ClickJapan@wiki

第8章

最終更新:

oto

- view
メンバー限定 登録/ログイン

第8章:GAME11-12のダイジェスト




GAME11(07/07/17~07/07/25)のダイジェスト


続く鯖重、そして鯖落ち


GAME10は鯖重により力を発揮できなかった日本。
新ゲームになっても一向に鯖状況は改善せず、イアンへの怨嗟の声が上がる。
そして18日午後6時にとうとう鯖がダウン、CCCは長期休みに突入。
住人たちはどのようにして暇を潰すかに全力を傾け始める。


はのちゃんブーム再来
はのちゃんに乗っ取られたwiki
はのちゃん専用ツールが投下され、情報解析部は走行距離をスレに張り出す徹底ぶり。
何だかんだではのちゃん日本一周は大盛り上がり。

また、この間に外交官が台湾PTTに潜入したり、台湾大使来日オフが開かれたりする。
台湾では 台湾国内大学対抗のクリックゲーム が開催。


5日ぶり CCC復活!!

23日20:27 長期メンテが明け、待機していたクリッカーたちが一斉に起きはじめる。
再開30分後には意地の逆転!!!
だが、徐々に台湾に分速を上回られ再逆転される。

疾風の板別ランキング導入や代理砲台の登場など、台湾越えの策を研究する日本。
一方、3位のハンガリーも分速10万を叩きだす。
しかしノリにノった台湾に追いつくことはできず、無情にも終了日が訪れる……。

GAME11のグラフ


GAME11の結果

日本はわずか800万差で敗れる。
優勝は台湾、3位ハンガリー。


分速の安定度ではもはや並ぶものはない日本。
だが、相手はそれ以上の地力を持っている。
ここから更に飛翔するきっかけが必要だが・・・。

台湾5連勝おめでとう! 参加者の皆様、お疲れ様でした。

GAME11 海外からの頂き物


GAME11 日本の作品



GAME11のヘッドライン&状況・実況


GAME12(07/07/25~07/07/30)のダイジェスト


古豪復活


GAME5で日本に敗れて以来、首位争いから外れ燻っていたハンガリー。
もはや再起は叶わないかに見えたが、GAME11終盤突如として息を吹き返す。
クリックのかつての雄、洪国の復活劇が始まった。

GAME12開始後、いきなり2位に躍り出るハンガ。
日本は久々の3位スタートとなり、ハンガついに覚醒かとスレが色めきたつ。
ここにきてクリックは三つ巴の持久戦の様相を呈してきた。

日本は二度ハンガを抜くも、止めることはできずに抜き返される。
分速14万で猛追するハンガに台湾PTTにも動揺が広がる。
そして26日5:45、ハンガリーついに悲願の首位返り咲き!


対等の渡り合いを見せる台湾とハンガ。
しかし日本は、連敗や嘘じゃぼけによるモチベ低下で停滞の中にあった。
そのため他スレや他サイトへの宣伝が推奨され、力作のチラシなども作られるが、即効にはつながらず苦しい展開が続く。

それと前後し、CCCサイトに「New feature-coming soon!」とのイアンからの謎のメッセージが出現。
その翌日、Autoclickボタンが登場。
この仕様変更で、自動認証の先駆けとなり長く日本を支えてきた「AutoClicker」が引退。お疲れ様でした。

99地獄!?


そんなある日「99までしかクリックできなくなった」との報告があちこちで上がり始める。
99規制――BANの代わりに新たに導入されたイアンの罠。
おのずと認証の機会が増え、認証人の手が回らなくなる。
さらに、苦境の日本に追い討ちをかけるように鯖重が襲う。

このままではまずい。
現状を打破するため、人を新たに呼び込みやすいように様々な試みが検討される。
テンプレ改造や非登録制フォーラムの設置、チュートリアル動画の作成。
また、疾風の効果音スキン制作やMac認証用Widget(後のClickJapanWidget)登場など、ツール面でもサポートが続けられた。

そして鯖復活と同時にGAME12は終了し、これらの結果は次ゲームに持ち越されることとなった。

GAME12のグラフ



GAME12の結果

GAME12 日本はとうとう3位転落。

優勝は台湾、2位ハンガリー。


GAME12は台湾に軍配が上がった。
一足先に再起を果たしたハンガリー。
日本は続くことができるだろうか?

GAME12 海外からの頂き物画像など。


GAME12 日本の作品


GAME12のヘッドライン&状況・実況


GAME11&GAME12参戦者、お疲れ様でした
記事メニュー