「ジョブスケジューリング」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ジョブスケジューリング」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *&bold(){ジョブスケジューリング}
 
 **&bold(){ジョブとは?}
 ジョブとは、コンピュータが処理する仕事の単位のこと。
 特に大型コンピュータでデータを処理する際に、
 いくつかの処理にわけて実行・管理するような場合に、
 その単位をジョブと言うことが多い。
 
 
 **&bold(){【定期的にジョブを実行する】}
 定期的にジョブを実行するための管理は cron(常駐プログラム(デーモン)の一種)機能によって行われる。
 cron 機能は、crond デーモンと、どんな作業をどんな頻度で実行すべきかを記述したスケジューリングを編集する
 crontabコマンドから構成されます。
 このデーモンは crontab をチェックし、何をすべきかを判断します。
 ユーザーは crontabコマンドを使って crontabファイルを管理します。
 
 &bold(){cron とは}
 ジョブ(スクリプト)を自動実行するためのデーモンプロセス
 
 &bold(){crondとは}
 決まった時間に決まったプログラムなどを実行するスケジュール管理デーモン
 
 &bold(){crontabとは}
 スケジューリングを編集するコマンド
 
 **&bold(){【crontabコマンド(設定ファイル)】}
 ユーザは、それぞれのcrontabファイルを「/var/spool/cron」配下に user名 
 という名前で所有しており使用するコマンドは、
 そのcrontabファイルを所有しているユーザの権限で実行されるので、
 コマンド使用の際には注意が必要です。 
 
  crontab [オプション]
 
 |オプション|解説|
 |-e|viエディタが起動して設定ファイルの編集を行ないます|
 |-l|crontabファイルの内容を表示します|
 |-r|crontabファイルを削除します|
 |-u ユーザー名|userで指定したユーザのcrontabファイルを操作の対象とします。|
 |~|なお、このオプションは、rootユーザのみ使用できます。|
 
 **&bold(){cron コマンドの設定}
 
 crontabファイルで、cron コマンドの実行を記述する行は、
 6つのフィールドで形成されており
 &bold(){分 時 日 月 曜日 コマンド}
 コマンドの実行時間をさまざまな形式で指定することが出来ます。
 
 フィールドでは、 '*' を使用することが可能です。 
 
 |フィールド|内容|
 |分| 0~59 |
 |時| 0~23 |
 |日| 1~31 |
 |月| 1~12 もしくは jan~dec までの文字列|
 |曜日| 0~7 [0,7は日曜日] or sun~sat |
 |コマンド| 有効なコマンドを記述します|
 |~|空白を含むことも可能|
-
 
 *&bold(){atコマンド}
 **atコマンドとは
 ・指定した時間にジョブを実行する。
 ※定期的にジョブを実行するのではなく、1 度だけ実行したいときとか。
 ・実行結果はメールで登録者に送られる。
 ・atはコマンドなどを標準入力で指定することになる。
 ・コマンドを入力し終えたら,Ctrlキーとdキーを同時に押すことでatコマンドから抜け出せる。
 
  # at [オプション]
 
 オプション
 |-f|コマンドを記述したファイルを指定する|
 |-l|実行待ちのジョブを表示する|
 |-d|ジョブを削除する|
 |TIME|ジョブを実行する時刻を指定する|
 ※日付は,MMDDYY,MM/DD/YY,MM.DD.YYなどで指定できる。
 ただし,MMは月をDDは日をYYは年の下2 桁を表す。
 時間はhh:mmで指定できるほか, midnight(真夜中),noon (正午),teatime (午後4時)など
 結構柔軟に指定のできる。
 
 
 **&bold(){&u(){ジョブの一覧表示}}
 
 「at」、「batch」、「crontab」などでスケジュールされたジョブを一覧表示する。
 スーパーユーザの権限で実行すると、すべてのユーザーのジョブを一覧表示する。 
 
  # atq [オプション]
 
 |オプション|説明| 
 |-q [キュー]|実行待ちのジョブを確認するキューを指定します。|
 
 
 **&bold(){&u(){実行待ちのジョブの削除}}
 
 スケジュールされたジョブを削除する
 
  # atrm [num]