※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



プロローグ

  • JJ、ホーマンともに2敗で決勝T進出。予選の対戦ではJJの圧勝。(カルロス)

1E

  • 先攻ホーマン1投目センターガード。後攻JJの1投目カマーが長くなり、まずは先攻の流れ。近くなってしまったガードを破壊されたところで先攻ホーマンは1点取らせに転換。後攻JJはコーナー裏にヒットロールが決まれば2点もある。(カルロス)

2E

  • コートニーのランバックが決まりコーナーガードが2個。それをダブルするジョセリン。両軍セカンド譲らない。石がコーナーに流れたところから、後攻ホーマンがフリーズの指示。ここからあっさりブランクにするつもりはないと。うまくいかないがJJのロールアウトで結局ブランクに。(カルロス)

3E

  • CMカットでよくわからないが、入ってしまった先攻1投目を後攻ホーマンはヒットしたらしい。ウィーグルの2投目はゴミを噛んだぽい。直後のセンターガードがズレ、後攻もロールアウトがあり、ややグダグダの展開。ミスキュー1投目のカマーがぴったり決まったところから狭いコーナー裏を巡るおもしろい展開。JJ1投目がぴったり決まり、ホーマンはこれをピールしても次にぴったり付けられるとスチールもあるのでそうするわけにも行かない。選択はノーズヒットか。JJ2投目はノーズで残さないと2点のチャンスを与えるかもしれない難しいテイクショット。(カルロス)

4E

  • CMカットでわからんが先攻1投目はハウスに入ってしまったのかも。コートニーの1投目テイクミスで後攻の2点パターン。2投目は見えてる石に構わず、ワンにフリーズに来た。このへんはカナダならでは、というかホーマンならではかもしれない。後攻が狭いコーナーガードを切ったところで、さすがのホーマンもディフェンス転換。しかしホーマン1投目でロールアウトのミス。後攻にワン・ツー・スリーを作られる大ピンチ。縦のダブルが決まらなければビッグエンド。(カルロス)

5E

  • 余裕のある先攻JJは1投目ハウス、2投目でセンターガード。後攻ホーマンはコーナー裏へのカマーに失敗し、早々と後手に回る。コートニーのスルーで更に窮地に。残り3投でタイムアウト。かなりの奇策を用いないと打開は難しい状況から、敵の石をはさんでのスプリットだが手玉が出てしまっては意味がない。先攻JJのガードが前を開けてしまったところで、ホーマン起死回生のタップバックなるか。JJ2投目はロングガードならふたつのタップバックの道をどちらも塞げるとの判断か。(カルロス)

6E

  • 余裕のある先攻JJは3つハウスに放り込む。コートニーはダブル狙いだが手玉はロールしたいところ。ケイトリンのところでコーナーとセンター両ガードをダブルする安全策。手玉がホーマンの石の前に転がるおまけ付き。ホーマン1投目は2点作るにはココしかないという渾身の一投。(カルロス)

7E

  • コメント(ハンドルネーム)

8E

  • コメント(ハンドルネーム)

9E

  • ホーマンのラストロックの位置がセンターライン上ではないのは興味深い。JJが内側にヒットロールしたときに後ろでジャムる位置。実際にそうなったがわずかに手玉が内側。(カルロス)

10E

  • コメント(ハンドルネーム)

エピローグ

  • セカンド対決でジョセリンの圧勝。コートニーは大会通して不調だったかも。(カルロス)