ヨーデル(封印)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヨーデル(封印)

封印の剣に登場する、エリミーヌ教団の司祭
21章冒頭で仲間になるが、最初から上級職レベル20なので全くそれ以上の成長は見込めない。
上級職で加入するユニットの常として、ほとんどの能力は大したことないのだが、
緑色に輝く魔防30と杖レベルSが、伊達に長年聖職者をやっていないと思わせる。
持ってくるアイテムも、ライトニングリカバーに加え、
行かなかったルートの神将器と、最高の杖である聖女の杖と豪華。
封印の剣は光魔法の武器レベルを上げにくい仕様(僧侶を司祭にクラスチェンジさせてようやく武器レベルEで、
更に光魔法を手に入れる機会が少ないうえ、エレンサウルも闘技場に出しづらい)なので、
アーリアルの使い手に困った場合、彼の光レベルAが頼りになる。

支援相手はサウル、ドロシーミレディニイメダヤンの五人。
よほど真面目な人物なのか、会話内容はほとんどがエリミーヌ教に関わることで、
ちょっと面白みには欠けるかもしれない。

紋章の謎に登場した敵ボスのヨーデル司祭とは関係ない。…たぶん。