34~35話 攻略


「いつものバトルと何かちがう…この不思議な居心地のよさは何だろうな…!?」
「楽しいよ 終わりたくない…どこまでもこのまま走り続けたい気分!!」

東急チーム初戦のヒルクライム。対戦するのは東急5050系の515Rに乗る岩瀬恭子。
一目惚れで猛烈なアプローチをかけてくる相手に、啓介はどう立ち向かう…?

路線は東急東横線。
使用車両は阪急8200系、テーマはマスコンワークです。面倒な場合は片輪ドリフトでサボろうと思えばサボれます。

  • クリア条件:渋谷駅に相手よりも先にゴールする



攻略ポイント

  • 減速するべきところではちゃんと減速する(相手のブレーキ音を参考に)
  • 前半は無理に攻めない(後述)
  • 惰性走行や上り勾配による減速をうまく使う
マスコンワークで攻めたい方向けです。前半も片輪ドリフトガンガンで行きたい方は気にしなくてかまいません。


元町・中華街~反町


「…っつかしーな… いっぱいいっぱいじゃねーか…!?」

  • 勾配と中高速コーナー。恭子と同じペースで走っていけば大丈夫。160km/h近辺は突っ込みすぎたときのリカバーで使う程度で大丈夫。
  • 横浜はだいたい150km/hぐらいから加速しながら通過する感じ。
    • 阪急8200系なら地下区間のコーナーは減速無しのフルノッチでクリア可能。


反町〜菊名


「あせるな… カッカするな… とにかく冷静(クール)になれ!!」

  • 反町直後の長い上りの中速コーナーは上のメーターと相談しつつ、ブレーキをかけカットインに切り替わったら加速。
  • 白楽はノッチオフか少しブレーキをかけて通過。その後左は減速必須。出口で少し急になっているので立ち上がりのタイミングに注意。
  • 妙蓮寺も同じ要領でクリアし、次の左でまた減速必須のコーナー。惰性走行も駆使しよう。突っ込み重視で攻略するもよし。立ち上がり重視で攻略するもよし。そこは人それぞれ。


菊名~日吉


「何だろうな…? 直感だけど あの8200 なんかちがうぜ…」

  • 狭く見通しが良いとも言えない区間だが、反町〜菊名ほど神経質になる必要はない。そこそこ長い直線も現れるので、直線で加速すればある程度は食いつけます。
  • 綱島手前の右上り中速コーナーは勾配による減速を使いつつ出口少し手前でライトニングフルノッチを使いうまく立ち上がろう。


日吉~田園調布


「!! なに…い!?」「…ダーリン!!」

  • 複々線区間へ。ここからスピードレンジが急激に上がります。加速のタイミングが遅れないように。
  • 元住吉手前の左カーブ(線間にある鉄柵を2つ過ぎた先)でドリフトするとイベント。そのまま左車線に転線して地平線(目黒線)へ飛び込みましょう。武蔵小杉で跳ねる車両を見て、啓介が何かに気づきます。
    • なお、地平線イベントの後に目黒線に転線せず、右車線(東横線)に戻ると展開が少し変わります。
  • 新丸子通過後、多摩川手前のコーナーでドリフトするとカットイン。
    • 東横線への戻り忘れと多摩川駅の柵にドリフト特攻しないように。


田園調布~中目黒


「ピョンピョン跳ねるウサギのダンスはここまでだ!! 本物のバトルってヤツを教えてやるぜ!!」

  • 田園調布のトンネルから飛び出しつつ2つめのカットイン。
  • その後の上り勾配を上りきる直前(※目印は先頭車両と歩道橋を前から写している場面)でブレーキを掛けましょう
    • 成功すれば自車が飛ばずにグリップしつつ啓介のセリフが流れ、1両半前に出れます(同人誌版と同様の展開になればOK)。あとは学芸大学や中目黒の島式ホームに注意しつつ、後輪ドリフトなどしながら逃げ切りましょう。
      • なお、失敗した場合は涼介のセリフが入り、自車が飛んでしまい前に出られませんこうなった場合はいくら飛ばしても抜かすことが不可能となります(代官山手前で、啓介が理解していないようなセリフを言う)。大人しく最初からやり直しましょう
  • 自由が丘はカットインで見えない部分に柵があるので、流しっぱなしでクリアはできません(ストーリーには影響ないが)。


中目黒~渋谷


「あばよ…オレは先に行くぜ!!」
「ダーリン!! 行かないでダーリン!!」

  • カットイン後、トンネルのコーナーはそのまま突っ込むと脱線するので注意。
  • 代官山はドリフトで通過すると漫画通りのカットとなります。そのままゴールしましょう。



日吉まで持ちこたえられれば、あとは楽です。
完璧な限界スピードは何度もトライアルしてみないとわからない部分があります。無理に最高速まで加速せずに攻略するのが無難かも。
今回から勾配がスピードへの影響を大きく受けるようになりました。無理にノッチを入れて下りカーブに突っ込みすぎないように。