※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「『運命の車輪(ホゥィール・オブ・フォーチュン)』」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

『運命の車輪(ホゥィール・オブ・フォーチュン)』」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 「さて……どうしたものか……」 
 
 虹村形兆は自分の「ランダム支給品」に「乗り込みながら」、口の中で呟いた。 
 「荒木」とやらの能力で飛ばされた彼の目の前にあったのは、セダンタイプの、ごくごく普通の乗用車。 
 デイパックの中にあったキーを挿せば、しっかり噛み合う。戸が開く。 
 支給品と共に入っていたメモに書かれていた一言、「真の支給品はお前のすぐ傍にある」、の通りだ。 
 直接戦闘に役立つものではないが、形兆はこの支給品に満足する。 
 クラッチのないオートマ車。免許などの問題はともかく、一応動かすことはできそうだ。 
 未知のスタンドが相手でも、自動車の速度とパワーがあればある程度は優位が得られる。 
 そして何より、移動がラクになる。移動中の隙も減らせる。 
 
 「ここが杜王町だと言うのなら……気になるのは、おやじのことだな」 
 
 現在地は杜王町の駅前商店街の一角。見覚えのある道である。 
 ここが杜王町だというなら、住宅街にある『あの家』には彼らの『父親』がいるはずだ。 
 いや、この無人の街の様子では居ないのかもしれないが、それでも一度は、確認せねばなるまい。 
 そしてもし、あの家に『父親』が居るのなら。 
 
 「おやじを殺せるスタンド使いが、いるかもしれねぇ。あの教会に居た顔ぶれの中に、いるかもしれねぇ。 
  いや、あの中に居なくても……あの『荒木』とかいう主催者ならば、おやじを殺せる可能性があるッ! 
  なんとかして、その『能力』を利用できればッ!」 
 ともかく、一旦自分たちの家に帰る。そして『父親』が居るかどうか確認する。すべてはそれからだ。 
 『父親』が居れば、他の参加者に殺させる算段を考える。あるいは『荒木』に殺させる計画を考える。 
 居なければ――それはその時に考えよう。 
 ……他の参加者といえば、教会で見かけた顔ぶれの中に、気になる人物が2人。 
 
-「億康の奴も、参加者の1人のようだな。またどこかでバカをやってなければいいんだが。 
+「億泰の奴も、参加者の1人のようだな。またどこかでバカをやってなければいいんだが。 
  奴も探したいところだが、弟も一度は家に戻ってくるだろう。 
  つまり、家に帰れば一石二鳥というわけだなァ~っ。 
  あと気になるのは、東方仗助の出方だが……まあ、今は保留か」 
 
-弟の億康は、まず自分の敵になることは無いだろう。今後どうするにせよ、合流しておいて損はない。 
+弟の億泰は、まず自分の敵になることは無いだろう。今後どうするにせよ、合流しておいて損はない。 
 ただ探すにしても居場所の手がかりすらない。同じ群体型でも、『ハーヴェスト』と違って捜査には向かない。 
-億康に遭遇するためにも、一旦は兄弟たちの原点であるあの家に戻るべきだろう。 
+億泰に遭遇するためにも、一旦は兄弟たちの原点であるあの家に戻るべきだろう。 
 一方、先日彼が『弓と矢』を使って『作った』スタンド使い、アンジェロを倒したという東方仗助。 
 形兆にとっては厄介な存在であり、このバトルロワイヤルの中で始末できれば丁度いいのだが…… 
 ただこれは、あまり優先順位の高い問題ではない。後回しにしてもいい。 
 形兆は深夜の街中から自分たちの家に移動しようと、エンジンをかけ、車のライトを点けて―― 
 
 そして、彼は見た。乗用車のライトが照らす闇の向こうに、それを見た。 
 道の彼方から走ってくる、得体の知れぬ巨大な物体を。 
 地響きを立てて迫ってくる、1999年の日本の風景には馴染まぬ『その乗り物』を。 
 
 「あれは……『スタンド』、なのかッ!? いや、実体があるっ!?」 
 
 
  * * * 
 
 「UROWOOOO! 全て蹴散らしてくれるわッ!」 
 
 タルカスは自分の「ランダム支給品」を「乗りこなし」ながら、そのパワーに大いに満足していた。 
 支給品の代わりに、デイパックの中にあった一枚のメモ。「真の支給品はすぐにお前の所にやってくる」。 
 その言葉の通り、自分で走ってやってきた「それ」を、タルカスは豪腕でもってねじ伏せ、乗りこなしていた。 
 技のブラフォードに対しての、力のタルカス。『77の輝輪』の試練を腕力だけで乗り越えた猛者。 
 純粋な腕力だけなら、全参加者の中でも相当高い部類に入る。 
 
 「ふふふ、なんとも古風な『乗り物』だが、こいつらならばッ! 我が力、最大に発揮できるッ!」 
 
 それは、そう、16世紀に生きた歴史上の人物・タルカスから見ても、古い時代の戦争の道具。 
 それが20世紀末の日本の商店街を疾走するのだから異様極まりない。地鳴りのような音が深夜の街に響く。 
 やがてタルカスはその進路上に2つの眩い光点を見つける。 
 タルカスにとっては未来の乗り物。乗用車が放つライトの光。 
 その中に乗っているのは、間違いない。あの首輪のデザインからして、参加者の1人……! 
 
 「UOHHHH! 丁度いい、その貧弱な鉄の塊ごと、踏み潰してくれるぅっ!」 
 
 タルカスは破壊の衝動に駆られて叫ぶ。手綱を使って鞭を入れる。さらに加速するっ……! 
 
  * * * 
 
 「……流石に『アレ』と正面からぶつかるのは良策ではないッ! 戦略的撤退ッ!」 
 
 形兆は素早くバックギアに入れ、急いで方向転換すると……迫ってきた「それ」に背中を向け、逃げ出した。 
 アクセルを踏む。車が加速する。完全に追いつかれる前に、なんとか時速60キロに到達する。 
 しかし「それ」を全然振り切れない。数メートルの間を置いてぴったり車の後ろにくっついてくる。 
 形兆はバックミラーの中の「それ」を改めて観察する。冷静な形兆の額に、僅かに冷や汗が浮かぶ。 
 
 「それ」の先頭で頭を振っているのは、巨大な馬だ。恐竜にも見間違うような異様な馬だ。それが並んで2頭。 
 どういう仕組みになのか、その頭部には針のようなものが何本も突き立ち、しかしそれでも馬は生きている。 
 生きているどころか並大抵の馬より強靭なパワーを発揮して、その後の戦車を引っ張っている。 
 立ち乗りを前提とした古代の二輪馬車の上に立っているのは、こちらも時代錯誤な鎧の騎士。 
 しかもデカい。やたらとデカい。 
 そしてあの体格と顔には、見覚えがある。教会に集められた参加者の中でも特に目立っていた1人だ。 
 
 そう、屍死人・タルカスに支給された『武器』は、なんと吸血馬2頭に引かれた古代の戦車。 
 あのまま真正面からぶつかっていたら、形兆の車はその蹄と車輪に踏み砕かれ、即死していただろう。 
 尻尾を巻いて逃げるのは形兆の流儀ではないが、他に選択肢がなかったのは事実。 
 タルカスの戦車に追われ、車が走っていくのは駅の方向。形兆の目的地・虹村家の方角とは正反対だ。 
 バックミラーの中につかず離れず戦車が居るのを確認して、しかし彼はニヤリと笑う。 
 
 「だが、このまま逃げるだけってのは我慢できねーぜぇぇ! 
  オレは几帳面なんだ。予定を乱されると気分が悪くなるんだ。 
  この化け物に我が『中隊』の力、思い知らせてやるぞぉ~~! 歩兵隊ィ~~! 配置につけッ!」 
 
  *  *  * 
 
 「URRRRYYYY! 逃がすとでも思ったかぁぁあ!」 
 
 タルカスは叫ぶ。叫びながら吸血馬たちに鞭を入れる。 
 路上に放置されていた車を踏み潰し、街灯を薙ぎ倒しながら形兆の車を追う。 
 逃げる獲物を気分良く追い回しながら――しかしタルカスは内心、首を捻っていた。 
 武器が無い。剣でもあれば、戦車を逃げる車の隣に寄せて斬り付けるところだが、しかし今は武器がない。 
 鎖の1本、丸太の1本でいいのだ。何か武器さえあれば、逃げる奴に一撃を喰らわせてやれるのに。 
 手綱を握りながら、考えを巡らしていたタルカスは……そして、車の上に、不思議なモノを見る。 
 
 「URY?」 
 
 僅かに隙間の開いた窓から、乗用車の屋根の上に登ってきたモノたち。 
 それはタルカスの指先ほどしかない、小さな小さな、小人たち。およそ20体ほども居るだろうか。 
 彼らは時速60キロで疾走する車の屋根の上、一糸乱れぬ匍匐前進で這い進んで…… 
 そのまま、伏せたまま綺麗な幾何学模様の隊列を作ると、揃って小さな武器を構える。 
 タルカスがおや、と思った時には、既に遅かった。 
 
 ビスビスビスビスッ! 
 形兆の持つ群体型のスタンド、『極悪中隊(バッド・カンパニー)』。揃ってその小さな銃を放つ。 
 正確な射撃がタルカスの顔面を穿ち、針で刺したような穴が無数に開く。 
 タルカスだけではない、吸血馬にもその攻撃は容赦なく浴びせられて…… 
 
 「な……なんだぁっ!?」 
 
 痛みよりも何よりも、まずタルカスは驚きの声を上げる。 
 これは……この小人たちは、『敵』だ! 
 この小人たちこそが、この車に乗っている男の『能力』であり、『武器』なのだ! 
 
 武器が必要だ。この敵に攻撃するための武器が。反撃のための武器が――! 
 
