ダークネクロ秘話・2【シナリオ構成過程】

それは製作開始の2日前、滝沢との相談で始まった



「黒沙希:天使と悪魔と人間がでかい事やらかしてその中心に
ダークネクロフィアという闇の要塞があって、その要塞を奪い合い
結果的に悪魔が奪うが、死後の世界で人間が立ち上がり
ネクロフィア2に続く、で行こう」
「滝沢:バカじゃねーのwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:いや、真剣に言ってるんだけどネ(´・ω・)・・・」
「滝沢:ヤダ」
「黒沙希:ホントの話なんだけど・・・」
「滝沢:ヤダァーーー!!!!!!!!」
「黒沙希:いーんだって、バレやしねー(´・ω・)」
「滝沢:意味不明、しかもダークネクロフィアの意味がそのまんま
んでシナリオ滅茶苦茶、バッドエンドという痛いオチ
ネクロ2に続かない、ツッコミ所満載じゃないか」
「黒沙希:意味がそのまんまだから使うのだよ!!!」
「滝沢:ネクロ2に続かない」
「黒沙希:ネクロ2のシナリオを修正すればいい」
「滝沢:作り直す気か貴様wwwwwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:分かった、ネクロ2の作成をやめればいい」
「滝沢:ネクロ2が本命じゃないのかよwwwwwwwwww」
「黒沙希:そうだった、忘れていた」
「滝沢:やめちまえwwwwwっうぇwwwwっうぇwwwwww」
「黒沙希:質問どうぞ」
「滝沢:要塞を奪い合う意味は?」
「黒沙希:欲しいじゃん」
「滝沢:いらねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:実は要塞はホテルで、手に入れると金がガッポガッポとだな」
「滝沢:そんなリアルなRPGヤダァーーーwwwwwwwwwww」
「黒沙希:売ってる武器など「出刃包丁」がいいとこ
ま、最強で「キンチョール」だな」
「滝沢:キンチョールwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:悪魔のボス、そうだな・・・夏休みの宿題」
「滝沢:リアルすぎますからwwwwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:学生にとっては悪魔以外の何者でもねーじゃん」
「滝沢:プレイヤーは学生限定かよwwwwwwwww」
「黒沙希:天使のボス、校長先生」
「滝沢:はぁ!?wwwwwwwww」
「黒沙希:どこの学校でも教頭はウザいが、校長がウザかった試しが無い」
「滝沢:だから学生限定かよwwwwwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:そして装備品は武器、盾、鎧、兜、装飾品、の順に
シャーペン
ペンケース
消しゴム
日の丸ハチマキ
合格祈願のお守り
そして回復アイテムで「シャーペンのしん」だ!!
これが無いと即死しかねない!!!」
「滝沢:受験生かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:前編「A組の竹内くんを抜け!」だ!!
最初の大ボス、二次方程式を倒すのだ!!!!!」
「滝沢:中学生の設定だったのかwwつか、竹内って誰wwwwww」
「黒沙希:最強魔法、カンニング!!」
「滝沢:おかしいおかしいwwwwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:クラインは卒業後、殺し屋となり・・・」
「滝沢:ありえませんwwwwwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:ファリスは魔法使いなので、そで裏に紙がビッシリ・・・」
「滝沢:最悪なヒロインだwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:レクティクは監視の先生を銃で狩る!!!!!!!!」
「滝沢:校内革命かよwwww退学じゃんwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:いや、逮捕」
「滝沢:そこじゃねーだろ突っ込む部分はwwwwwwwww」
「黒沙希:期末試験、要塞は復活する・・・」
「滝沢:はぁ!?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「黒沙希:闇に生贄を・・・」
「滝沢:意味分かんねーよwwwwww主旨ズレすぎじゃんwwwwww」
「黒沙希:ア・・・・!」
「滝沢:ん?」
「黒沙希:願いを1つだけ叶えよう・・・」
「滝沢:は?www」
「黒沙希:いや、キた」
「滝沢:何が?wwww」
「黒沙希:おい、ネクロ2のシナリオ修正しれ」
「滝沢:はぁ?wwwwwwww」
「黒沙希:い や こ れ 真 面 目 に」
「滝沢:あ、マジで言ってる?」
「黒沙希:あぁ、大真面目だ」
「滝沢:どこを?」
「黒沙希:○○○のとこを○○○に」
「滝沢:意味不明なんだが」
「黒沙希:いいか、良く聞け」
「滝沢:おう」
「黒沙希:天使は天国に、悪魔は地獄に、人間は地球にいる」
「滝沢:だな」
「黒沙希:プレイヤーは当然人間なので、地球をベースにする」
「滝沢:だな」
「黒沙希:そう、地球に要塞が「復活する」んだよ、前に1度潰されたんだ」
「滝沢:・・・?良く分からんが、それが最初でいいんじゃないか?」
「黒沙希:分かってないな、お前」
「滝沢:はぁ?」
「黒沙希:いいか、2度目の事件、つまり「昔の伝説の敵も復活した」で
大ボスが作れるじゃないか、それに勝利した時のプレイヤーの喜びは
普通のボスの比じゃねぇ」
「滝沢:おぉ・・・」
「黒沙希:その要塞は実は楽園・・・いや、中に何かあるんだよ、宝か何か」
「滝沢:それが・・・?・・・・・・だんだん読めてきたが」
「黒沙希:その宝こそ「願いを1つだけ叶える宝」なんだよ!!」
「滝沢:やっぱな」
「黒沙希:そして3部族は戦争を起こす、前回人間は優勝し、願いを叶えたのだ」
「滝沢:じゃあ2度目をやる必要が無いじゃないか・・・」
「黒沙希:ア・・・」
「滝沢:だろ?どうすんだよ、最初の戦争は」
「黒沙希:・・・悪魔が優勝、いや・・・それじゃダメなんだよ・・・」
「滝沢:・・・」

