「カーネルバージョン」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

カーネルバージョン」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 カーネルには「2.6.25」というようなバージョン番号が付いており
 昔は、「2.A.B」の3桁でバージョン番号で表しました。
 「A」が偶数の場合は安定版、奇数の場合は開発版と区別していました。
 
 しかし現在では、数値による安定版と開発版の区別はなくなり
 「2.6.A.B」というような4桁で表すようになりました。
 「B」の部分は「2.6.A」の修正リリースです。
 
 また、「A」の後ろに追加される記号でリリースの判別ができます。
 リリース候補は「-rcX」(Xは数値)で表され、
 開発版の要素があるものは「-gitX」と表します。
 
  2.3.97      開発版カーネル
  2.4.22      安定版カーネル
  2.6.9-13     安定版カーネル
  2.6.26-rc2    開発版カーネル
  2.6.26-rc2-git4  開発版カーネル
 
 カーネルバージョンの確認方法は3つあります。
 
 -1つ目は、unameコマンドを使用します。
  $ unae -r
  2.6.14-72.3.1.el9
 上記の例では、オプションに「 -r 」を付けることによって、
 カーネルバージョンを表示することができます。
 「 -72.3.1.el9 」の箇所はエクストラバージョンといい、
 ベンダーやカーネルビルド実行者が任意で指定することができます。
 ----
 
 -2つ目は、/proc/versionを参照します。
  $ cat /proc/version
  Linux version 2.6.14-72.3.1.el9
  以下省略
 ----
 
--3つ目は、カーネルソースからコンパイルしたカーネルを使用している場合、
+3つ目は、Makefileで確認します。
+カーネルソースからコンパイルしたカーネルを使用している場合、
 カーネルの「 Makefile 」を参照することで確認できます。
 カーネルソースがインストールしているトップディレクトリにあります。
  Makefileのあるトップディレクトリ
  /usr/src/linux/
  /usr/src/kernels/カーネルバージョン/
  /usr/src/linux-headers-カーネルバージョン/
 
 Makefileの先頭4行は以下のようになっています。
  $ head -4 /usr/src/linux/Makefile
  VERSION = 2
  PATCHLEVEL = 6
  SUBLIEVEL = 14
  EXTRAVERSION = -72.3.1.el9