※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • 得点ボードが全面LED。側面の広告も。カナダはスポンサーいっぱい付いていいな。(カルロス)

1E

  • 後攻JJは1投目からコーナーガード。一方先攻スウィーティングはリード2投をハウスに入れる対照的なスタート。途中コーナーガードを切った手玉がセンターガードになりその裏の攻防になるが、両チームともショットの精度が低い。JJのラストロックは白に入れればOKだが敵石3個を見てのドロー。これがまさかの結果に。(カルロス)

2E

  • 3点パターンのJJ、1投目でジャムる痛恨のミス。(カルロス)

3E

  • ケイトリンのランバックダブル。スウィーティングのラストロックは縦にダブれば2点だが。掃いてればいったんじゃないか。(カルロス)

4E

  • 2点パターンからケイトリンが痛恨のミス。先攻スウィーティングはセンターライン付近ハウス内に3個の石。JJ1投目のダブルがジャムり、スウィーティング2投目でヒットロールが決まれば、再び3個がセンターライン付近に固まって、JJは大ピンチになるが。(カルロス)

5E

  • ガードがなくなり後攻の石がハウスに3個。ケイトリン2投目でダブルに成功。ところがここから両軍ミスが続出。スウィーティングのラストロックは距離のあるダブルなら2点の可能性があるが、点差を考えればドローが正解だと思う。(カルロス)

6E

  • 後攻JJコーナー裏のカマーが外されたところで4フットのフリーズ戦へ。(カルロス)

7E

  • センターガード裏に縦に積む展開からケイトリンの目の覚めるようなランバックトリプル。スウィーティングのラストロックは縦のダブルで2点の可能性が残った。今度はどうする。(カルロス)

8E

  • コメント(ハンドルネーム)

9E

  • センターガード裏へのフリーズ合戦。オルソンジョンズのところでことごとく後手に廻ってる。(カルロス)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • 1Eで3点スチられても、JJぜんぜんあわてない。一方のスウィーティングの戦術は謎。五輪がかかった大会でこんなに保守的でいいのかな。7Eのダブルは狙っていい場面だと思う。失敗しても1点は残せるだろう。ただし、両軍ともカナダにしてはミスの多い試合。大会序盤はこんなもんか。(カルロス)