このまま考え込み、数時間が経過した

「黒沙希:やはり、人間は優勝したんだよ」
「滝沢:いや、だからそれじゃ2度目の必要が・・・」
「黒沙希:ただし、願いは叶えなかった」
「滝沢:願いを叶えてない?破棄したって事か?」
「黒沙希:それが2度目なんだろうが
だからネクロ2でさっき修正したアソコに繋がるんだ」
「滝沢:あぁ・・・成る程」
「黒沙希:つまり、願いを叶えて貰えなかった」
「滝沢:尚更2度目に参加する奴がいないじゃないか」
「黒沙希:その事実は誰も知らない、優勝者は殺された」
「滝沢:・・・?」
「黒沙希:要塞の奥に眠る「本当のラスボス」に!!」
「滝沢:スゲェ・・・」
「黒沙希:そしてラスボスは優勝者を殺さなきゃならなかった!!!
そして要塞を復活させる必要があったのだ!!!」
「滝沢:それと同時にその宝も復活する、と、だから2度目の戦争が起こる訳か」
「黒沙希:そう!!つまり戦争は「自然の摂理」になっているんだ!!!」
「滝沢:主人公との意図は?」
「黒沙希:前回優勝者の子孫だと知り、人間の代表となる」
「滝沢:・・・・・」
「黒沙希:そして前回同様、優勝する」
「滝沢:だが前回同様、ラスボスに殺される」
「黒沙希:殺されない!!」
「滝沢:どうやって?」
「黒沙希:そのとき、宝は偽者であると気付く」
「滝沢:は?」
「黒沙希:本当の宝はラスボスの心臓、そう、そうだよ!!!」
「滝沢:・・・は?」
「黒沙希:ラスボスは優勝者を殺したんじゃない、食ったんだ!!!」
「滝沢:ワカラン・・・」
「黒沙希:優勝者を食う、数百年後に復活する、つまり、ラスボスは生きてる
生きる為に優勝者を食う必要がある生物なんだ!!!」
「黒沙希:そしてクラインは偽物を見破り、ラスボスを殺す
そして戦争は二度と起こらなくなった・・・そして願いは叶ったのだ・・・」
「滝沢:最ッ高だな、それで行こう」
「黒沙希:ダメだ・・・何かが違う・・・」
「滝沢:まだあるのかよ」
「黒沙希:最後に「コレ!」という感動が無い
プレイヤーに伝える気持ちがないんだ」
「滝沢:・・・」
「黒沙希:やっぱり、願いを破棄しよう」
「滝沢:それじゃ優勝した意味が・・・」
「黒沙希:「願いは努力で叶えるもの、こんなものは必要ない」で通せる」
「滝沢:それでネクロ2に・・・」
「黒沙希:完璧じゃないか、さっきのネクロ2修正部分にピッタリ当てはまる」
「滝沢:だがそうなると1つ、でかすぎる問題が生じるな」
「黒沙希:あぁ、分かってる」
「滝沢:ネクロフィア2、ネクロ1をクリアした者でなければ意味が通じない」
「黒沙希:そう、それだよ」
「滝沢:いいのか・・・」
「黒沙希:ネクロフィア2のシナリオ構成は完璧だ、ネクロフィア2の為だけに
1をクリアすると言っても過言ではない、これで行こう
オレはネクロフィア2のシナリオをこれ以上変える気は無い」
「滝沢:・・・分かった」
「黒沙希:やろうか」



こうしてシナリオは決まった・・・






今回、後半からシリアスになってます(´・ω・)
まさに、衝撃的な思いつきでした
以上、ダークネクロ秘話、第2回【シナリオ構成過程】でした
次回予告【マップ設定】
お楽しみに!!!