「パールヴァティー/ボイス」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

パールヴァティー/ボイス - (2017/10/16 (月) 21:00:37) の最新版との変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #region(close,セリフ一覧)
 |BGCOLOR(#F5FFFA):CENTER:110|BGCOLOR(#F5FFFA):CENTER:40|BGCOLOR(#F5FFFA):LEFT:600|c
 |>|>|BGCOLOR(#E6E6FA):CENTER:Grand summon|
-|>|召喚||
+|>|召喚|「こんにちは、カルデアのマスターさん。&br() 女神パールヴァティーと申します。&br() 此度は清らかな少女の体を借りて顕現させていただきました。&br() 私も不慣れな状況ですので、一緒に成長させてくださいますか?」|
 |>|>|BGCOLOR(#E6E6FA):CENTER:Synthesis|
-|>|レベルアップ||
-|霊基再臨|1||
-|~|2||
-|~|3||
-|~|4||
+|>|レベルアップ|「えへへ……。強くなっちゃいました!」|
+|霊基再臨|1|「私、少しは女神っぽくなれましたか?」|
+|~|2|「信頼とは得難きもの。精一杯努力しますので、これからもよろしくお願いしますね」|
+|~|3|「どうでしょう、似合いますか? この度は貞淑に、戦いでも裾を乱さない姿を心がけました。本当は、桃色の服装が良かったのですけど、それは今の私には似合いませんから……」|
+|~|4|「ここまで辿り着けるとは……みんなあなたのおかげです。ありがとうございます」|
 |>|>|BGCOLOR(#E6E6FA):CENTER:Battle|
-|開始|1||
-|~|2||
-|スキル|1||
-|~|2||
-|コマンドカード|1||
-|~|2||
-|~|3||
-|>|宝具カード||
-|アタック|1||
-|~|2||
-|~|3||
-|>|エクストラアタック||
-|>|宝具1||
-|ダメージ|1||
-|~|2||
-|戦闘不能|1||
-|~|2||
-|勝利|1||
-|~|2||
+|開始|1|「精一杯、尽くさせていただきます!」|
+|~|2|「戦いの神では……ないんですけれど」|
+|スキル|1|「テキパキと片付けます」|
+|~|2|「女神ですので!」|
+|コマンドカード|1|「はい!」|
+|~|2|「そっちですか?」|
+|~|3|「こっちですか?」|
+|宝具カード|1|「届きますように……」|
+|~|2|「私だって、怒るときは怒りますから……!」|
+|~|3|「えっ、ほ、本気ですか!?」|
+|アタック|1|「てーいっ!」|
+|~|2|「響け、アナーハタ!」|
+|~|3|「これくらいなら……!」|
+|>|エクストラアタック|「天罰、落としますね」|
+|>|宝具|「感じてください。これが私の、天まで届く恋の波動。『&ruby(トリシューラ・シャクティ){恋見てせざるは愛無きなり}』!」|
+|ダメージ|1|「ああっ!」|
+|~|2|「いたっ」|
+|戦闘不能|1|「そんな……」|
+|~|2|「うぅ……やっぱり私じゃダメだ……」|
+|勝利|1|「愛の力の、勝利です!」|
+|~|2|「ふぅ……」|
 |>|>|BGCOLOR(#E6E6FA):CENTER:My room|
-|会話|1||
-|~|2||
-|~|3||
-|~|4||
-|~|5||
-|~|6||
-|~|7||
-|~|8||
-|>|好きなこと||
-|>|嫌いなこと||
-|>|聖杯について||
-|絆|Lv.1||
-|~|Lv.2||
-|~|Lv.3||
-|~|Lv.4||
-|~|Lv.5||
-|>|イベント開催中||
-|>|誕生日||
+|会話|1|「ずっとお部屋にいるのは不健康ですよ? 一緒にどこかに行ってみませんか?」|
+|~|2|「戦力として頼られるのははじめてです。命令、いっぱい出してくださいね、マスター?」|
