カーズ2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カーズ2はカーズの続編である。
カーズシリーズの二作目であり、制作はピクサー・アニメーション・スタジオ。
+...


参考情報

監督 ジョン・ラセター? ブラット・ルイス?(共同監督)
脚本 ベン・クイーン?
制作会社 ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ
公開 2011年6月24日
2011年7月30日
上映時間 113分
製作費 $200,000,000
興行収入 $559,852,396(全世界)
30.1億円(日本)*1
前作 カーズ
次回作 カーズ3


概要

元々、2012年に公開予定だったが「Newt」の製作中止のために急遽2011年に公開された。
前作にくらべ、派手な銃撃戦やスパイが登場したり、世界を駆け巡るなど、アクション映画となった。



ストーリー

ピストン・カップで大活躍したマックィーンはラジエーター・スプリングスでつかの間の休息を過ごしていたが、その最中「ワールド・グランプリ」への参加を招待される。最初は参加に躊躇していたマックィーンであったが、イタリア代表のF1、フランチェスコの挑戦や、友人のメーターやガールフレンドのサリーの促しもあり、参加を決意する。メーターもレースに同行することにしたが、このことが後に彼を重大な役割へと巻き込むことになる。

「ワールドグランプリ」はバイオ燃料「アリノール」の有用性を伝えるイベントとして、この燃料を開発したアリノール社のCEOマイルズ・アクセルロッド卿により企画されたものであったが、真の目的は違うものであった。レース中、アリノールを使う車が次々と原因不明の事故を起こす。このことに以前から疑念を抱いていた英国のスパイ、フィン・マックミサイルが危険を冒しながらも秘密裏に調査を進める中、ワールドグランプリは世界中を転戦して行くが、ホリーからの無線のせいで東京での勝利を逃したマックィーンはメーターを責めていた。そして傷心のメーターはチームを離脱し・・・・・。



キャラクター






キャスト

役名 原語版キャスト 日本語吹き替えキャスト
メーター ラリー・ザ・ケーブルガイ? 山口智充
ライトニング・マックィーン オーウェン・ウィルソン? 土田大?
フィン・マックミサイル マイケル・ケイン? 大塚芳忠
ホリー・シフトウェル? エミリー・モーティマー? 朴璐美
マイルズ・アクセルロッド卿? エディー・イザード? 落合弘治?
ルイジ トニー・シャルーブ? パンツェッタ・ジローラモ?
ダレル・カートリップ? ダレル・ウォルトリップ? 福澤朗?
サリー? ボニー・ハント? 戸田恵子
フィルモア? ロイド・シャー? 八奈見乗児?
サージ ポール・ドゥーリイ? 麦人?
シェリフ? マイケル・ウォリス? 池田勝?
ラモーン チーチ・マリン? 樋浦勉
フロー? ジェニファー・ルイス? 片岡富枝?
リジー? キャサリン・ヘルモンド? 森ひろ子?
マック? ジョン・ラッツェンバーガー? 立木文彦?
ミニ? エディ・マクラーグ? 堀越真己?
バン? リチャード・カインド? 稲葉実?
ミアとティア? 吉田仁美?
ザンダップ教授 トーマス・クレッチマン? 青山穣?
フランチェスコ・ベルヌーイ? ジョン・タトゥーロ? 宗矢樹頼?
ブレント・マスタングバーガー ブレント・マスバーガー? ゴロ...いや中村秀利
デイヴィッド・ホブスキャップ? デイヴィッド・ホッブス? 森田順平?
メル・ドラド? パトリック・ウォーカー? 石田太郎
グレム ジョー・マンテーニャ? 花輪英司?
エーサー ピーター・ジェイコブソン? 津久井教生
トッポリーノおじさん? フランコ・ネロ? 西村知道?
オーティス? ジェフ・ガーリン? 小形満?
トンベ マイケル・ミシェルス? 後藤哲夫
伍長?
スシ職人? ダイスケ・ダイス・ツツミ?(堤大介) 酒井敬幸?
トイレのPC? ソノコ・コニシ?(小西園子) 狩野茉莉?
ママ・トッポリーノ? ヴァネッサ・レッドグレーヴ? 沢田敏子?
リーランド・ターボ ジェイソン・アイザックス? 根本泰彦?
シドレー 滝知史?
ロッド・トルク・レッドライン ブルース・キャンベル? 大川透?
赤いグレムリン 高宮俊介?
ルイス・ハミルトン? ルイス・ハミルトン? 岡田貴之?
ジェフ・ゴルベット? ジェフ・ゴードン? 若林秀俊?
セリーヌ・デュファー? 里郁美?
J・カービー・グレムリン ジョン・マイニエリ? 篠原剛?
メーターのPC音? テレサ・ギャラガー? 八木かおり?
イヴァン? スタンリー・タウンゼント? 間宮康弘?
ヴィクトール・ヒューゴ? 斉藤次郎?
ウラジミール・トランコフ? 伝坂勉?
アレクサンドル・ヒューゴ ヴェリボー・トピック? 志村知幸?
アレックス・カービル? 塾一久?
イタリア警察②? 鈴木琢磨?
女イタリア車? 森夏姫?
主催者? 仲野裕?
女王? さとうあい?
ホイーリアム? 秋吉徹?
ジョン・ラセタイヤ? ジョン・ラセター? 原語流用
トッパー・デッキントン3世 なし 不明
その他の声の出演 梯篤司?
瑚海みどり?
大畑伸太郎?
廣瀬仁美?
大原崇?
田久保修平?
樋口智透?
ふしだ里穂?
河田吉正?
白川万紗子?
須嵜成幸?
櫻井トオル?
下山田綾華?
蜂須賀智隆?
平井祥恵?
桜井翼?


