「ハインリヒ南進」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

ハインリヒ南進 - (2009/03/09 (月) 16:16:45) のソース

C21同人小説ギガンダム討伐後日談ハインリヒ南進

アイディア製作者 堀江伸一
ハンドルネーム Sinaさん。
住所 675-0033-79-16


ギガンダムにより、南の要塞と領土を失ったハインリヒ。
ここでは小説において使用する彼に関する設定と、今後の作戦活動を掲載する。




聖騎士にして偉大なる知恵者、法の守護者にしてグレイゼム大陸の真の領主たるハインリヒに関する設定。
この説明は北朝鮮ではなく中世の言葉使いのまね。



ハインリヒの制定した法律
習慣法を元に天使軍共通の(知性化した動物も含めた)人権法を編みこんでいる。
ハインリヒは土地と深く結びついた領主であり、裁判の裁定も行っている。
これは土着の領主にとって重要な仕事である。
作品には登場しないが、ハインリヒは南の領土を失って後も係争や裁判を継続するために伝令部隊を組織、
南の一部地域に判決を届けさせている。


ガルドの習慣法は小勢力同士のいざこざを解決するためのものが多い。
これは、小勢力が割拠してきた歴史があるためである。
ガルドの厳しい自然のなかで形成された法でもあるため、相互扶助の精神も強く存在する。
助け合いと強者をあがめる弱肉強食の精神、これら2つが矛盾しながら共存している点がガルドの法律の特徴となっている。


ガルドの法律は都市と辺境に大別され、辺境では相互扶助の精神が強く、
都市では合理的な商取引や設備維持や公共財などに関する法律が多い。
都市には都市の、地方には地方のルールが存在する。





部隊
ギガンダム討伐後ストーリー。
ギガンダムにより南の要塞を破壊され領土を奪われたハインリヒは、臣民に対する保護の義務を果たすため部隊の再構築を行う。
要塞の再建を諦め、悪魔軍オオガタナ配下だった部隊を引き込んで南での足場を作ろうとする。

グランバズがサスペクを救出するために乗り込んだ悪魔軍城砦。
彼はその部隊のなかに知り合いを見つけ心服させ部下としている。
グランバズからその部隊を紹介されたハインリヒは、その部隊を仲介役とし元悪魔軍オオガタナ配下の師団と接触。
共闘の調印を城砦にて行う。


リベルフォンは大陸中の勢力に顔が利くので、方々に声をかけて回り遊撃部隊を結成。
これら遊撃部隊や元悪魔軍や南に残した幾つかの秘密倉庫や元悪魔軍城砦を足がかりに、ハインリヒは南での遊撃戦を行う。





グレイゼム大陸南の戦況
悪魔軍オオガタナ配下だった部隊のうち独立した連中も含め、小勢力がひしめいている。
悪魔軍から離脱したものの、補給がないため困窮してはじめている部隊が増加中である。
天使軍悪魔軍共にこれら部隊の引き込みを狙い、両軍多数の特使を送っている。
両軍の特使が独立勢力の城砦の前で出会ったエピソードは、歴史マニアの間でも有名である。
両軍からより良い条件を引き出そうと交渉する部隊、独立するための基盤を作ろうとした部隊、土着勢力に吸収された部隊、
軍をやめ本国に引き上げたものもおり複雑な様相を呈した。




ケミカルアドレス設定変更。
悪魔軍ケミカルアドレスはギガンダムのグレイゼム大陸要塞破壊作戦では生き残っている。
天使軍本拠で死んだのは影武者だったのだ。




天使軍勢力
元悪魔軍オオガタナ配下の部隊を吸収したハインリヒ。
天使軍ヘラクレイガーのつれてきた救援部隊(他の戦況も忙しく常駐している部隊の数は多くない)。
リベルフォンが方々から集めた混成部隊
(一騎当千で野放図な連中が多いが酒好きも多い、噂によるとリベルフォンは一緒に酒を飲んだとき会話が楽しい連中を選んだとか)




悪魔軍勢力
砂の星ガルド担当となったケミカルアドレス、彼配下の機械化部隊とオーガー部隊が活動中、北への進行を窺っている。
ケミカルの部隊は強力だが数が少ないため、標準装備の悪魔軍師団も増援として送られ展開を始めている。