+|~|3|「誰かに従ったり、誰かを従わせたりとかは、やっぱり信頼関係が大事だと思うんです。あっ、私はマスターのことを信頼していますよ? もちろん」|
+|~|4|「あの中東の女神……イシュタルさん、ですか? 綺麗な方ですね。因果的にとても気になります。……でも、ちょっと派手すぎではないでしょうか? 自由すぎるのも、時には困りものですよね? ……ふふふっ」([[イシュタル]] 所属)|
+|>|好きなこと|「好きなもの……ですか? もちろん料理です。愛する人への栄養は、やっぱり手作りでないといけません」|
+|>|嫌いなこと|「嫌いなもの……どういうわけか、ワカメに嫌悪感を抱いています。嫌ですよね、あのヌメっとしてヨロっとしてしょっぱいところ。人類共通の苦手、それがワカメです」|
+|>|聖杯について|「聖杯ですか? 今の私にはさほど関係のないことですが、そのせいで運命を狂わされた人たちが、たくさんいるのでしょうね……」|
+|絆|Lv.1|「そんなにじっと見られると……すみません。慣れてないもので、困っちゃいます……」|
+|~|Lv.2|「精一杯頑張っていますが……その。今の私は、女神としてすごい力があるわけでもなく……なのに、どうしてそんなに優しくしてくれるんですか?」|
+|~|Lv.3|「もう、ダメですよマスター。誰にでもこういうこと……あっ、そ、そうですか。私だけ、ですか。すみません、それはその……。戦うための契約だとしても、嬉しいです」|
+|~|Lv.4|「勇気を出して聞くのですけど……マスター、私が重荷ではありませんか? 私重い女と言われているので、ご迷惑をかけてないかと……。あっ、物理的な話ではないです! 精神的な話ですから!」|
+|~|Lv.5|「ありがとうございます。私なんかを、ここまで大切に扱ってくれて。女神パールヴァティーであり、依代の少女でもある。そんな面倒な性質の私ですが、誠心誠意、あなたのサーヴァントとして最後までお供させていただきます」|
+|>|イベント開催中|「あれ、何かが始まってるみたいですね?」|
+|>|誕生日|「あ、お誕生日おめでとうございます」|
+#endregion()
+#region(close,霊衣開放〔少女の捜し物〕)
+|BGCOLOR(#F5FFFA):CENTER:110|BGCOLOR(#F5FFFA):CENTER:40|BGCOLOR(#F5FFFA):LEFT:600|c
+|>|>|BGCOLOR(#E6E6FA):CENTER:Synthesis(少女の捜し物)|
+|>|霊衣開放|「わぁ……着慣れないはずなのに、落ち着く衣装なんですね。うふふ、どうですか、マスター?」|
+|>|レベルアップ|「えへへ……。強くなっちゃいました!」|
+|>|>|BGCOLOR(#E6E6FA):CENTER:Battle(少女の捜し物)|
+|開始|1|「お夕飯の準備がありますので……」|
+|~|2|「別に……怖くはありませんけど……」|
+|スキル|1|「落ち着いて……大丈夫」|
+|~|2|「これで、終わりにしますから」|
+|コマンドカード|1|「わかりました、先輩」|
+|~|2|「ちょっと不安ですけど……」|
+|~|3|「上手くいきますように」|
+|宝具カード|1|「本気を出して……いいんですね?」|
+|~|2|「私だって、怒るときは怒りますから……!」|
+|~|3|「トレース・オン! ……なんちゃって」|
+|アタック|1|「はっ、はい!」|
+|~|2|「倒れて!」|
+|~|3|「このくらいなら……!」|
+|>|エクストラアタック|「逃げられると思ったんですか?」|
+|ダメージ|1|「ひどいこと……するんですね」|
+|~|2|「あっ」|
+|戦闘不能|1|「ごめんなさい……離脱します……」|
+|~|2|「け、結構頑張ったと思うんですけど……」|
+|勝利|1|「それでは、失礼しますね」|
+|~|2|「私は……悪くないですから」|
+|>|>|BGCOLOR(#E6E6FA):CENTER:My room(少女の捜し物)|
+|>|霊衣について|「この服を来て、カルデアの賑やかさに包まれていると、ここがまるで学校のような気がしてきますね。私は学校に行ったことはありませんので、これは彼女の感覚に基づいた話なんですけど」|
 #endregion()