日本語吹き替え製作スタッフ

翻訳 佐藤恵子?
翻訳監修 イアン・マクドゥーガル?
演出 向山宏志?
製作 東北新社?

場所



豆知識

  • フィン・マックミサイルは元々前作のカーズに登場予定だった。
  • 東京に出てくるキャラクター(主にギャルカーなど)はメーターの東京レース?からの流用。
  • イギリスにて逃げたペッパーたちを捕まえるために登場した軍事車両たちはUFM未確認飛行メーター?にも出てくる。
  • パリでは同じピクサー作品のレミーのおいしいレストランに出てくるグストーが看板として出てくる(看板なためセリフはない)
  • 東京にてトイストーリー3に出てきたロッツォが看板としてでてる。
  • またフランスの市場にてミスター・インクレディブルとバグズライフのポスターが出てくる。
  • ロンドンのトラックバーにてメリダとおそろしの森に出てくる、メリダや三つ子等が車として登場する。
  • 今作は様々な所にジョンラセターの名前が登場する。
  • アクセルロッド卿が遭難したジャングルはカールじいさんの空飛ぶ家と同じ場所である。
  • 終盤でメーターがアクセルロッド卿を攻めるシーンはトイ・ストーリーのウッディがバズを外に落としたシーンのパロディである。
  • 東京にてロット・トルク・レッドライン?がグレムとエーサーと戦うシーンは007のカジノロワイヤルのオマージュ。
  • ホリーとフィンがビッグトレンベーに閉じ込められてるの時計の歯車の動き方が明らかに違う。
  • メーターに仕掛けられた爆弾はC4爆弾。
  • 東京にてフランチェスコはダートで悪戦苦闘してたが、ラジエータースプリングスでは何事もなかったように通過してる。


ソフト化

  • アメリカでは、2011年11月1日(日本時間:2011年11月2日)、日本では2011年12月2日に発売された。
  • ルートメニュー画面では出場レーサー+メーターの外観と代表国が確認できる。
  • ボーナス・コンテンツとして「メーターの世界つくり話」の新作「飛行機メーター」が収録された。


挿入歌

Perfume「 ポリリズム 」(徳間ジャパンコミュニケーションズ)

  • ワールド・グランプリ、レース前夜のパーティー会場で流れる挿入歌に使用された。J-POPファンのピクサースタッフが監督のジョン・ラセターに推薦し、気に入られたからだという。


サウンドトラック

リリース 2011年6月14日(アメリカ・カナダ)
2011年7月27日
時間 50:02

番号 タイトル アーティスト 時間
1 「ユー・マイト・シンク」 ウィーザー 3:08
2 「コリジョン・オブ・ワールズ」 ブラッド・ペイズリー、ロビー・ウィリアムズ 3:36
3 「モン・クール・フェ・ブルーム(マイ・ハート・ゴーズ・ブルーン)」 べナバール 2:50
4 「ノバディーズ・フール」 ブラッド・ペイズリー 4:18
5 「ポリリズム」 Perfume 4:09
6 「リーランド・ターボの潜入捜査」 マイケル・ジアッチーノ 0:54
7 「フィン・マックミサイルの登場!」 5:58
8 「ウェイターのメーター」 0:45
9 「仲間との再会」 2:22
10 「接触者は誰だ」 1.42
11 「東京での密会」 5.43
12 「大滑走路」 2:41
13 「誰のエンジン?」 1:23
14 「歴史的欠陥車たち」 2:28
15 「変装したメーター」 0:50
16 「ポルト・コルサ」 2:59
17 「欠陥車たちの誓い」 2:16
18 「ゲートに入らないメーター」 1:00
19 「メーターの警告」 1:33
20 「予備の作戦で行くぞ」 2:25
21 「爆弾メーター」 3:19
22 「マックィーンの失敗」 2:18
23 「空飛ぶメーター」 1:05
24 「マイルズ・アクセルロッド 」 2:24
25 「ラジエーター・スプリングス・グランプリ」 1:32
26 「ロケットをもらったメーター」 0:51


ゲーム

  • 海外ではWii、プレイステーション3、psp、Xbox 360、ニンテンドーDS、パソコンゲーム版を2011年6月21日に発売中。
  • 日本国内ではニンテンドーDSのみで、2011年8月4日に発売。


外部リンク

最終更新:2014年09月08日 18:13