セリス

セリス

聖戦の系譜後半の主人公。シグルドディアドラの息子。
フルネームは「セリス・バルドス・シアルフィ」。
聖戦士バルド直系の血と、聖者ヘイム傍系の血を受け継いでいる。
母親によく似ており、中性的な顔立ちをしている(というか眉毛以外ディアドラと同じ顔)。

性格は優しく、いたって温厚。
それが仇となり、時には敵将を討つ事に苦悩する場面も見られる。
しかしそれと同時に、許されざる敵にたいしては激情もかかえており、
少なからずシグルドの血が流れている事がうかがえる。
それらを乗り越えて成長していく姿は、後半のテーマとも重なっている。
良くも悪くも、主人公にありがちな典型的ないい子ちゃんなので、
色濃い子世代のキャラの中では、やや地味に見られがちなのが多少惜しい点ではある。

クラスはジュニアロード。スキルは追撃、見切り。指揮官能力☆☆☆。
下級職で登場するため、初期ステータス、移動力が低く、父親のように最初から敵陣に突っ込む事は難しい。
ただ両親から受け継いだ神族の成長補正のバランスは良く、
ステータスアップのイベントも複数用意されている。
最終的には父を越えるステータスに成長するだろう。
特にシグルドと違い、魔力と魔防が伸びやすいのが大きな魅力である。

しかしロードナイトは上限値が低く、所持している攻撃的スキルは追撃のみなので、
他の優秀な子供に比べると、パンチ力不足はどうしても否めない。
ただ父を越える指揮官能力を所持しているので、技や速さは(見た目を気にしなければ)それほど問題はないだろう。

ティルフィング入手後は弱い部分のステータスも完璧に補完される。
ストーリーの事もあるが、戦力的な意味でもアルヴィス戦を任せるプレイヤーは多いだろう。
また、ユリアを除いてユリウスと戦える有力候補。
セリスでユリウスを撃破すると、いかにもラスボス的な専用会話が用意されている。

余談であるが、妹であるユリアと出会った直後、恋愛進行度が「結ばれる」直前まで進んでいる。
惚れやすさは親譲りだが、最後の一線を越えなかったのは、
潜在意識で妹だと気付いていたのか、あるいは父を超える理性があったのか。

関連
オイフェ】【シャナン