史上最強の弟子ケンイチ@wiki

風林寺 隼人

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
力が強さではないように、強者が必ずしも勝者とは限らない
初登場 1巻7話 年齢 約500歳
所属 梁山泊 誕生日 ???
異名 無敵超人 身長 2メートル余り
使用武術 風林寺流武術 体重 100kg超
武術タイプ ??? 趣味 散歩、世直し、道場破り、鳥獣戯画収集
弟子 白浜 兼一 好きな物 平和、甘物
武術位階 最高位の達人級 嫌いな物 死合い、戦乱
将来の夢 人類が平和であるように

【概要】
風林寺 隼人(ふうりんじ はやと)
梁山泊の長老。
風林寺 美羽の祖父。闇の一影・風林寺 砕牙の父。
かつて500人もの達人を半殺しにした経歴を持つ。
第二次世界大戦では櫛灘 美雲と共に"闇"と激戦を繰り広げていた。
正確な年齢は不明だが、彼の戦いの記録は戦国時代にまでさかのぼるという。
『若き日の風林寺隼人』


高い眼力の持ち主で、弟子入りに来た緒方 一神斎の危険性にただ一人気付き、彼の弟子入りを断っている。
この一件から、緒方からは最も嫌いな人物として記憶される事となった。
一方で、一影として"闇"を率いる砕牙の真意は隼人にもわかっていない。
また、かつて交流のあったジュナザードについてもその内に秘めた邪悪さを見抜くことができなかったとされている。

武術の世界ではもはや伝説の存在であり、逆鬼 至緒は彼が苦戦する強者などまず存在しないと評していた。
彼が苦戦する人物はシルクァッド・ジュナザード世戯 煌臥之助のみとされる。
彼ら二名は、隼人を相手に決着が付かない程の戦いを展開する事ができたのである。
『ジュナザード亡き今、苦戦する存在は煌臥之助のみ』


決して弟子を取らぬ事で知られており、彼の秘技を知りたがる達人は数多いが、隼人が直接に秘技を伝授したとされているのは弟子の兼一を除けば、御堂 戒緒方 一神斎だけである。
ジュナザードは隼人の秘技のほとんどを知っている例外的な存在(戦闘前、互いの持ち技を明かし合ったとされている)。
逆に、隼人の方もジュナザードの扱う技はほとんど知っており、超人108秘技にはジュナザードの技を加えるなどしている。
また、ジェームズ志場が口伝をもとに流水制空圏を再現したことからその秘技の一端は武術界でも有名である事が窺える。
最も特徴的なのが強者が勝者ではないという持論である。故に、彼は強さで上回る敵にも臆さず、強さで下回る敵にも油断しない精神を維持する事ができた。皮肉にも隼人の宿敵ジュナザードは、隼人の持論を証明する生涯唯一の一敗によって、命を落とす事になった。


【戦闘力】
108の秘技を操る我流の達人。
地上最強と言われる実力者であり、無敵超人と称えられる伝説の武人。
その身体能力そのものが武器であり、その拳は大地を穿ち、蹴りはモーゼの海割りの如く水を引き裂く。
隼人の扱う我流は「風林寺流武術」と呼ばれる一つの流派と化している。
彼の我流は吉川 将吾のように完全な自己流という意味とは異なる。
隼人はあらゆる武術交流を重ね、他流派の技術を取り入れる事で一つの流派として完成させている。
108秘技の中でも、忘心波衝撃人手裏剣は彼が編み出したものではないとされる。

実力はシルクァッド・ジュナザードとほぼ互角であり、過去の戦いでは隼人がわずかに押していたとされる。
(ただし、互いに手加減していたともされており、正確な力関係は不明)。
世戯 煌臥之助ともほぼ互角であるが、こちらは逆に殺意の差で隼人が一歩譲る状況となる。
梁山泊最強の存在であり、久遠の落日の危機に向けて行われる梁山泊での超自由組手では秋雨を相手に勝利し続けている(厳密には互角に近い僅差)。

気の性質は不明。
しかし、の極み・流水制空圏を編み出している事から、少なくとも静タイプは極めているようである。
その凄まじい豪気は気の消失が行えない欠点になるほどである。
なお、視力は本人の気合いで変動し、その気になれば反射望遠鏡をも上回るが、普段は近視で老眼とされる。

【本編】
~「兼一、梁山泊へ」~(1巻)
兼一が初めて梁山泊へ訪れた時、その応対をしたのが風林寺 隼人だった。
経営の苦しい梁山泊に彼を入門させるためにあれこれ手を回し、最終的に剣星のスケベな勧誘で兼一は梁山泊に通うことになった。
その際に、所要で出かけている息子・風林寺 砕牙に関する言及も行った。

