「初期RAMディスク」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

初期RAMディスク」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 Linuxでは、メモリ上にファイルシステムを作成できるRAMディスクと呼ばれる機能や
-ファイルをファイルシステムとしてマウントすることのできるループバックマウントという
+ファイルをファイルシステムとして、マウントすることのできるループバックマウントという
 機能を持っています。
 
 上記のような機能を使って、ファイルとして用意されているファイルシステムを
 RAMディスクとしてメモリ上に展開させ、それを暫定的なルートファイルシステムとして
 カーネルを起動し、その後実際のルートファイルシステムをマウントする。
 という起動方法を取ることができます。
 
 この起動用のRAMディスクを初期RAMディスク(Initial RAM Disk:initrd)といいます。
 例えばルートファイルシステムがSCSIハードディスク上にある場合、
 初期RAMディスクにSCSIドライバを用意しておくことで、起動中のカーネルから
 ディスクにアクセスできるようになります。
 但しこの場合、BIOSレベルでSCSIアクセスが可能であることが前提となります。
 
 初期RAMディスクには、ファイルシステムイメージを圧縮したinitrdと、
 cpioアーカイブを圧縮したinitramfsの2種類があります。
 最近のディストリビューションでは、一般的にinitramfsが利用されています。
 2種類の初期RAMディスクを作成するコマンドは以下になります。
 
 -ファイルシステムイメージを圧縮した初期RAMディスクinitrd
  mkinitrd [RAMディスクイメージファイル] [カーネルバージョン]
 
 -cpioアーカイブを圧縮した初期RAMディスクinitramfs
  mkinitramfs -o [RAMディスクイメージファイル] [カーネルバージョン]
  
  #mkinitramfs -o initrd-2.6.30.img 2.6.27
  カーネル2.6.30用の初期RAMディスク/boot/initrd-2.6.30.imgを作成します。