「Pixiv投稿小説批評ログ3」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

Pixiv投稿小説批評ログ3 - (2010/08/06 (金) 22:07:49) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

 Pixivの小説機能って何なんだろうな。
 SNSなのに、コミュニケーション機能が弱いという不思議。 
 あれってコミュニケーションレスな中で自己満足を助長することで参加の敷居を極限まで下げているサービスという印象が強いんだよね。
 
 SNSでありながら、一人ぼっちの自己満足世界。
 絵ならまだ、多数のユーザーによるすばやく安いコストで行われる絵の評価によって集合知的な絵の選別が行われる。
 
-小説では、コストが高いためにそれすら期待できない。
-自己満足の安寧の中に小説が沈んでいる。
-
+小説では、ユーザーによる評価コストが高いためにそれすら期待できない。
+自己満足の安寧の中にほとんどの小説が沈んでいる。
 
 
 
 
 
 
 -一つ思うところ
 せめて、サービスを構成する要素間の関係が臨界値eを超えたら面白くなるのにw
 登録者一人が、3人以上の人とコメントをやり取りして、このコメントが3回以上前までのコメントの影響を受ける。
 この状態が導き出せるなら、ユーザー間の情報のやり取りにカオス系的アトラクタが生まれる。
 
 
 Pixivで具体的にいえば平均コメント数が3を超えて、作者とコメントつけた人計4者の間に6回程度のやり取りがあれば、
 コミュニティの情報交換にカオスアトラクタが生まれる可能性が増えて、コメントのやり取りが一気に面白くなる。
 
 とはいえ、外部からの新鮮で生の体験に基づいた情報流入がないとサービスが腐るわけで。
 あまりサービス内でのコミュが異常発達するのも問題なのですよね。
 
 外部からの生の体験に基づいた情報流入、楽しい人生の一部の余暇。 
 ネットサービスはそれ以上の存在になってはいけない。 
 という事も大事だよなと思うのでした。