※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • コメント(ハンドルネーム)

1E

  • アイナーソンのサード、サリーナ・ケーツのドローは引き続き好調の模様。(カルロス)

2E

  • ケーツのカマーまたギリ来た。絶好調。(カルロス)

3E

  • 先攻JJはセンターガードでスチ狙い。アイナーソンはコーナードローからブランク狙いの攻防。(カルロス)

4E

  • 先攻JJは再びセンターガード、アイナーソンはカマーで付き合う。積み合いに。後攻セカンド2投目で薄く弾いてワンスリーを作り、後攻有利の形と思いきや、先攻サード1投目でポケットにナイスフリーズ。ツーを作る。後攻サード1投目がその上に積み、先攻はそこを打たれないようにセンターガード。後攻サード2投目でポケットになっている石を1個外す。これで上を打てれば後攻ワンツー以上が作れそうな状況になった。先攻JJはツーを守りきることができるか……。(カルロス)

5E

  • 後攻JJのラストロックはちょっとズレ過ぎ。不調か?(カルロス)

6E

  • 大量点差を追いかける後攻JJ。コーナー裏の攻撃を諦め、ハウス内の石の裏にドロー。曲がる氷と高い技術があないとできない戦術。ここで先攻サード、ケーツのハウス後ろの後攻の石二つを殺す絶妙のカマー。素晴らしい。(カルロス)

7E

  • 点差が開いたのでここで中継対象から外される。カナダ人は容赦ない。(カルロス)

8E

  • コメント(ハンドルネーム)

9E

  • コメント(ハンドルネーム)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • 4エンドは先攻JJのラストロックが謎。この点差では梅評価が妥当だが、4エンドの攻防が面白いので松評価としてみた。サリーナ・ケーツ、世界選手権で見たくなってきた。(カルロス)