※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • ホーマン初戦のキャリー戦を落としてる。ティピンって誰?(カルロス)

1E

  • コメント(ハンドルネーム)

2E

  • コメント(ハンドルネーム)

3E

  • 後攻ホーマン、敵のミスもあり石が溜まり始める。コーナーの石を打てば3点パターンだが、2点あれば十分ということでセンターガード切り。これは納得の作戦。しかもガードが自玉なのでコーナーの石に飛ばして3点目を作る可能性も狙ってる。直後にコーナー裏に絶妙のカマーを食らうが、ミスキュー2投目のゆるいヒットがそれ以上に絶妙。ホーマンのラストロックは長考の末3点狙いのレイズ。こんなの決まるのか???(カルロス)

4E

  • コメント(ハンドルネーム)

5E

  • コメント(ハンドルネーム)

6E

  • コメント(ハンドルネーム)

7E

  • 後攻ホーマン、1投目はダブル失敗、2投目ダブル決まれば4点だが。(カルロス)

8E

  • 2点を追いかけるティッペン、スチールのチャンス。ドローで1点の選択肢もあるが、ホーマンのラストロックはこのショットで試合を決めるアングルショットを選択。さて……。(カルロス)

9E

  • ガードのダブルピールではなく、コートニーのポケット狙いのドローを選択したがガードにかかる。しかし先攻のポケット狙いも決まらない。ミスキュー1投目が石4個を動かし打開。2投目のドローはわずかにT奥。スキップ勝負でスチールの可能性が残ったが……。(カルロス)

10E

  • ウィーグルのウィックがなかなか2本完璧に決まらず、ここまで3連続スチールの遠因になっている。(カルロス)

エピローグ

  • 3Eのラストロックはしびれた。ミスキューのコールも完璧だった。もう五輪代表はホーマンでいいよ。(カルロス)