~「アパチャイとの出会い」~(12巻)
高額の鳥獣戯画を購入していた事を兼一に知られた隼人は、口封じのためにアパチャイとの出会いを話し出す。
アパチャイとの出会いこそ、隼人が鳥獣戯画に惚れ込んだ要因だったのである。
かつて邪悪な海賊グスコーの用心棒をしていたアパチャイ
その海賊たちに誘拐された子供たちを救うべく立ち上がったのが隼人だった。
アパチャイとの激闘がピークに差し掛かった時、あるデザインが隼人の脳裏によぎる。
「鳥獣戯画ってとっても素敵なデザインかも」。
隼人はそれから鳥獣戯画にハマったのだという。
そんな理由で兼一が納得するわけもなかった。
しかし、隼人は忘心波衝撃によって兼一を記憶喪失にし、強引に口封じを行ったのだった。
なお、この隼人とアパチャイの戦いにおいて、初めて達人級(マスタークラス)という言葉が登場した。
『特A級のムエタイ使い、アパチャイをも圧倒する』


~「初めての修行」~(14巻)
第一拳豪オーディーンに敗れ、破れかぶれな修行を繰り返す兼一。
隼人は兼一に自らの修行を受けることを提案する。
これには梁山泊の面々も驚きを隠せなかった。隼人は武術界でも弟子を取らない事で知られる人物だったのだ。

兼一は武術家としてのタイプ、を選ぶ時期にいた。
隼人はまず闇ヶ谷で兼一を、動タイプを極め修羅堂へと堕ちた男・拳聖へと引き合わせる。
兼一は拳聖との交流を経て、無意識の内にタイプを選択した。
隼人は拳聖の元から帰ってきた兼一に流水制空圏を伝授すべく、その前段階でる制空圏を指南した。
いよいよ流水制空圏を教える段階になった時、新白連合とラグナレクの全面対決が勃発する。
兼一は已む無く修行を完遂する前に闇ヶ谷から帰還したのだった。

~「雪原の戦い」~(21巻)
"闇"のシラット使いシルクァッド・ジュナザードが雪山で兼一たちと接触していた。
ジュナザードは隼人が苦戦の末に勝負を預けた達人である。
それを知る美羽はシラットという武術に強い危機感を抱いていた。
難を逃れ梁山泊に帰還した兼一たちにより、ジュナザードが弟子のジェイハンを葬った事を知る隼人。
ジュナザードの暴挙から、隼人は師より先に弟子を逝かさぬ事を胸に誓う。
ジュナザードとの戦いの詳細は作中では明らかにされなかったが、公式BBSでは隼人がわずかに押していたのではないかと言われている。
また、ジュナザードが作中で兼一の使った流水制空圏を隼人の技として強い反応を示しており、この戦いで流水制空圏を駆使した事が窺える。


~「DオブD」~(26巻)
二十歳の我流Xとして大会に参加する隼人。
弟子級の戦いであるDオブDに、名の知れた達人級の武人・キックの魔獣が参戦していた。
隼人は指一本で魔獣を倒すと兼一たちとの戦いにコマを進めたのである。
DオブDに参加した兼一と美羽に、0.0002%に実力を抑えた隼人が立ちはだかる。
美羽の動の気、そして兼一に修行の途中であった流水制空圏を教える時が来たのである。
隼人は二重身法と二重声法によって二人を同時に訓練する。
二人は見よう見まねで伝授された技を実践し、隼人に攻撃をわずかにかすることができた。
満足した隼人は自らリングアウトし、大会から去ったのだった。

~「レイチェルを巡る戦い」~(37巻)
セロ・ラフマンの弟子、イーサン・スタンレイが兼一に挑戦状を叩きつけた。
焦る兼一に隼人は重心の安定と新たな技の修行を与える。
兼一がイーサンとの戦いに突入した頃、隼人はとある神社で櫛灘 美雲と再会していた。
兼一とイーサンの戦いは、千影に兼一が殺されるところを目撃させ、彼女を"闇"に引き戻そうとする美雲の策略だったのである。
さらに、美雲はイーサンの勝利をより確実なものにする為、ジュナザードの存在を利用し、イーサンに恐怖を植え付けていた。
恐怖を力と考える美雲を嫌悪する隼人は、兼一の勝利の知らせを聞くと、美雲を全力で馬鹿にしながら意気揚々とその場を去って行ったのだった。

~「ティダード王国の戦い」~(47巻)
とあるビルの屋上で逆鬼と本郷の決闘が行われていた。
それを観戦していた兼一と美羽だったが、逆鬼と本郷の戦いが引き分けに終わると、突如姿を現したシルクァッド・ジュナザードが強烈な殺気で本郷を操り兼一をビルから突き落とした。
ジュナザードは美雲から新たな弟子の素材として推薦された美羽を誘拐するつもりだったのだ。
ビルの下から観戦していた隼人はビルから放り出された兼一を急いで救出する。
しかし、その時ビルの上にいる人物がジュナザードであることに気付くことはできなかった。
ジュナザードは完全に気を隠した状態で逆鬼と本郷の攻撃をかいくぐり、美羽を誘拐することに成功したのである。
一瞬遅れてビルの屋上に舞い上がった隼人は全てを悟り、すぐに気当たりの感知によってジュナザードの気配を探るが、完全な気の消失を行えるジュナザードの気配は既に消えていた。


