吸血鬼

「吸血鬼」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

吸血鬼」の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

***吸血鬼について *【生態】 血を糧とし生きる種族。 もっとも、血のみで生きているわけではないようだが。 人の血のみでなく動物の血などでも糧とはなるが、 とても不味いらしい。 血を飲まないと死んでしまうため、仕方なく飲むものもいる。 人に似た姿をし知能が高い。 日光や銀、十字架などに弱いが、 高位の吸血鬼の中にはそれを軽減あるいは克服しているものもいる。 炎や影などを操るものが多くみられ、魔法に長けている。 首元を隠すような服装をよくしており、瞳が赤いのが特徴。 また死亡時には灰となり、遺体は残らない。 極稀に人との間に子を残す者もある。 尚吸血鬼が多いのはリッシュテンであり、一番少ないのは和國。 またハノハノやリオヴィーナの人間は精霊信仰が盛んなため、吸血鬼に対しての敵対心が低い。 *【ハーフ】 吸血鬼と人間の間に生まれた子のことを主に表す。 非常に数が少なく、珍しい。 協会に保護されることが多いが、人間寄りであった場合は 人里で暮らしている者もいる。 10歳頃までは吸血鬼と人間どちらもの性質を持っており そこからは吸血鬼よりと人間よりに分化していく。 10歳まではどちらの場合でも、少量の血液の摂取が必要。 人間寄りに分化した場合、20歳になるころには吸血鬼としての性質は失われ 完全な人間になる。 しかし、20歳までの間は年をとる速度が遅くなるため 実年齢よりも見た目が若くなる。 また、この場合も瞳は赤のままである。 吸血鬼寄りに分化した場合は、血を飲んだ量や能力の使用量などで 完全な吸血鬼になる時期がかわる。 こちらは年をとるのが遅くなり、最終的には成長が止まる。 完全な吸血鬼となった場合は、上位指定となる。 吸血鬼となった場合にも人間に近くなった場合にも 特異点と呼ばれる「能力」が備わる。 人間よりになったとしても多少の魔力が宿ることとなる。
***吸血鬼について *【生態】 血を糧とし生きる種族。 もっとも、血のみで生きているわけではないようだが。 人の血のみでなく動物の血などでも糧とはなるが、 とても不味いらしい。 血を飲まないと死んでしまうため、仕方なく飲むものもいる。 人に似た姿をし知能が高い。 日光や銀、十字架などに弱いが、 高位の吸血鬼の中にはそれを軽減あるいは克服しているものもいる。 炎や影などを操るものが多くみられ、魔法に長けている。 首元を隠すような服装をよくしており、瞳が赤いのが特徴だが、 人間に化けるために瞳の色を隠す眼鏡を着用する者もいる。 また死亡時には灰となり、遺体は残らない。 極稀に人との間に子を残す者もある。 尚吸血鬼が多いのはリッシュテンであり、一番少ないのは和國。 またハノハノやリオヴィーナの人間は精霊信仰が盛んなため、吸血鬼に対しての敵対心が低い。 *【ハーフ】 吸血鬼と人間の間に生まれた子のことを主に表す。 非常に数が少なく、珍しい。 協会に保護されることが多いが、人間寄りであった場合は 人里で暮らしている者もいる。 10歳頃までは吸血鬼と人間どちらもの性質を持っており そこからは吸血鬼よりと人間よりに分化していく。 10歳まではどちらの場合でも、少量の血液の摂取が必要。 人間寄りに分化した場合、20歳になるころには吸血鬼としての性質は失われ 完全な人間になる。 しかし、20歳までの間は年をとる速度が遅くなるため 実年齢よりも見た目が若くなる。 また、この場合も瞳は赤のままである。 吸血鬼寄りに分化した場合は、血を飲んだ量や能力の使用量などで 完全な吸血鬼になる時期がかわる。 こちらは年をとるのが遅くなり、最終的には成長が止まる。 完全な吸血鬼となった場合は、上位指定となる。 吸血鬼となった場合にも人間に近くなった場合にも 特異点と呼ばれる「能力」が備わる。 人間よりになったとしても多少の魔力が宿ることとなる。

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示: