十二聖戦士の武器

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

十二聖戦士の武器

聖戦の系譜に登場。
ユグドラル大陸にロプトウスが君臨した時代に立ち上がった12人の聖戦士達が用いた武器。
それぞれが契約した竜族の力の結晶である竜石が埋め込まれており、桁違いの威力、効果を誇る。
ただし普通に壊れる上に修理できるので神器として「?」な部分も多い。
その理由は、竜石から発する力が武器を覆っているから強いのであって、
常に竜石を固定する周りは手入れや修理が大変なだけの普通の武器だからだとか。
別に鍛冶屋が凄い存在だったりするわけではない。残念