シムベリン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シムベリン

暁の女神に登場するサナキ専用の炎魔法で巨大な炎の球を相手にぶつける。
あまり対象はいないが炎魔法なので獣系に特効有り。
SS魔法のレクスフレイムと比べても威力が1低い程度で
重い傾向にある炎魔法の中では重さ5と軽いのが特徴(レクスフレイムは重さ13)。
力の低いサナキでも十分射程範囲になるピッタリな魔法なので終章でも使う人は多い。

名前の由来は海外版のスペルからシェイクスピアの戯曲「Cymbeline(一般的にはシンベリン)」
もしくはそのモチーフになった古代ブリテン王から取られたと思われるが
サナキや炎と関係はあまり見受けられない。