※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「阿修羅の国のアリス」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

阿修羅の国のアリス - (2010/12/26 (日) 15:52:17) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

+名前:"阿修羅の国のアリス"アリス・スプリングス
+プレイヤー名:Dr.RAVE
+使用経験点:15(ブランチ追加1:10 特技1:5)
+性別:女 年齢:12
 
+コロナ:星詠み
+ミーム:テオス/ロンデニオン
+ブランチ:セラフィム/アスラ/隠秘学者
+
+防御属性:
+HP:24/49
+LP: 7/7
+
+基本能力値
+肉体:10  技術:12  魔術:4  社会:10  根源:4
+戦闘能力値
+
+  元値/修正値   
+
+白兵 7/9
+射撃 8/8
+回避 7/7
+心魂 7/7
+行動 8/(25)
+
+宿命:作られし者 特徴:人工生命(シナリオ1回、ダイスの出目1つを6にする)
+闘争:興味    邂逅:任意
+パス:拳帝ジーアからの興味
+
+特技
+特技名      /種別 /能力値 /タイミング /対象 /射程 /代償  /効果
+女神の祝福    /自動 /自動成功/オート   /単体 /シーン/フレア1 /対象の達成値に+代償の数字、1判定1回、自身不可 
+再生の車輪    /自動 /自動成功/オート   /単体 /シーン/全フレア/対象の戦闘不能、死亡、覚醒を解除、HPLP1に。シナリオ1回
+神の戦車L1    /自Lvア/自動成功/常時    /自身 /なし /なし  /社会+2。分類:歩行戦車の常備化コスト+10
+阿修羅神拳    /自  /自動成功/常時    /自身 /なし /なし  /肉体+2。素手のダメージを変更。
+阿修羅百裂拳   /自  /白兵  /メジャー  /単体 /武器 /2HP   /素手で白兵攻撃。ダメージ+肉体20
+諸力召還     /自  /自動成功/ダメージ  /単体 /シーン/フレア1 /ダメージ+差分値。ターン1回
+天上の霞L1    /Lv  /自動成功/オート   /単体 /シーン/フレア1 /BSすべて回復。ターン3回
+夜明けの星L1   /Lv  /自動成功/セットアップ/Lv+1体/シーン/フレア1 /攻撃属性を根源に
+阿修羅懺悔指   /   /自動成功/オート   /自身 /なし /4HP   /情報収集+肉体10
+敵陣一掃     /自  /自動成功/マイナー  /自身 /なし /10HP  /移動と同時に攻撃対象を範囲に
+狂気の天才    /   /自動成功/オート   /自身 /なし /フレア2 /判定を振りなおす。前より低ければ前の出目+2。ターン1回
+スチームミサイル /強  /射撃  /メジャー  /範囲 /シーン/10HP  /技術46+差分値の射撃攻撃。達成値+技術12。種別:誘導兵器の攻撃とする。要《狂気の天才》
+
+装備スロット
+部位 /名前                  /能力  /行動/ダメージ /HP/射程 /備考
+右手 :素手                  /    /  /肉体50+4D6/ /至近 /
+左手 :ガトリングクロー            /    /  /社会40+1D6/ /至近 /白兵+2
+胴部 :礼服                  /社会6  /  /     /15/   /情報収集+2
+その他:ガトリングクローカスタマイズ      /    /25* /     / /   /白兵ダメージ+10
+乗り物:ステッペンウルフ            /社会5  /上記/     /10/   /防御属性:肉体、射撃ダメージ+10(修正済み)
+   :専用ガトリングガン           /    /  /技術46+1D6/ /遠隔 /
+
+一般装備
+メイドと執事(アシスタントクルー):自分のダイス目を1つ6にする。シーン1回
+薔薇十字の指輪:根源+2
+学生証:コスト12以下の食事とサービスの入手判定+2
+
+設定
+「天才のこの私じゃなきゃ、だめなのぉ!」
+「私は天才だから、どこのどんな魔法も拳法も、誰よりも早く習得できるのよ」
+ロンデニオンの上流階級の娘。一流のレディにあこがれるおてんば娘。
+父親に高度な科学技術を教わり、魔術サークルに通って神秘を追っている。
+あるとき魔術サークルで儀式を行った際に突如失踪、しばらくして戻ってきたら謎の知識と拳法、そして使命に目覚めていた。
+ただし「向こう側」の詳細な記憶はほとんど失われている。
+以後、親の目を盗んで「世直しの冒険」に繰り出している。
+肉体の未熟さを自らカスタマイズした歩行戦車で補っている。特に独自開発のトレースシステムが自慢。
+(しかしこうしなければ戦えないことは彼女にとってもやや屈辱となっているようで、指摘すると激怒する)
+
+なお父親は娘のこうした様子に対して反応が落ち着いている…彼も神秘に触れる者なのか、何か感じているのかもしれない。
+なお、アリスの名と苗字をつなげるとメガラニカにある聖地ウルルの近辺の土地の名前となる。