「日記2010年2月」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

日記2010年2月」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-住所 675-0033-79-16
-兵庫県加古川市加古川町南備後79-16
 名前 堀江 伸一(ほりえ しんいち)
 
 &counter()
 
 *2010/2/2その2
 -クイズ
 SF用エンジンの分析。
 &ref(SF超伝導電磁推進エンジン1-2.jpg)
 
 今日はこの図の分析。
 超伝導電磁推進エンジンの模式図である。
 超伝導電磁推進エンジンとは、コイルに電流を流してフレミングの左手の法則により海水を加速させて推進力をえるエンジンである。
 
 赤いパイプが電流の流れ、パイプの中には海水がぎっしりつまっている。
 赤いパイプに電流を流すと、中の海水が加速されて推進力が生まれる仕組みである。
 図の下からパイプに海水を取り込み、パイプはエンジンの内側、中川、外側をとおり海水が画面上部のパイプ穴より上に排出される。
 
 
 コイル全体は近似的にトーラスの表面型になるよう巻いており、パイプは最初トーラスの穴をとおり、次にトーラスの中をとおり、最後にトーラスの外周に沿うように動く。
 
 
 
 
 まずこの図をポンプとしては無問題、加速は完璧、実用はおいておくとしてSFとしては十分である。
 エンジンとしてみた場合SF(エセエフ)と昔からルビを振っていた理由が生まれる。
 推進の原理である。
 
 
 エンジン内側で、最初一番内側にあるパイプが上方向に向かい、上に到達したらパイプが真ん中層に移って下向きに、底辺に達したら一番外側の層にうつり上向きとなる。
 このとき、どこでも海水が加速され、反作用がエンジンに伝わり、それがエンジンの加速に関係する。
 が、これ(内側での反作用+外側での反作用)-真ん中での反作用=0という計算になってしまい、この点での加速は存在しない。
 
 
 さて、ここで問題になるのは加速された海水が噴出するときの反作用である。
 1 これが十分に強いなら問題なく、エンジンになる
 2 弱すぎて問題にならない、まったく反作用のない無反動バズーカ的海水加速装置という面白い発明が生まれる。
 3 その他
 さて読者はどの結論になると思うだろうか?
 理由つきで記述してみよう。
 可能なら、摩擦も考えても良いが。
 
 #comment_num2(size=30,vsize=3,num=20,logpage=クイズ)
 
 
 
 
 *2010/2/2その1
 WiiWereゲームアイディア。
 http://www.youtube.com/watch?v=oDsSIOl4DUc&feature=related
 という動画。
 こんな風にこれできますという動画なんだけど、まねしてやってみると結構難しい。
 こういうこれできますか?動画を集めたパーティゲームをWiiWereで販売してみるとか、投票による得点集計機能を付加してパーティゲームで販売したら意外と楽しそうな気がします?
 
 ああ、もう編集履歴の限界。
 明日は別ページだな。
 
 
 
 
 *2010/2/2
 今日は、編集履歴の残ってない設定集の一覧をリストアップとかしておこうかな。
 と思ったが、意外と編集履歴はきちんと残っているな。
 
 
 -変り種ルービックキューブ勢ぞろい
 回転対称性の高い図形はまだわかるが、内部機構どうなってんの、どんなふうに回るのという不思議なキューブのほうがはるかに多し。
 持ち主は全部遊んだのでしょうか?
 私ならもとに戻せないのが怖くてとても遊べないキューブの山です、私の頭の中のルービックキューブは永遠に3*3*3。
 http://www.youtube.com/watch?v=4M7G3cAb05U&feature=related
 
 動画が出ない場合はこちらで検索。
 Tony Fisher's puzzle collection (just the ones I made)
 
 パズルというのは、昔は海のたびのお供だったそうで、暇つぶしの道具でした。
 冒険心のお供だったのですね。
 現在に通じる室内趣味の中には船員由来のものも多いのだとか。
 長い航海、暇をもてあました船員が作り出したパズルの世界、今となってはよすがですが、こういうことに思いをはせるのも楽しそうですね。
 
 
 
 -海外にはキューブ製作キッドがあるらしい
 ご自分でさがしましょう。
 どんな形を作るか、形の参考はこちらをどうぞ
 http://www5d.biglobe.ne.jp/~MY55029/subA.htm (中学生向けページ)
 
 
 
 -もはや立体タングラムへの道を進み始めたルービックキューブたち?
 まわすたびにどんどん形の変わる不思議なキューブたちの動画。
 http://www.youtube.com/watch?v=67R7nTf733w&NR=1
 http://www.youtube.com/watch?v=FOON1xWROhU&feature=SeriesPlayList&p=2A54367E937C4000
 http://www.youtube.com/watch?v=VrthtzG5HYM&feature=related
 
