シーフ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シーフ

他シリーズでの【盗賊】に該当するクラス。
聖戦の系譜、トラキア776、蒼炎の軌跡、暁の女神に登場する。
聖戦・トラキアは他作品同様剣を扱うが、蒼炎では軽器、暁の女神は短剣を扱う。

  • 聖戦の系譜
    クラスチェンジでシーフファイターとなる。
    聖戦では鍵開け(※)・埋もれた財宝の要素が無いが、
    兵種スキルで攻撃が当たると敵の所持金を全部奪うスキル『盗む』を備えている。
    また軍資金のシステムが各キャラの所持金という事になり、
    お金の受け渡しはシーフもしくは恋人関係の者のみで使える『あげる』を使う事になる。
    (※4章でデューの個人イベントの形で跳ね橋の鍵を開ける事が出来る)

    関連【デュー】【パティ】【デイジー
  • トラキア776
    聖戦同様クラスチェンジでシーフファイターになる。(ラーラは少し変わっていてダンサーも絡むが)
    トラキアでは敵の持つアイテムを盗める為、攻略における重要度がかなり高くなった。
    鍵開けにはアイテムが必要になるが、扉・宝箱・跳ね橋の全ての鍵を開けられる『盗賊の鍵』を扱える。

    関連【リフィス】【ラーラ
  • 蒼炎の軌跡
    再びクラス名がシーフに。
    フォルカは(イベントの選択次第だが)アサシンにクラスチェンジできるが、サザはCC無し。
    盗める対象が相手の装備していない武器も盗めるようになった。
    道具無しで鍵を開けられるがフォルカに開けさせると一回毎に50ゴールド取られる。
  • 暁の女神
    『盗人』と書いてシーフと読むいわゆる盗賊系クラスの下級職。
    盗める対象は蒼炎の軌跡と同じく相手の装備していない武器とアイテム。
    仲間になる盗賊系クラスのキャラは上級職の『盗賊』(読み:ローグ)になっている為、
    このクラスのキャラはいない。
    クラスチェンジルートは盗人→盗賊→密偵(読み:エスピオン)
    埋もれた財宝を掘り出せる確率が100%から60%(+技+バイオリズム補正)と何故か弱められた。