※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「PC/人間/ティルト」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

PC/人間/ティルト」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *[[ティルト>http://swordworld20.hp.infoseek.co.jp/showtime.html?21]] &furigana(てぃると)
 //名称はそのキャラの名称を。○○の部分には、竜の篭のキャラクターシート番号を入力してください。□□□にはひらがなで名前の振り仮名を入力してください
 
 &bold(){愛称}:ティルト
 &bold(){称号}:未定
 
 &bold(){種族}:人間 &bold(){年齢}:15歳 &bold(){性別}:男 &bold(){穢れ値}:0
 &bold(){外見}:肩まで茶色の髪に青の瞳。線の細い美少年…だったが、多少は成長した。多分。
-//#image(○○.jpg,center) 
+
+#image(tilt2.png,center) 
 //画像を使用する時は上の行の頭の「//」を取って、画像のファイル名を○○に入力してください。画像のアップロードは編集から行ってください。
 
 -プロフィール
 放蕩魔術師の父親が博打に手を出して破産。
 夜逃げの最中に一家離散し、行き倒れになりかけていたところをティダン神官に拾われる。
 虚弱体質で頼りなさげだったが、幾多の冒険を経て少しは逞しくなってきた。
 天然年上キラーだが、歌はジャ○アンレベル。
 ファミリアはキジトラ猫のソックス柄。名前はカドル。
 
 -これまでの軌跡
 ※とある依頼でドレイクナイトメアの少女と知り合って以来、人と蛮族の融和の道を探している。
 ※来年の水神様祭に備えて、歌の練習によりいっそう熱が入るようになった。人に聞かせられる程度には成長した…かもしれない。
 
 
 -性格
 押しに弱いが、正義感と芯は強い。
 年上の女性に弱いところがある。
 争いは好まないが、戦闘時には攻撃魔法を使用することも多い。
 
 -他PCとの交友関係
 [[タムタム>PC/タビット/タムタム]]:少し困ったところもありますが、頼りになる、僕の永遠の相方です。引退されたのは少し残念ですが…これからはお父さんとしてしっかり家庭を支えてくださいね。たまには遊びに行きます。…アンデッドは駄目ですよ!
 [[メルシエ>PC/エルフ/メルシエ]]:とてもしっかりしていて、それでいて可愛らしい人です。でも、その、必要以上に密着するのは、どうかと思うのですが…!
 [[ヒルダ>PC/人間/ヒルダ]]:いつも落ち着いた、大人な方です。戦闘時にはかばって頂いたこともあります。僕もヒルダさんみたいな大人に、いつかなれるでしょうか…?
 [[リーフ>PC/グラスランナー/リーフ]]:いつも明るくて愉快な方です。メルシエさんとの仲はとても微笑ましいですが、お尻を叩かれたいからって悪さをするのは駄目ですよ…!
 [[ニア>PC/人間/ジルコニア・ディガー]]:僕が言うのも失礼な気がしますが…体が弱そうで、心配になる方です。でも、決めるときは決めてくれる頼りになるリーダーです。でも、突撃スクリプトはスイッチを切っておいてくださいね。
 [[アーニル>PC/リルドラケン/アーニル=A=ルイーダ]]:普段は少し…いえ、大分とぼけた方ですが、戦闘時は勢いを作ってくれる頼もしいト…方です。最近は色々と大変なようですが…女性は1人に絞った方が良いのではないでしょうか><
 [[シャイオ>PC/ルーンフォーク/シャイオ]]:アンジュさんとの一件や、他の機会でもお世話になった、騎士に相応しい誠実な方です。ノヴィアさんとお幸せになってくださいね。…僕も、シャイオさんの勇気を少し頂くことにします!
 
 -NPCとの交友関係
-[[アンジュ>NPC/アンジュ]]:色々あって隊商を襲ったりされていましたが、本当はとても優しい方です。最近は少し元気がないようで、少々…いえ、かなり心配です…。僕は、アンジュさんのために一体何ができるのでしょうか…?
+[[アンジュ>NPC/アンジュ]]:色々あって隊商を襲ったりされていましたが、本当はとても優しい方です。最近は少し元気がないようで、少々…いえ、かなり心配です…。僕は、アンジュさんのために一体何ができるのでしょうか…
 
 -裏設定
 名家出身で有能だが博打狂いの真語術師の父と、金に釣られて結婚した母の間に生まれる。
 金で結ばれた夫婦の間に愛は無く、生まれた子供にもまた愛は注がれなかった。
 ティルトが10歳の頃、家の財産を食い潰し、山ほどの借金を抱えてとうとう破産。
 既に仲の冷え切っていた夫婦は、ばらばらに夜逃げを決意。
 しかし、父母のどちらもティルトを連れて逃げるのは面倒だったため、散々揉めて押し付け合いの末、はぐれたフリをして置き去りにしようということになり…計画はそのまま実行された。
 ティルト自身も、自分が愛されていなかったこと、置き去りにされたことには気付いており、そのせいで積極的に両親を探そうとは思っていない。
 年上の女性に弱いのは、マザコンの裏返し…なのかもしれない。
 
 
 //#comment()
 //コメント欄を付け加えたい場合は、上の行の頭の「//」を取って下さい。
 
 &bold(){プレイヤー}:ゆう
 
 登録タグ:&tags()
 
 #back(hr,right,text=もどる)