※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「"高貴なる"マスターテリオン」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

"高貴なる"マスターテリオン」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+■パーソナルデータ 
+【名前】“高貴なる”マスターテリオン
+【性別】男(両性具有)
+【年齢】不明 10代後半に見える 
+【外見】髪:アッシュブロンド  
+    瞳:ディープブルー 
+    肌:ホワイト 
+    他:192cm/スリム 
 
+■基本データ
+【コロナ】 執行者
+【ミーム】 ネフィリム/
+【ブランチ】吸血鬼/
+【消費経験点】0(能力値:0 特技:0 装備:0 パスの追加:0 ブランチの追加:0)
+
+■能力値/耐久力
+【能力値】    肉体:6  技術:11  魔術:4  社会:13  根源:4
+【戦闘値元値】  白兵:9  射撃:7  回避:1  心魂:9  行動:9
+【戦闘値修正値】 白兵:10  射撃:7  回避:1  心魂:9  行動:3
+【HP】     元値:28  修正値:31
+【LP】     元値:5  修正値:15
+
+■宿命/特徴/闘争/邂逅
+ 宿命:両性具有  特徴:始原の力  特徴効果:与ダメージ+3
+ 闘争:亡郷  邂逅:ヴァイスフレア
+
+■初期パス
+ 【因縁】“サンジェルマン伯爵”ジル・ド・レエからの好敵手
+
+■準備された装備
+ 部位:名称(必要能力/行動修正/ダメージ/HP修正/射程/備考/参照P)
+ 右手 :イレングランツ        (必:-/行:-6/ダ:【肉】×4+2D6/HP:0/射:至近/CT056)
+ 左手 :               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
+ 胴部 :ローブ            (必:【社】2/行:0/ダ:―/HP:3/射:-/CF131)
+ その他:特殊通信機          (必:-/行:0/ダ:―/HP:0/射:なし/CF130)
+ 乗り物:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
+ 予備1:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
+ 予備2:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
+ 予備3:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―)
+
+■コロナ特技
+【CF091/自/オ/フ1】◆大いなる力
+ 宣:判定直後。[フレア]だけ、対象の判定の[達成値]を減少
+【IJ059/自/常/なし】VF団
+ 【根】以外の任意の能力値+2。12を超えてもよい
+【CF122/自/オ/なし】神の恩寵
+ 宣:判定直前。〔Sin1〕判定の[達成値]+3
+
+■ミーム特技
+【CT052/自/オ/1L】◆不滅存在
+ 宣:シーン終了時。【HP】全回復。取得者は[分類:幻獣]、[防:肉]、[防:技]、《血族》系特技1つを得る
+【CT052/自/ダ/1L】◆血族:ダナイデス
+ 受けるダメージを[【肉】×2]軽減する。取得者は指定した特定の種類以外の血を口にできない
+【CT053/自/イ/効参】薔薇の抱擁
+ [吸血鬼]専用。[死亡]を[戦闘不能]、【HP】0【LP】1に変更。対象の【最大LP】÷2(切上)だけ【LP】を失う
+【CT053/自/効/なし】呪われし接吻
+ 〔Sce1〕エキストラor同意した相手の血を吸い【LP】1回復。シーンに登場していなくても使用可
+【CT053/自/マ/なし】※串刺し公
+ 1シーン【肉】を20にする。他の【肉】変更系特技と重複不可。【LP】1消費
+
+■装備
+[CT056]イレングランツ(部:両/射:至/HP:+0/【肉】×4+2D6。【白】+1、【最大LP】+10)
+[CF131]ローブ(部:胴/射:-/HP:+3/儀礼用有)
+[CF130]特殊通信機(部:一/射:な/HP:+0/次のメジャーの判定+2)
+[RE002]薔薇十字の指輪(部:-/射:な/HP:+0/【根】+2。12を超えても構わない。1個制限)
+[RE002]学生証(部:-/射:な/HP:+0/[獲得コスト]12以下の[食事][サービス]の効果を受ける判定に+2)
+
+
+■属性防御
+ 肉体:○ 技術:○ 魔術:× 社会:×
+
+■戦術、設定、メモなど
+VF団八部衆の一人にして、リオフリード学院の一員。
+かのヴァイスフレアを以ってして「最も美しき吸血鬼」と言わしめた男である。
+その外見は白薔薇の如く優美にして、五月雨の如く静か。
+だが「カオスフレアの血液しか吸わない」と言う誇りのために常に空腹であり、
+口を開けば「喉が渇いた」「腹が減った」と弱音を吐く。
+校内で行き倒れているところもしばしば目撃されており、その事を嘆く生徒・教員は多い。
+なお、常にファンクラブを募集しており、特にカオスフレアには惜しみない愛を注ぐ事で知られている。