「プレッシャーに強くなる30の方法」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

プレッシャーに強くなる30の方法」(2009/11/20 (金) 00:33:34) の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

*&bold(){プレッシャーに強くなる30の方法} +プレッシャーがあるから強くなれる。 +プレッシャーの真の意味とは「教育」である。 +プレッシャーは、あなたへの教育が完了すれば、自然と消えてなくなる。 +タイムプレッシャーを活用すれば、本来以上の自分を発揮できる。 +意気込んでもいいが、意気込みすぎないこと。 +世の中のほとんどは、失敗しても問題がないことばかり。 +「失敗しない」と考えるより「成功させる」と考える。 +失敗したときのことは、そのときになって考えるのがちょうどいい。 +目をつぶって深呼吸し、乱れた精神を整える。 +時間がないときこそ、好きな人とデートする絶好のタイミング。 +全力を尽くせば、最大を発揮できるだけでなく、気持ちの整理もしやすくなる。 +家族の写真からパワーをもらう。 +スランプを乗り越えるには、練習しかない。 +覇気を出すためには、声を出せばいい。 +勝負の世界では「弱気」は一切必要ない。 +腰を曲げていると、気のめぐりが悪くなる。 +他人からの期待は、感謝しつつも気にしすぎない。 +「恥をかかないように」と心がけている人ほど、恥をかく。 +負けて当然の試合で勝つのが、1番の快感である。 +好きなことをやっていると、疲れるどころか元気になる。 +疲れを感じるのは、やりたいことができないとき。 +達成感は、疲れを吹き飛ばす。 +本当にやりたい仕事は、内緒にするほうがいい。 +失敗の原因と改善さえ学ぶことができれば、失敗は忘れたほうがいい。 +いくつかの失敗報告は、一度にまとめてしまえばいい。 +迷うということは、どちらでもいいということ。 +プレッシャーを感じても、力を入れないほうがいい。 +死に直面する出来事以外は、しょせんどれも小さなこと。 +どんなに頭のいい人でも、焦っているときは頭の働きが鈍くなっている。 +プレッシャーに強い人は、失敗を前向きにとらえている。

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示: