レヴィン×フュリー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レヴィン×フュリー

聖戦の系譜における王道カップリング。
子世代のユニット、セティフィーも親と同じクラスのため最も無難といっていい。
フォルセティと使い込んだ細身の槍をそれぞれ継承させるだけで十分な活躍を期待できる。
更に追撃、連続、必殺と使い勝手の良いスキルが揃うので、この面でも安心できる。

ただ、簡単に見えて意外に難しい時もあるのがこのカップリング。
理由にはレヴィンシルヴィアとも相性がいい上に登場時は行動を共にするから。
フュリーは村の死守などの単独行動が多いから。などがある。

しかし、4章のシレジア城制圧後に決定的なイベントが用意されている。
レヴィンとフュリーが共に恋人がいない状態で二人が会話すると、めでたく二人は結ばれる。
レヴィンがシルヴィアをはじめとする他の女性ユニットを愛している状態であっても、
フュリーの逆転勝利が可能。
この仕様にビックリしたり拍子抜けしたプレイヤーも何人か居ることだろう。

また、後半8章ではこのカップルが成立しているときのみセティとレヴィンで特別な会話が発生したり、
続編のトラキア776でもセティが2人の子供という設定から、
他のカップリングとは一線を画した特別なカップルなのかもしれない。