※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「映画【外国】」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

映画【外国】 - (2006/10/23 (月) 18:15:46) のソース

<h2 align="center">映画【外国】</h2>
<p align="center">
G度:★☆☆☆☆~★★★★★(軽い~重い)</p>
<p align="center"></p>
<table align="center" border="1">
<tbody>
<tr>
<td>
<p align="center">タイトル</p>
</td>
<td>
<p align="center">内容</p>
</td>
<td>
<p align="center">時間</p>
</td>
<td>
<p align="center">G度</p>
</td>
</tr>
<tr>
<td>ジャッキーチェン(題名忘れたけど警官のやつ)</td>
<td>ジャッキーがもよおしてた</td>
<td>始まってすぐ</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>猟奇的な彼女</td>
<td>ブツがリアルで恐ろしかった。</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>スーパーサイズミー</td>
<td>完全にばっちり映ってるから絶対見ちゃだめ。</td>
<td>#</td>
<td>★★★★★</td>
</tr>
<tr>
<td>シックスセンス</td>
<td>気持ち悪かった。</td>
<td>#</td>
<td>
<p align="left">#</p>
</td>
</tr>
<tr>
<td>ベティーブルー</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>スタンドバイミー</td>
<td>
このシーンは、もらいGであるところが、他の映画やテレビのGシーンとは違ったリアルさがあって、私は正視に耐えませんでした。<br>

アップで映った人物が涙目になりながら・・・の箇所や、もらいGが次々と数十人にも広がっていって、私にとっては正に阿鼻叫喚、この世のものと思えないシーンでした。</td>
<td>#</td>
<td>★★★★★</td>
</tr>
<tr>
<td>少林サッカー</td>
<td>知り合いに殴られてて</td>
<td>始めの方</td>
<td>★★★★★</td>
</tr>
<tr>
<td>ジャッキーチェンの出てる映画</td>
<td>数人が石鹸水飲んでOUTしてるシーンは覚えてる</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>幽玄道士(漢字忘れた)</td>
<td>
キョンシーの出てくるやつ。あれも見ない方がいいよ!</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>プライベートライアン</td>
<td>
始まって間もなく。始めの船の上のシーンで多数あり。そこを飛ばして見れば大丈夫だったはずです。しかし内容はグロ多し。</td>
<td>始まって間もなく</td>
<td>★★★☆☆</td>
</tr>
<tr>
<td>グリーンマイル</td>
<td>
死刑囚が電気椅子で処刑されるシーン(スポンジ水でぬらしてない所)処刑のシーンもグロかったけど、その後のやり取りの台詞にGやそれを思わせる不快な会話が多かった。</td>
<td>中盤</td>
<td>★★☆☆☆</td>
</tr>
<tr>
<td>#小さな泥棒</td>
<td>#フランス映画の「小さな泥棒」<br>
主人公が妊娠してつわりG.白いブツをおえっと吐き出す。<br>

大好きな女優さんがAutoシーンやったので、凄くショックだった</td>
<td>#後半</td>
<td></td>
</tr>
<tr>
<td>#カンフー・マスター!</td>
<td>フランス映画。主人公の少年が泥酔して催す。<br>
友達のママンが喉に手つっこんで吐かしてやる。便器に頭つっこませて</td>
<td>#前半すぐ</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>#バックマン家の人々</td>
<td>#子どもが風邪気味でパパが看病してる。<br>
突然子どもAuto,Gがパパの服や顔にかかる。<br></td>
<td>#前半</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
</tr>
<tr>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
<td>#</td>
</tr>
</tbody>
</table>
<br>