※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Avisynthの使い方」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

Avisynthの使い方 - (2010/12/13 (月) 12:16:45) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

 **Avisynthスクリプトファイルの作り方
 フォルダで右クリックをして[新規作成]→[テキスト ドキュメント]からテキストファイルを作成
 拡張子を[.avs]に変更
 この[xxx.avs]ファイルをメモ帳やテキストエディタで開きスクリプトを記述していく
 
 **Avisynthスクリプトの記述の仕方
-***avsここから
-#コードギアス 反逆のルルーシュR2 第06話 「太平洋 奇襲 作戦」
-
+*avsここから
+*#コードギアス 反逆のルルーシュR2 第06話 「太平洋 奇襲 作戦」
+*
 #読み込み
 MPEG2Source("コードギアス 反逆のルルーシュR2 第06話 「太平洋 奇襲 作戦」.d2v")
 
 #CMカット
 Trim(5684,8367) #OP
 
 #ロゴ透過
 EraseLOGO("D:\Encode\Logo\MBS.lgd",logoname="MBS",start=0,fadein=0,fadeout=0,end=-1,interlaced=true)
 
 #インターレース解除
 mt("""TIVTC24P2()""",4,3)
 
 #クロップ&リサイズ
 LanczosResize(1440,1080,4,2,-4,-10,2)
 
 #ノイズ除去
 GPU_Begin()
 GPU_Convolution3D(preset="animeHQ")
 GPU_2DCleanFake(16)
 GPU_End()
 FFT3DGPU(sigma=2,beta=1,plane=0,bw=32,bh=32,ow=16,oh=16,bt=3,mode=2,sharpen=0, interlaced=false,NVPerf=false,wintype=0,precision=0)
 FFT3DGPU(sigma=2,beta=1,plane=1,bw=32,bh=32,ow=16,oh=16,bt=3,mode=2,sharpen=0, interlaced=false,NVPerf=false,wintype=0,precision=0)
 
 #シャープ化
 mt("""WarpSharp(128,2,80,-0.6)""",4,2)
 
 return last
 
 function TIVTC24P2(clip clip){
 Interp = clip.AssumeTFF().SeparateFields().SelectEven().EEDI2(field=1)
 Deinted=clip.TDeint(order=1,field=1,edeint=Interp)
 clip = clip.TFM(mode=6,order=1,PP=7,slow=2,mChroma=true,clip2=Deinted)
 clip = clip.TDecimate(mode=1)
 return clip
 }
-***avsここまで
+*avsここまで