  *  *  * 
 
 「な……なにぃ~~!?」 
 
 歩兵の一斉射撃が、タルカスとその馬たちを捕らえたその時。虹村形兆もまた、驚きの声を上げていた。 
 限界に近い速度を出している戦車と馬。ちょっとでもバランスを崩せば致命傷ともなる危険な乗り物。 
 バッド・カンパニーの歩兵が撃つM16は決して威力の高い武器ではないが、しかし、当たればかなり痛い。 
 痛みのあまりうっかり乗り手が転落したり、牽いている馬が暴れだしたりする展開を期待していたのだが。 
 左頬に無数の穴を開けられてなお、しかしタルカスは全くダメージを感じていない様子で。 
 馬たちに至っては、撃たれてできた小さな傷が片端から治っていく。 
 
 そう……タルカスは既に死せる屍死人。波紋以外の攻撃では、痛みすら感じない。 
 そして馬たちは、人間の吸血鬼には劣るとはいえ、再生能力を備えた吸血鬼。 
 彼らの驚異的なタフネスの前には、あまりに貧弱過ぎる攻撃であった。 
 
-「し、しかし、我がバット・カンパニーの兵器はこれだけでは……なぁッ!?」 
+「し、しかし、我がバッド・カンパニーの兵器はこれだけでは……なぁッ!?」 
 
 歩兵だけでは埒が明かない、と見た形兆は、さらなる戦力を投入しようとするが。 
 それらが配置につくよりも前に、バックミラーの中に映る光景に我が目を疑う。 
 
 ただ追いかけるだけで直接の攻撃手段が一切ない、と思われていた巨漢とその戦車。 
 だが、タルカスはその丸太のように太い腕を大きく構えると…… 
 なんとそのまま、道路脇に立っていた交通標識に、力強いラリアットを喰らわせる。響き渡る轟音。 
 吸血馬のパワーと速度もあいまって、頑丈な標識は僅かに曲がりながらも地面から引き抜かれる。 
 タルカスはそして、端に丸い板のついた鉄の棒を、片手で振り上げる。 
 
 「WWWWRRRRYYYY!」 
 
 タルカスの手にした交通標識が、通りすがりの店の軒先を掠める。『靴のムカデ屋』の看板が吹き飛ぶ。 
 そして巨漢は大声で吼えながら、その交通標識を振り上げて……! 
 
  *  *  * 
 
 パワーが身上のタルカスと、小さいことが強みのバッド・カンパニー。 
 両者の戦いの余波は夜の街を破壊しつつ、しかし爆走は止まらないッ……! 
 【巨象と戦争アリの戦い または はた迷惑なカーチェイスバトル?】 
 
 【杜王駅前商店街/1日目 深夜~黎明】 
  (『靴のムカデ屋』前を通過。今まさに駅の方向に向かって移動中) 
 
 【虹村形兆】 
  [スタンド]:バッド・カンパニー 
  [時間軸]: 仗助と康一が初めて虹村兄弟と遭遇する直前。そのため父親を殺すことしか考えていない。 
  [状態]:屍生人のタフネスやパワーにやや混乱中。ただし戦意は十分、ダメージも皆無 
  [装備]:特になし 
  [道具]:支給品一式、ごく普通の乗用車(AT)(ランダム支給品) 
  [思考・状況]: 
   1)虹村兄弟の家の場所に戻り、父親がいるかどうか確認(今走ってる方向とは逆方向になる) 
   2)億泰を探す(探してどうするかはまだ決めていない。探すためにも一旦「自分の家」へ) 
   3)すぐ後ろのタルカスをなんとかする。あわよくば倒す、最低でも追えないようにして逃げ出す。 
   4)3)のために、歩兵以外の手持ち戦力も繰り出す。 
   5)優先順位は落ちるが……参加者の中にチラリと見た東方仗助に警戒感。 
 
 【タルカス】 
  [種族]:屍生人(ゾンビ) 
  [時間軸]:ジョナサンたちとの戦いの直前。ディオに呼ばれジョナサンたちと初めて対面する前。 
  [状態]:バッドカンパニーの歩兵から銃弾を受けたが、蚊に刺された程度のダメージもない。戦闘の高揚。 
  [装備]:吸血馬×2頭+チャリオット(ランダム支給品)、へし折った道路標識 
  [道具]:支給品一式 
  [思考・状況]: 
   1)殺し合いのゲームに乗る(ただしDIOやブラフォードと遭遇した場合どうするかは、まだ考えてない) 
   2)1)の延長として、目の前の形兆を倒す 
   3)まずは、この凶器で殴りつけてやる! いや、投げつけるか?! 
 
  [備考]:この2人の移動しながらの戦いはかなり激しい。 
     通過する街並みの近く・あるいは進行方向に第三者が居れば気付かれる可能性大。 
 
 *投下順で読む
 [[前へ>ヘヴィだぜ…]] [[戻る>1日目 第1回放送まで]] [[次へ>「不安」と「安心」]]
 
 *時系列順で読む
 [[前へ>『擬制と犠牲』]] [[戻る>1日目 第1回放送まで(時系列順)]] [[次へ>開戦]]
 
 *キャラを追って読む
 |虹村形兆|32:[[『Oh! That's A Car Chase!!』]]|
 |タルカス|32:[[『Oh! That's A Car Chase!!』]]|