シアルフィ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シアルフィ

グランベル王国を構成する6公国の内の一つ。劇中での領主はバイロン
12聖戦士の一人「聖戦士バルド」を祖とし、聖剣ティルフィングを神器として受け継ぐ。

王都バーハラからは山を越えて大きく南、ミレトス海峡付近に城を構えている。
南部の自由都市からほど近く、辿ればトラキア半島まで続く大街道の始点となっている。
また、西の守りを担当するユングヴィを支援する位置にもあり、両国は日ごろから関係が深い。

セリス軍がグランベル侵攻の橋頭堡として確保した、第一の拠点である。
また、アルヴィス皇帝が最期を遂げた場所でもある。