デュランダル

デュランダル

封印の剣および烈火の剣に登場する剣。「烈火の剣」の異名を持つ。
神将器の一つで、勇者ローランが扱った。
人竜戦役で作り出されただけあって、封印・烈火の両作品とも竜系に特効を持っている。

封印の剣ではローランの子孫であるオスティア家に伝わっていて、
オスティア郊外のマグマの谷を抜けた所に収められている。
序盤の8章外伝で手に入り、普通に進めていればルトガーやディーク等の
剣歩兵ユニットの剣の武器レベルは中盤でSになるため、活躍の機会が多い。
力+5のボーナスが入るので竜以外が相手でも高い攻撃力を発揮してくれる。

烈火の剣ではエリウッドの専用武器。
28章で封印の時と同様マグマの谷で手に入れた後、
アトスに預けられる形になり、使えるようになるのは終章に入ってから。
何故か封印の時よりも重量がアップ(12→16)しているため
体格9のエリウッドが持つと速さが大幅に低下してしまう、通称デブ剣。
エリウッドの速さが火の竜に追撃かけられない程度に育っていれば充分主力となるが、
タイトル名についてる割に凶悪な性能と言う程では無いため悪印象を持たれがちである。