※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「sizimi」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

sizimi」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+30年もバイク屋やってると、色んな客と出会うんだが
+今でも印象に残ってるのは、マグナ50を買った高校生の少年だね
+あれはマグナ50が発売された頃だったかな
+うちの店にもマグナ50を置いたんだよ
+ハーレーやリッターマシンに乗ってるような大人たちは
+見向きもしなかったんだけど、その少年だけは毎日、店の前からマグナ50を見てたんだ 
 
+雨の日も雷の日も、熱心に通ってるもんだから、声をかけたんだ
+「いらっしゃい。マグナ50が気に入ったのかい?」
+
+少年は一瞬驚いたような顔をしたけど、照れくさそうに笑って言った
+「はい。マグナ50って原付なのにかっこいいから」
+「跨ってみるかい?」
+「いいんですか?」
+「もちろんさ」
+マグナ50に跨った少年の手は微かに震えていて
+「うわぁ…かっこいい!すげぇ~!」
+って感動してやがんだよ。その姿を見てると、俺も初めてバイクに跨ったときはこうだったな…
+なんて思い出しちゃってさ(笑)
+
+
+「バイトして買います!」
+そう俺に宣言してからも、少年は毎日マグナ50を見に来てたな
+バイトの帰りだとかで、閉店10分前に来るのが日課になってた
+そんな少年に心打たれたのかな、ある日、マグナ50を店の前から移動させたんだ
+
+その日も、少年はバイト帰りにマグナ50を見に来たんだけど
+昨日まであった場所にないもんだから、えらくオロオロしてた。そんな少年に声をかけた
+「こっちに来な」
+店の奥に案内すると、そこにあるマグナ50の姿を見て、少年はホッとした様子だった
+「こいつはお前に売るって決めたぜ
+ だからお前が迎えに来るまでは、売らずに置いておくからな」
+『売約済!跨らないでね!』の貼り紙を見た少年の目はウルウルしてたよ
+
+
+
+それから半年後くらいかな
+ついに少年が、マグナ50を手に入れる日が来たんだ
+いざエンジンをかけて、跨ろうってときに、少年が泣いちまってさ
+そのとき店にいた常連たちも、みんな立ち上がって拍手してた
+マグナ50に乗って帰っていく少年の背中は、ちょっと大きくなった感じがしたよ
+
+
+
+それから1ヵ月後くらいだったかな
+少年がマグナ50に乗って、店に来たんだ
+「愛車の調子はどうだい?今日はオイル交換か?」
+そう尋ねる俺に、少年は申し訳なさそうにこう言ったよ
+
+
+
+
+「マグナ50って糞バイクですね…。買い取ってほしいんですけど、査定してもらえますか?」