お助けキャラ(終盤)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お助けキャラ(終盤)

ゲーム終盤に登場するお助けキャラのこと。
主な特徴としては、
・最強クラスの能力を発揮。
・成長の余地がほとんどない。レベルも限界に近い場合が多い。
・ゲーム内でも最強クラスの強さを持つ設定にされている。
などがある。

主なキャラは
暗黒竜と光の剣のガトー、トラキア776のガルザス
封印の剣のカレル、烈火の剣のアトス
蒼炎の軌跡や暁の女神のラグズ王族(一人影武者)などがある。
この手のキャラは手間暇かけて育てたキャラよりも強い場合が多いのも特徴。
とくにラグズ王族は一般のラグズよりも圧倒的に強く、
上限やスキルの関係上一般ラグズが王族を超えることは難しい。
ゲーム終盤で味方キャラがあまり強くない場合、
最後の決戦に向けて連れて行くキャラとしては非常に役にたつが、
元から育てたキャラに愛着があるためあえて使わないという人も多い。
(ただし烈火の剣のアトスのみ終章で強制出撃。)