 
 *2010/2/1その3
 昔のイラストを描きなおしてみたもののあまりうまくいかなかった。
 [[静音性重視のリニア潜水艦]]のページ末尾に今日製作した絵を掲載。
 設計はSFの範囲内の楽しいやつだったのだが、私に絵心や表現力がなかった。
 ショボンなので寝よう。
 それにしても、本命のSF用電動モーター、見た目格好いい歯車の作図とかどうやろうかなあ。
 
 
 最近作図したいもの。
 -その1
 心臓ポンプのような推進用モーターを持つ船や潜水艦の原理設定(昔から考えている)
 -その2
 安定回転させるのが難しいだろう変り種電動モーター、同じ原理が現実にないかいろいろ調べ中。
 
 
 
 
 
 
 
 *2010/2/1その2
 今日のネタ
 *鳩山由紀夫育成計画
 
 -内容
 ***大規模公共事業分類の予算による、数千人規模の政策立案・市場・法律チェック特別チームの立ち上げ、彼らに首相の補佐を行わせる計画。
 -利点
 公共事業として行うので成功しても失敗しても雇用対策になるうえ、貴重なエリート養成・人材交流の場になり、しかも日本全体の政策立案能力の上昇につながる。
 
 -チームの権限
 未定、調査聞き取りのための権限を大幅に付与させておく
 
 -要求される成果物
 社会調査を通じた議会へのアドバイス
 少子高齢化社会にあった、社会全体が低い維持コストで回るようになる暮らしやすい社会の模索。
 そのために時間をかけての仕分けのやり直し、コストの見直しにより社会全体の高コスト老廃物を流しだす。
 将来利益と雇用を生み出す分野の選択と重点配分の提案
 国会での成果発表の時間を特別に設ける
 
 -副次的な成果物
 この事業による人的交流は新しい企業家を生み出す土台となりえる
 
 -守秘義務の適用範囲
 未定
 
 -調査方法
 現場からの直接聞き取りの重視を行う。
 機械的な統計調査では機械的な結論しか出ない、なのでこのチームには熱意と活動力こそが重要。
 
 -進捗状況の管理方法
 最初のうちは、日本という国の状況を把握することを使命とし、新聞記者や銀行員的な足をかけた聞き取りからはじめ泥縄ではじめる。
 こういうものは調べていくうちに形が定まるほうがうまくいく。
 
 -人材
 元銀行員,新聞記者,ポストドクなどがいるが、社会全体のことなので広く募集する。
 
 
 -政策提案時の中立性
 有効な政策に中立な政策など存在しないので、公平な機会のある政策になるように留意させる。
 
 
 
 -ちょっと一言
 #comment_num2(size=30,vsize=3,num=20,logpage=鳩山由紀夫育成計画)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 *2010/2/1その1.5 コーキング作業について
 コーキングガンによるコーキング作業。
 これ、ペンで線を引くみたいに作業できないかなあ。
 
 
 新しいコーキングガンでさっと線を引いたら、あーらびっくり綺麗なコーキングができている。
 という新製品。
 
 製品の要求仕様
 -コーキング時の圧迫と、整形を一回でできること、
 -コーキング時、幅を変化させることができること
 -低コストで作れること、既存コーキングの先端を取り替えるだけとかの簡単な作業で使えるなど
 
 -なにがいいかな?
 マジックインキ方式?糊付け方式?修正ペン方式?ボールペンを巨大にさせたような方式?
 糊付け方式かな?
 
 
 -問題点
 先端を複雑にすれば、コーキングのゴムが詰まる、絶対詰まる。
 儲けは出ない、絶対でない、だって実用品は部品の単価が恐ろしく低いに違いないw
 現場での作業が楽になっても、需要が少ないから大量生産もきかないw
 それに一回やれば何年も持つものなので一手間くらいいいかという気もする。
 
 -利点
 儲けが出なくても世の中作業が楽になってうれしがる人がいるなら、その人たちのために作ってみたい
 
 -コーキング好きな人?
 #comment_num2(size=30,vsize=3,num=20,logpage=コーキング作業)
 
 
 
 
 *2010/2/1 何か最近頭の調子が悪い
 昨日は風邪の名残りか、、、日付を間違っていた、まだ頭が重い。
 それにしても困ったなあ、今年になってから日付のミスが多いぞ、何かの病気?
 一度医者に行くレベルかも?
 
 うーん、あれだな僕のネームを使いたいという人向けの文章を練らないと。
 
 -管理人プロフィールと著作権情報ページ
 このWikiに掲載されている設定集の製作履歴はページの編集履歴と@Wikiのバックアップ(30回以上前の製作履歴)、また設定の各ページ内に記述してある掲示板やPixivの絵描きさんの絵の日付や、質問があれば製作中のメールのやり取りも公開しますのでその日付から確認可能です。
 設定の中に直接日付を直打ちしているのは日記くらいですので、製作日の確認はできるだけそれらのページで確認を取ってください。
 
 
 
 *2010/2/1その0.5 昔作ったもの
 昔、僕のWikiで作ったSF用超電導電磁推進装置、あれ初めて作図したとき、電流の角度を斜めにするとまともに動くようになるのはわかってたんだけど、3DCadに不慣れで力つき、結局電流の角度が間違ったままだったなあと思い出し、現在作図のやり直し。
 今現在掲載しているバージョンでは加速がついてからじゃないとまともに動かないという罠。
 
 最近気づいたのだが、あのエンジン要は、海水をエンジン内で回転させながら加速し、加速がついたところで砲丸投げの要領で後方に噴出する砲丸投げ式エンジンなのだ。
 ↓電流の向きが間違っている砲丸投げエンジンの図、赤い線で表されたのが電流、これの流れる角度を斜めにし、一番外側のパイプが電流の輪の外になるように電流の輪を小さくし外側のパイプの回転方向を反対にすると、効率が上がるのだが。
 &ref(SF(エセエフ用)超電磁電動推進船用エンジン模式図.jpg)
 ↑このエンジン、電流の流れを斜めに直し、カバーをつけて海中に沈めると面白いことになる。
 エンジンの外側を流れる海水が、電流のおかげで綺麗に流れるようになり、それも計算に入れると効率が上がったりするわけだ。
 後は海水の取り入れ口付近に、電気をどんな形で流すかという問題だけになる。
 
 
 -SF用超電導電磁推進装置アイディア2 (2010/2/1 16:30頃追記)
 ちくわ型のエンジン、ちくわの実にあたる部分のなかには、特別な形にあまれた電流が流れている。
 これを1ユニットとして、大量に蜂の巣構造に並べる。
 これにより、結構不思議な形のエンジンが理論上できるのではないかと妄想中。
 計算上はありじゃねという妄想レベルのエンジン。
 そのうち図にしてみよう。
 
 
 
 
 
 *2010/2/1
 超電導電磁推進装置
 なんとも覚えにくく表記のゆれがある名前である。
 今日SF設定用のモーターを作図しようと思ったが、その前に肩慣らしにと昔作った超伝導電磁推進エンジンの図を見やすく作り直そうとかんがえ新しい図を作ろうとしたもののまだ風邪が残っていた、頭が痛いので作図がうまくいかなかった。
 独学なので3DCADの正しい作り方がよくわからず手作業でちまちま作成。
 これもよくない。
 
 それにしても現実のモーターは面白い。
 モーター内側表面のN極とS極がばらばらに加速したり減速したりすることで加減速とかこういう工夫を見てしまうとSFの時代は終わったなあと感じる。
 
 
 
 *2010/1/30 23:33
 よく寝たので風邪も治ってきた。
 それにしても、今度から深夜の朗読はやめとこう。
 朗読というのは文章の推敲にはいいものだが、やはり深夜の朗読は近所迷惑だと思う。
 
 
 
 *2010/1/30
 昨日の晩は風邪にうなされながら、コラムの練習作品を推敲。
 ところどころ朗読しながら決定。
 
 
 -要点抜粋
 鳩山さんは凡才であって、総理の器はない。
 その時々の時流にのるだけの政治家である。
 所信表明でみせた彼の涙はおそらく本物であろう。
 あの涙は自分の実力以上の立場と重責を追わされた人間だけが見せる涙である。
 
 -所信表明の内容について
 
 創価学会系の支持に配慮した。
 日本全体を、ヘルパー施設による巨大な棺おけとしてはならない。
 日本人が望む人権は、欧州的な手厚い介護ではない。
 福祉の充実による人権は、とてもすばらしいものであるが、今の日本が必要としているものはもっと別のものである。
 日本を復活させる勢いであり、パワーである。
 
 
 
 鳩山は凡才である。
 凡才に重責を負わせるなら、良い仕事を望めないであろう。
 もし日本人が良い政治を望むのなら、鳩山の補佐を増やさなくてはいけない。
 必要なのは現場の声を吸い上げ、直接的な聞き取りを重視し、本当に必要な仕事と戦略を見つけ出す補佐たちである。
 予算の捻出についてはこれを公共事業の一環として行うことで、雇用対策となせばよい。
 
 
 彼がアメリカや中国に尻尾を振るのをやめて日本人を愛することを学べば、日本人も彼を拍手をもって迎えるようになるだろう。_