※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「悠久への誘い、鮎阪千夜」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

悠久への誘い、鮎阪千夜」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *悠久への誘い、鮎阪千夜
 
 ■キャラクター名:悠久への誘い、鮎阪 千夜(ゆうきゅうへのいざない、あゆざか ちよ)
 ■性別:女性
 
 **キャラクター設定		
 本名:鮎阪 千夜(あゆざか ちよ)
 生年月日:199X年10月1日
 年齢:17
 血液型:O
 身長:180cm
 体重:58kg
 趣味:読書、小説の創作活動
 好きな食べ物:スモア、チーズナン
 特技:話し上手
 大切なもの:姉との共用ノート
 嫌いなもの:人の話を聞かない人
 
 大阪出身で京都の魔人学園である聖洛(せいらく)女学院高等学校に通う女子高生
 笑顔がトレードマークで明るくいつもニコニコ笑っている。
 争い事を好まず夢見がちで楽観的雰囲気を漂わせているが
 根はしっかり者かつちゃっかり者のしたたかな少女。
 「語り」によって他者を自分の世界の虜にする能力を持っている。
 
 髪型は前髪を七三で分けたショートボブで紺色の髪色をしている。
 
 かつて日々々(ひびか)という名の仲のいい歳の離れた姉がいたが
 ある災害的事件に巻き込まれた際に千夜を助けようとして命を落としてしまい
 千夜はその事をずっと自分のせいだと思い込み気にしている。
 
 大阪弁を話すが、元々方言のあまり出ない地域の育ちであり、尚且つ
 家庭の事情により長期間関東の親戚の家に預けられていた事があり
 更に今現在は京都に住んでいる為か、時折ネイティブからすると
 ちょっとヘンな感じのしゃべり方をしたりする。
 
 というか初対面の人間と戦うであろうC2バトルにおいては
 場合によってはずっと標準語を喋る事すらあり得るかもしれない。
 
 (これはこのキャラの作者が関西弁を話す女の子を出したいという欲望を満たしつつ、
 対戦相手が関西弁に自信のないプレイヤーであった場合の負荷を軽減し、
 更には生まれも育ちも大阪でありながら大阪弁に自信のないこのキャラの作者の
 言い訳にたいへんべんりな親切で優しい設定である)
 		
 **特殊能力『アルフ・ライラ・ワ・ライラ』		
 能力使用時に鮎阪千夜の紡ぐ&font(red){*}物語に触れた者は魅了され
 鮎阪千夜への攻撃、及び「語り」を妨害する行動に抵抗を感じ
 「語り」に触れ続けようとしてしまう。
 
 「語り」の内容が能力に曝された者にとって、興味を惹くものであれば
 魅了の深度が大きくなり、千夜から離れる事すらできなくなる。
 
 逆に「語り」の内容が能力に曝された者にとって、興味の無いもの、つまらないものならば
 魅了の深度は小さくなり、強い決意があれば千夜を攻撃する事もできる。
 
 
 &font(red){*:この物語の定義は「千夜が物語だと思ったもの」であり、その判定は超ガバガバであり}
 &font(red){世間話等の一般会話も「人生という物語の一部」とかそういう屁理屈によって能力効果を発揮する}
 &font(red){というかぶっちゃけなんらかの会話とかをするだけでも効果を発揮できるのでつよいぞ!}
 
 **プロローグSS		
 -[[プロローグSS>プロローグSS(悠久への誘い、鮎阪千夜)]]
 
 **試合SS
 -[[第一回戦SS>第一回戦SS・動物園その1]]
 -[[第二回戦SS>第二回戦SS・病院その1]]
 -[[第三回戦SS>第三回戦SS・河川その2]]
--&s(){第四回戦SS}
+-[[第四回戦SS>第四回戦SS・沿岸その2]]
 
 [[芹臼ぬん子]]<<前のキャラクター|   [[参加キャラクター]]   |次のキャラクター>>[[量橋叶]]
 
 ----