多くを学ぶにはリスクが付き物と考えていた隼人は、美羽と兼一の観戦を許した事を逆鬼に詫びると、単身でジュナザードの捜索を開始した。
しかし、神出鬼没で知られるジュナザードの捜索は容易な事ではなかった。隼人はかつて、ジュナザードと深い交友関係にあった。その為、ジュナザードの居場所となる心当たりがあまりにも多すぎたのである。

ジュナザードを探す内に、隼人はかつてジュナザードが葬ったとされていたティダードの王子・ジェイハンが生きている事を知る。
隼人はティダード王国の乱を止める事が先決であると考え、ジュナザードの捜索を打ち切り、ジェイハンをティダード王国に帰還させる用意を始めた。
ティダード王国では大番狂わせが起こっていた。
一影九拳の一人・本郷 晶が実力の差を覆し、ジュナザードを倒す事に成功したのだ。
ジェイハンを王国に帰還させ内乱を終結させた隼人は、塔の上に立ち続ける宿敵の遺体を複雑な表情で見上げる。
隼人は最期まで弟子から学ぶ事をしなかったジュナザードを鑑み、梁山泊の弟子が兼一である事に幸せを感じるのだった。
『ジュナザードの遺体に語りかける隼人』


~「久遠の落日」~(56巻)
ジュナザードが"闇"にとっても危険な存在であると認知していた隼人。
その死に何者かの思惑を見た隼人はさらなる戦いを予感していた。
そんな時、長老の元に世直しの依頼が舞い込んできた。
"闇"との戦いが激化する中、力持つ者の義務として依頼を受けた隼人。
しかし隼人は、依頼の水先人として現れた老人が変装した來濠 征太郎である事に気付く。
情報を得る好機と見た隼人は來豪を圧倒し、逃亡する來豪を追跡して、とある島へと上陸した。
その島に待ち構えていたのは、二天閻羅王・世戯 煌臥之助だった。
全ては久遠の落日実行に際し、隼人を梁山泊から引き離す"闇"の策略だったのである。

戦の檻に囚われた隼人は互いに食糧を調達しながら激戦を繰り広げる。
煌臥之助に食料調達で差をつけられ徐々に追い詰められるが、
予断を許さぬ戦いの中、熟睡するという奇策に出た隼人は体力で煌臥之助に差をつけ、
さらに、食糧調達の際に見逃した狐の親にも助けられ、煌臥之助に大きなダメージを与えた。
一時的に怯んだ煌臥之助の隙をついた隼人は一瞬にして島から脱出し、"闇"の基地へと向かうのだった。
『一瞬の隙をつき、煌臥之助を撃墜』


隼人が"闇"の基地に到着すると、既に戦いは最終局面を迎えていた。
暗鶚衆の長・穿彗が日本に向けて最新鋭のミサイルを発射したのである。
発射の際に穿彗は死亡したが、ミサイルはすでに上空へ放たれていた。
隼人は美羽たちとの再会を喜ぶ間もなく空を蹴り、ミサイルに向かって飛び上がると、強烈な連撃を加えてミサイルを破壊したのである。
誰もが隼人の死を予感したが、爆発の中心地にいた隼人はマントを使いムササビのように空を滑空し、心配する皆を相手にあっさり生存を確認させたのだった。
なお、ミサイルの爆発に際して秋雨が放った「長老が身罷られた(みまかられた)」という言葉は、かつては地位の高い人物の死に対して死の謙譲語としてしばしば使用された言葉である。
ちなみに、宿敵・ジュナザードが死亡した際にも「身罷られた」という言葉が使用されている。


~「エピローグ」~
美羽と兼一を連れて世直しの旅を行っている。
彼が兼一に敗れたかどうかは判明していないが、最終的には兼一と美羽の結婚を認めたようである。

【技】
分身
海渡
風林寺 押し一手
数え抜き手
拳魔邪神の呪縛
風林寺 戦車返し
風林寺 天降流陣
風林寺 難場走り
風林寺 任力剛拳波
二重身法
二重声法
肺力狙音声
人手裏剣
忘心波衝撃
無影無限突き
流水制空圏
梁山波
真拳 涅槃滅界曼荼羅(しんけん ねはんめっかいまんだら)

【戦闘録】
21巻183話、49巻461話(数十年前) シルクァッド・ジュナザード 引き分け
24巻・209話 呂塞 五郎兵衛 勝利
26巻・230~234話 白浜 兼一風林寺 美羽 敗北(DオブD二回戦。意図的にリングアウト)
35巻・332話 ミートマン 勝利
39巻・366話 來濠 征太郎 中断(來濠が逃走)
531話、543話、566話 世戯 煌臥之助 中断(隼人が逃走)


昨日 - 今日 - 合計 -
最近更新されたページ
記事メニュー

メニュー




更新履歴

取得中です。


最近見られているページ



他のサービス




ここを編集
人気ページ
最近更新されたwiki