イベント隠し曲]]。
 //楽曲データ(ジャンル名、曲名、アーティスト名、BPM、難易度(5,N,H,EXの順))
 //レベル変更がある場合はポップン9からをベースとする(ACポップン7~8に収録されている楽曲はこれらのバージョンを基準とした変更)。
  QUICK RESULT / AKIRA YAMAOKA
  BPM:135
- 5b-
- N-
- H-
- EX-
+ 5b-10
+ N-17
+ H-29
+ EX-38
 |>|>|>|CENTER:''新難易度''|
 |CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
 |BGCOLOR(#99ccff):5Buttons|BGCOLOR(#99ff99):NORMAL|BGCOLOR(#ffcc99):HYPER|BGCOLOR(#ff9999):EXTRA|
 |CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
-||||?|
+|×|23|35|44|
 
 |BGCOLOR(#ccff99): 前作のネタ曲、popdodに続いて連続提供したAKIRA YAMAOKAの曲は、popdodの曲コメントにもある通りバスドラの重低音を生かした(おふざけではなく真面目であり、)ハードで本格的なテクノナンバー。アンダーグラウンド系のサウンドを主体としておりラウドボイス(?)などを取り入れることで、珍しく今回テクノが3曲もあるポップンの中でも異色のある曲調になっている。ずっしりとした低音が多いのでIIDXで言うビッグビートに近い感じがするが、目立ったヒット音がない分インパクトが物足りないような…?それでもバスドラのリズムも秀逸で、彼ならでは作曲の幅の広さを感じさせる。&br() ハイパーは一定のリズムを刻むパターンのある配置が中心だが、フルコンボ狙いの難所である中盤の右手トリルでゲージを大きく落とさないように注意しよう。EXは左手で一定のリズム刻みをしつつ、右手で小階段を拾う構成。乱打や階段が絡み、片手で螺旋階段を拾わせる配置が多い中盤でゲージを維持できるかがポイント。終盤は片手動作によってたたみかけるようなラッシュで落としにかかるので、体感的には個人差が生じるかも。&br()|
 //**他のBEMANIシリーズへの収録
 //[[機種名]]~
 //-備考を記載(別バージョンで収録など)
 //
 //''[[機種名]]''~
 //他の機種からの移植の場合は初出した機種を太字にする
 //
 //
 //
 //
 //
 //**その他関連
 //BEMANI以外で関連しているものがある場合はここに記載。
 
 ----
 //その他の投稿など
 -キャラのズシンが某万博キャラに似ているといわれていたがスタッフにもネタにされている。
 ----
 **収録作品
 //ポップンミュージックシリーズでの収録
 ''AC版''~
 [[ポップンミュージック15 ADVENTURE]]からの全作品
 
 ''CS版''~
 [[ポップンミュージック ポータブル]]
 
 **関連リンク
 //-関連曲~
-[[]]~
+[[AKIRA YAMAOKA]]~
 //[[]]~
 //[[]]~
 
 [[楽曲一覧/ポップンミュージック15 ADVENTURE]]~
 
 //投稿協力: