「リンク」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

リンク - (2016/10/23 (日) 22:38:49) の編集履歴(バックアップ)



開発資料


開発ツール


自作ソフト


NES PowerPak

CompactFlash上のROMイメージを読み取り、ファミコン実機でプレイできるツール。
  • メディアによっては読み取りエラーが起きるため、メディアも一緒のお店で購入するとよいかも知れません。
  • ディスクシステムにも対応(要BIOS)しており、ディスクの入れ替えは自動で行われます。
  • PowerMappersを使うとより多くのゲームが動くようになります。
  • ファミコン互換機では上手く動かないようです。
  • 後述のEverdrive N8の方が評価が高いようです。
メディア名 サイズ 速度 状態 備考
SanDisk Ultra 2GB 100x ほとんど読み取りミスがなく、ゲームも問題なく起動する。
GREEN HOUSE GH-CF128MC 128MB -
BUFFALO RCF-X 256MB - v1.20なら動くが、読み取りエラーが多い。
ゲーム画面が乱れることも。
Transcend TS2GCF133 2GB 133x 電源投入後に"File Not Found"と表示される。
ROMイメージを選択した後に"File Not Found"と表示される。
"Loadihg Game..."と表示されたままゲームが始まらない。
PQI BCF15 8GB 150x

  • NES PowerPak - RETROZONE
    • 使い方
    • タイトル画面でAボタンを押すとゲームを選択、スタートボタンでタイトル画面に戻ります。
    • タイトル画面でスタートボタンを押すとコード入力画面に変わります。
      ここでカーソルをStart Gameに合わせてAボタンを押すとゲームが始まります。
    • PowerMappersの使い方
      • mappersフォルダにある全ての*.MAPファイルを、CompactFlashのPOWERPAKフォルダに上書きコピーします。
      • 必要に応じて、slots.powファイルをCompactFlashの任意のフォルダにコピーします。
        コード入力画面でSelect Slot Fileからコピーしたファイルを選ぶとクイックセーブ&ロードが可能になります。


Everdrive N8

MicroSDカード上のROMイメージを読み取り、ファミコン実機でプレイできるツール。