※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • ケイトリンはMDで平昌五輪出場のため欠場。(カルロス)

1E

  • コメント(ハンドルネーム)

2E

  • コメント(ハンドルネーム)

3E

  • 後攻JJ、サードにトップ8の指示。ワンツースリーを作りつつ、左から右へのダブルを狙わせない意図がみえる。ハウス左の縦のダブルはしょうがない。左から右へのダブルをヤラれると、敵の手玉がコーナーの裏に残る可能性がある。(カルロス)

4E

  • コメント(ハンドルネーム)

5E

  • JJの1投目、コーナーの敵石の脇までロール。やはりショット選択がいちいち味わい深い。先行のフルーリーはセンターガード裏へのロールは狙えなくなる。ところがJJのラストロック、ピールしてブランク狙いはまさかの結果に。(カルロス)

6E

  • コメント(ハンドルネーム)

7E

  • 1点を追いかける後攻フルーリーはここをブランクにして複数エンドを取る戦略。JJはあんがいあっさりそれに付き合った。なんでだろう。次どうせスチールするから?(カルロス)

8E

  • 先攻JJのラストロックは難しいコーナーフリーズ(カルロス)

9E

  • 1点を追いかける後攻JJはブランク狙いかと思いきやコーナードローをせずセンターガード裏狙いだったようす。コマーシャルカットでわからんが。フルーリーのラストロックはハウスの端からセンターガード裏までの長いヒットロール。わずかに顔を出した。おしい。(カルロス)

10E

  • ハウス上方に石が4っつ溜まったところで、後攻JJタイムアウト。すべての石を動かして、挟まれた自分の石をコーナーガード裏に弾けるか。ワンを持ったところで、サード2投目はドローではなく長いヒットロール。うーん味わい深い。先攻フルーリーはここで是が非でもランバックダブルが欲しい!JJラストロックはワンへのノーズヒットだとワンが取れるか微妙。自動アングルショットは微妙に方角がズレてる。ボタンドローで1点が妥当だと思われるが。このラストロックは必見。(カルロス)

エピローグ

  • やっぱJJはスゴい。ショット選択がいちいち非常に勉強になる。なんでその指示なのか、よーく考えるとわかる……こともあるが、最後までわからないこともある。(カルロス)