※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「【ベホマラチーズ】」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

【ベホマラチーズ】」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *DQⅧ
 [[【トーポ】]]が大好きなチーズの一種。これを彼に食べさせると、味方全員のHPが100~120回復する。
-最後半になるまでは貴重品だが、ベホマズン覚えるのに苦労する主人公にも全体回復が行わせられるので 切り札として使わせるといい。
+ベホマズンを覚えるのに苦労する主人公にも全体回復が行わせられるので 中盤の切り札として使わせるといい。
 ベホマラーのチーズだからベホマラチーズ。何とも安直なネーミングだ。 
 見た目はハート型で緑色。カラフルでかわいいが、食べたくなる色と形であるかどうかは微妙なところ。
+貴重品ではあるが、回復手段が充実してくる終盤になると御役御免となる。山場となる[[【ドルマゲス】]]戦や[[【レティス】]]戦で投入するのが良い。
 
 非売品で、売値は5個までなら800G、6~10個目なら560G、11個目以降は240Gとなる。
 [[【暗黒魔城都市】]]で拾える他、滝の上の一軒家の[[【チーズおじさん】]]から2個貰える(古代船入手~[[【聖地ゴルド】]]崩壊までの間)。
 
 作り方は[[【おいしいミルク】]]+[[【ごくじょうのカビ】]]+[[【アモールの水】>【アモールのみず】]]。
-[[【ふつうのチーズ】]]からではなく、牛乳を敢えてポピュラーな凝固剤を用いず 名水と貴重なカビの作用で凝固・熟成させて作る。
-
-原価的には650Gで作れるので、5個までなら儲けが出る。
+[[【ふつうのチーズ】]]からではなく、牛乳を敢えてポピュラーな凝固剤を用いず、名水と貴重なカビの作用で凝固・熟成させて作る。
+材料はどれも店で買えるので錬金自体はしやすいが、ごくじょうのカビを作るためにも錬金する必要があり、手間がかかる。
 また、これを材料に[[まほうの盾>【まほうのたて】]]と[[ちからの指輪>【ちからのゆびわ】]]とを合わせれば、[[ちからの盾>【ちからのたて】]]が作れる。
+竜神族の里に行けば650Gで作れるようにので、5個までなら儲けが出る。
 
 説明文によると味は「ベホマラー風味」らしい。…ベホマラー風味って何ぞ?
 レシピは妖魔ゲモン討伐後に闇のレティシアの入口から左の家に居る男から聞き出せるのだが、
 ゲモンを倒した後の闇の世界には殆ど用がないため、気付かなかった人も多いと思われる。
 ----