「リングバスター」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

リングバスター - (2010/04/29 (木) 18:31:52) の編集履歴(バックアップ)


アイディア製作者 堀江伸一 テル番号08057035497

  • ただ今作れるところから少しずつ製作中 最初に書いておきますと3流作品ですいません。




  • 兵器商人のデモンストレーション
「これからリングバスターの一つ一つ機能を説明いたします」
「まずリングの中に閉じ込められている発光している電撃のような網、あれが魔法力で強力、中に手を入れたら蒸発する強力な魔力空間がリング内に構成され魔力が折りたたまれております。」
「魔力があまりに強力なので目に見えるほど」
商人はリングの中に向けて石を投げ入れる。
石はリング内の魔法の網にあたるとジュッという音共に一瞬で蒸発してしまう。
「このように大変強力な魔力をリング内に蓄えております」
「この強力な魔力を元にリングバスターは戦闘を行います」
「ただし普段はとても安全」
「周りのリングが魔法力を発生してそれを閉じ込めているからです」
「魔力はリング内の空間に綺麗に折りたたまれております」

















  • 戦闘モード機能1の紹介
「この兵器の力をお見せしましょう」
「まずは戦闘モードから」
リングを構成するパーツのうちのいくつかがはずれ、ふわりと宙へと浮かぶ。
「リング内の魔力の開放です」
リングバスターの持ち主である武器商人は微笑みながら「ここからがみものです」と隣でつぶやいた。
パーツが一つ開放されるたびに、リング内
魔法の網が少しずつリングからはみ出し始める。
「リングは多数のパーツで構成されており、それぞれが連動して働きます」
「リングを少し解体して、魔力を外部に開放しました」
「まずは、開放した魔力を使って宙に浮いたリングを魔力で操ってみましょう」

「1,2,3」
宙に浮いたパーツと、リングから飛び出た魔力の鎖がつながっていく。
「あの魔力鎖がまあ鎖のようなものです」
「リングバスターはこの鎖でパーツを振り回します」
「回転はじめ」
複数のパーツが恐ろしい勢いで周り、回転がどんどん上がり。
そして回転パーツは射出される。
一気にデモンストレーション用の2階建てレンガの建造物に吸い込まれ。
パーツは一瞬で建物を突き抜けた。
「鎖の魔力UP」
武器商人がさけぶ。
すると突き抜けたパーツとリングバスターをつなぐ魔力の輝きが増し、室内が炎上をはじめた。
「このように魔力鎖は、投石器より強力な攻撃を行い、そしてパーツと本体をつないでいる魔力の鎖が相手を燃やし尽くします」
「城攻めからドラゴン退治、大型兵器の粉砕まで、この兵器の恐ろしさは群を抜いているわけです」
「あ、パーツですが地面に突き刺せば即席バリケードにもなりますし、相手を吹き飛ばすのにも使えます、リングバスターが万能といわれるゆえんです」
会場の隅には巨大な手のパーツなどもあったが、あれも商人の持ってきたものだ。
もしかしたら魔力で操るのだろうか?
見物していた私はふとそう思う。
宙をとぶ巨大な手が敵を一掃したり、巨大さにあった剣を持ったりする様を想像してしまう。
何かのジョークの用でもある。













  • リングバスター機能説明2
「リングバスターの能力はこれだけではありません。」
「これだけなら対地用ですからね。」
「次の機能は対空戦闘能力です。」
「まずはリングを元に戻しましょう。」
宙を飛んでいたパーツや、建物を突き抜けていたパーツが元に戻っていく。

「次はリングバスターの花形兵器、ビーム兵器です」
「これがあればこそ、リングバスターは空中戦艦とも戦えるわけです」
「ビーム発射のためにリング全体モードを変形して螺旋状に変形します」
リングが螺旋に組み替えられ、そしてリング内の魔力が球状に近づいていく。
いかにも弾丸を連想させる
「それでは発射、目標はデモなので目前の建物」
「発射」
そういうと、魔力は螺旋パーツの中で恐ろしい勢いで加速し、そして発光する球体は建物に吸い込まれていった。
即座に爆発。
建物は1階部分を残して屋根が吹っ飛んでいる。
観客席にまで破片が飛んでくる。
「少し威力が強すぎましたかな、はは、どうですこの威力?」
リング内の魔力は弱くなったような、連射は出来ないのかもしれない?
「今回紹介するリングバスターは、この機能のために蓄魔力器を装着しておりエネルギーチャージが早く1分間隔で20発まで発射可能」





  • 元ネタ
リング型兵器
http://www28.atwiki.jp/tohokusf/pages/23.html
こちらに投稿したリング型兵器をもつ4脚の魔導ロボに加筆訂正を施して掲載予定。
リンク先より大幅パワーUPの設定になる予定です。


設定だけなら全部できているので、早く読みたいというかた、もしくはネットにあがる前に設定を買い取りたいというかた(いるのかそんなの?)はこちらにコメントを。
製作速度がアップします。
名前:
コメント:



  • 元ネタ
遺伝子の綴じ込みと展開を写した写真
サスペクターリングの操る兵器、通称蛇の使い方
アニメなどによく出てくる大型4脚ロボ
JRPG作品にでてくる都市。
ビームライフルやカオス系の本、流体力学など。
ネットのどこかで見た交通整理ロボのイラスト
ワンピースにでてくる麦わらのルフィーのゴムゴム能力
などを元ネタにロボ設定を作成。




普通の人はたくさんのことが出来て、色々出来ることの中に「女性と仲良くするとかモテたことがあるとか勉強が出来るとか難しい話や仕事も出来る」とか色々できる。
僕の場合、出来ることが少ない。
普通の人から見れば女性を口説く能力しかないやつや、ネームを作るとか難しいことを考えるのに特化しているやつって偏りすぎていてどっちもどっちなんだろうな。
普通から見ればどっちもどっち、20才あたりこえてそれじゃ世間では駄目男。
でも恋愛の場合たった一人の人とでも人生を幸せにおくれたり恋愛が楽しければいいのが人生のいいところ。